今年こそ、もう後悔しない!初夏から始める〝 先回りケア〟

  • ベネフィーク アシスタントブランドマネージャー 加藤弓美子さん

    ベネフィーク
    アシスタントブランドマネージャー
    加藤弓美子さん 夏の肌事情に詳しい。あまり知られていない肌温度と肌状態の関係について警鐘を鳴らします。

  • Domaniメイツ

    2015年度Domaniメイツ
    服巻佳奈さん
    (PR会社勤務・31歳) 肌があまり強くないので、バリア機能強化のためのお手入れやインナーケアに取り組み中。

    2015年度Domaniメイツ
    高橋美帆さん
    (アパレル関連会社勤務・34歳) 日焼けしやすく、毎年夏終わりは真っ黒に。今年はすでに対策を始めています!

夏を視野に入れ、お手入れを強化しているふたり

  • 加藤こんにちは。専属読者モデルのおふたりのことは、いつも『Domani』誌面で拝見していますよ。
  • 高橋ありがとうございます! 先月号では、私たちの肌のお手入れについて〝先回り美容〟という企画で紹介していただきました。そのときにいろいろと、ふたりでも情報交換して。
  • 夏が終わると肌がゴワゴワします服巻今年も過酷になりそうな夏に備えて、お互い今からお手入れを頑張っているつもりなのですが、このやり方で本当に大丈夫なのかな!? と、プロの方に聞いてみたくなったんです。
  • 加藤その企画、拝見しましたよ。まだ過ごしやすい季節なのに、おふたりは今からもうスキンケアを強化しているんですね。素晴しいです。
  • 高橋そうなんです。私は日焼けしやすく、毎年❶夏の終わりは肌がゴワゴワになってしまいます。シミもくすみも目立ったり…今年こそ防がなきゃ!と、早くもSPF50の日焼け止めを投入。美白ケアも始めました。
  • 服巻私の場合は肌があまり強くないので、バリア機能を強化して、紫外線に負けない肌をつくることがテーマ。クリームなどで保湿を強化しつつ、β–カロテンが豊富な野菜をとるなど、体の内側からのケアも意識しています。日焼け止めももちろん塗っています。

〝角層かたまり〟への最初の一手はローション

  • 加藤さすが美肌のおふたり、ぬかりないですね! でも、もうひとつ気をつけていただきたいことがあります。
  • 高橋えっ、どんなことですか?
  • 加藤〝肌温〟って、意識されたことありますか?
  • 高橋はい、あります。冷え性で血行が悪くなりやすいので、マッサージして肌を温めたりしています。
  • 服巻逆にオフィスのエアコンでのぼせたりすることもあるよね。そんなときは、冷たい飲み物のペットボトルを頰にあてます。肌を冷やすというより気分転換のためも大きいけれど(笑)。
  • 加藤夏場は外がすごく暑くて、歩いている間じゅう肌がほてりっぱなしということ、ありませんか?
  • 高橋・服巻よくありますね。
  • 加藤その肌温度の急激な上昇に、注意してほしいんです。
  • 服巻血行がよくなりそうだし、暑い分にはいいような気がしますが…。
  • 加藤暑いと肌がほてって赤くなりますね。これは、体内の熱を外に逃がそうという生理現象ですが、困ったことに肌の潤いまで蒸発させてしまいます。すると、肌表面の角層に❷〝角層かたまり〟が生じます。
  • バテる前のケアが大切なんですね服巻〝角層かたまり〟!?
  • 加藤角層細胞の一部がかたまった状態で育ち、かたまりとなってはがれることです。肌がゴワゴワしたり、スキンケアがなじみにくくなったりというトラブルが起こります。
  • 高橋確かに、夏の終わりってそういう状態になりやすいです。
  • 服巻エアコンでさらに乾燥して、肌あれしやすくなるし…。
  • 加藤エアコンの冷気は肌にとっても過酷です。冷やしすぎれば全身が血行不良になりますし、肌も乾燥します。
  • 高橋どうしたらいいんでしょう?
  • 加藤夏は、外は暑くて室内は冷えるという悩ましい季節ですよね。そんなときに見直してほしいのが、❸ローションを使ったお手入れ。〝角層かたまり〟のケアには、まずローションで角層のすみずみまで潤いを届け、みずみずしい肌に整えることが大切です。
  • 服巻基本の保湿ケアを怠らないことなんですね。頑張ります。
  • 高橋今年は夏前からお手入れを頑張ると決めているので、今晩からスキンケアをゆっくり丁寧(ていねい)にします!
  • 加藤そうですね、❹不調を感じる前のケアを。頑張りましょう!
  • 夏の終わりは、たいていこんな肌不調に陥りがち…

    日焼け止めを塗ったり美白ケアをしていても、夏の終わりはどうしても肌が不調に陥りやすいもの。その原因は〝肌温〟の変化にありました!

  • 熱バテの季節は〝角層かたまり〟に注意!

    「気温が上昇する夏は、紫外線や乾燥などの要因により角層がかたまりになって育ち、かたまりになってはがれる〝角層かたまり〟が発生。それがのようなゴワつき、お手入れが効かないなどの肌不調を引き起こす一因となっているのです」(加藤さん)

  • たっぷりのローションでひんやり心地よくお手入れを

    「〝角層かたまり〟をつくらせず、なめらかで潤った美肌を保つには、ローションを使ったお手入れがカギです」と加藤さん。暑くなるとついお手入れが面倒になりがちですが、みずみずしい感触のローションなら心地よくお手入れできます。

  • 不調を感じてからでは遅い。初夏からのケアが大切です

    気温も湿度も心地よい初夏や、暑くて汗が吹き出る夏の間は、肌の不調に気づきにくいもの。でも、油断すると秋になって後悔することに…。「夏ならではの肌ダメージを想定した〝先回りケア〟を取り入れることが大切です」(加藤さん)

撮影/高橋 進(クラッカースタジオ) ヘア&メーク/榊 絵莉子 イラスト/ミヤギユカリ 構成/大塚真里

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。