忙しくても一年中美肌をキープ!「先回り美容賢者」の今すぐ真似したいスキンケア習慣

気が早い…なんて言っていられません! 今年も暑〜くなりそうな夏に向けて、春のうちから肌力を高めておくのが正解。
美容感度の高いDomaniメイツの毎日のケアから、効率よくキレイを手に入れる方法を探ってみました。

まだ肌寒い毎日ですが、思い出してみてください、昨夏の終わりのことを…。肌はグッタリ、一気に老け込んだ気がしませんでしたか?
そんな肌の夏バテを防ぐには〝転ばぬ先の杖〟が最良の策。Domaniメイツふたりのお手入れを見習って!

  • Domani世代206人にアンケート!
    だれもが感じている
    「肌は夏に老ける」という事実
  • Q:昨年、夏の肌対策はいつごろから始めましたか?
  • Q:毎年、夏が終わったときの肌状態は?

※小社女性インサイト研究所調べ

先回り美容賢者:美白編 日焼けしやすい体質。UVカット&美白ケアでシミのない肌を死守!2015年度Domaniメイツ 高橋美帆さん(アパレル関連会社勤務・34歳)

無頓着だった自分が、Domaniメイツになって変わった!

高橋さんが「先回り美容」を意識するようになったのは、昨年、Domaniメイツに選ばれたことがきっかけ。「それまでの私は、恥ずかしながら、美容にまったく無頓着だったんです。でも撮影でヘア&メークさんや美容ライターさんなどプロの方にいろいろ教わり、このままではいけない! と目覚めました」心がけているのは、シミをつくらないための徹底防御ケア。「日焼けしやすい肌質なので、一年中、日焼け止めをつけるようになりました。紫外線が徐々に強まる春先からより意識して、夏のシミを防いでいます」

  • 先回り美容1 化粧下地の前に日焼け止めを塗ってガード

    UVケアは春先から
    しっかり強化します

    「いつもはUVカット効果のある下地とファンデーションのみですが、3月からはその前にSPF・PAともに最高値の日焼け止めもプラス。トリプルガードで焼けない肌を目ざします」

  • 先回り美容2

    美白美容液は
    一年中欠かしません!

    「美白美容液をお手入れにプラスするようになったら、肌が明るく、透明感も出てきました。美容液の前には化粧水をたっぷりなじませると、より潤って透明感が」

  • 先回り美容3

    外出前にメーク直しをして、
    日焼けを防ぎます

    「ランチタイムや商談などで出かける前は、ミストローションで潤い補給した後、パウダーファンデーションを重ねます。UVカット効果を復活させるために欠かせないひと手間」

  • 先回り美容4

    マッサージで肌の代謝を
    促して、メラニンを排出!

    「無頓着だったころに蓄積されたシミやくすみを少しでも早く追い出したくて、朝晩乳液をつけるときに、1分マッサージをプラスしています。大人の肌に代謝ケアは大事です!」

先回り美容賢者:肌強化編 肌の夏バテを今から防止!保湿&インナーケアでバリア機能を高めています 2015年度Domaniメイツ 服巻佳奈さん(PR会社勤務・31歳)

肌調子の負のスパイラルを防ぐべく、早め早めの対策を

「忙しかったり体調が悪かったりするとすぐ肌に出てしまうんです。でも数年前から保湿とインナーケアを見直すようにしたら、少しずつ安定してきました」と語るのは、服巻佳奈さん。いったん肌の調子が悪くなると、乾燥したり毛穴が目立ったりと悪循環にはまっていくので、早め早めのケアを心がけているとか。「今はもう夏を視野に入れて、肌のバリア機能を高めるべく、保湿ケアを重点的に行っています。冬の名残の乾燥を早いうちにリカバーして、紫外線にも暑さにも揺らがない、強い肌を育てようという作戦です!」

  • 先回り美容1 手のひらのぬくもりで肌へのなじみをアップ

    夜はクリームの倍量使いで
    潤いラッピングします

    「冬の乾燥に耐え抜いた3月の肌は乾ききっているので、クリームで集中的に潤いを補います。夜は適量の倍量を両手に広げ、包み込むようになじませるとベタつかず、朝までしっとり」

  • 先回り美容2

    乾燥する頰には、
    朝のメーク前にもクリームを

    「皮脂が足りない乾燥肌なので、朝もクリームを塗れば日中に肌が乾かず、小ジワも目立ちにくく。化粧水をたっぷりつけて水分を補った後、頰を中心になじませます」

  • 先回り美容3

    β-カロテンをとって
    肌のバリア機能アップ!

    「肌の免疫力やバリア機能を高めると言われるβ-カロテンを意識してとり、内側から強い肌に。パプリカやブロッコリーなど色の濃い野菜に多く含まれているとか!」

  • 先回り美容4

    オフィスで肌がほてったら、
    すぐに冷やして鎮静

    「エアコンの効いた部屋で肌がほてると、より乾燥を招く気がして…。冷たい飲み物のペットボトルを肌にあて、クールダウンさせます。温冷効果で血行もよくなります」

撮影/青柳理都子 ヘア&メーク/中西雄二(Sui) 構成/大塚真里

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。