当ページにはFlashファイルが含まれています。
ご覧いただくには、最新版のAdobe Flash Playerをインストールされることを推奨いたします。

get_adobe_flash_player

ラ・マルグリット号についてはインドシナセイルズHP(www.indochina-sails.com)へ
日本での問い合わせ先:(株)オーシャンドリーム 042-773-4037

Vietnam Airlines おもてなしの食とサービスで機上でもベトナムを満喫

クルー飛行機

ベトナムへの旅行には全国4都市(成田、関空、名古屋、福岡)から直行便が就航、5〜6時間で両国を結ぶベトナム航空の利用が便利。1月13日には関空-ハノイ線が就航。さらに3月28日には成田-ハノイ、成田-ホーチミンの両路線が増便。ますますベトナムが近くなる。ちなみに2010年はハノイ遷都1000年のアニバーサリーイヤー。「ハノイ遷都1000年祭」も開催される予定なので、HP(www.vietnamairlines.com)をチェックしたい。カンボジアへも同日乗り継ぎが可能。ちなみにフライト時間は約50分。

カンパニーカラーであるブルーを基調とした客室では、中距離路線としては珍しいフルコース料理がサービスされ、到着前から“食のベトナム”を堪能できる(ビジネスクラス)。ちなみにメニューは2ヶ月毎に更新。さらにフライトアテンダントが着るのは民族衣装のアオザイ。赤はベトナムで大切なゲストをもてなす際に着用する色。こんなところにもベトナム航空のマインドが現れている。

ベトナム航空 広報課長からひと言!

「クルーズって、ファッションと強く結びついた旅のスタイルだと思うんです。日本では最先端ファッションに身を包んだ人も、旅先ではなぜか“ドカジュアル”。アクティビティに合わせてコーディネイトを変えたり、夜は思いっきりドレスアップしてみたり。カップルでも女子旅でも、旅先でこそファッションって楽しめるんじゃないでしょうか?」

取材・文・撮影/三澤和也

PAGETOP ▲