家族で「みらいカルタ」してみませんか? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
  • トップ
  • 家族で「みらいカルタ」してみませんか?
 

2020.04.27

家族で「みらいカルタ」してみませんか?

PR/みずほ銀行

PR

仕事に育児に家事に多忙なワーママだけど、ときには少し立ち止まって〝未来〟を考える時間をもつことも大切。みずほ銀行が手がけた新しい遊び、「みらいカルタ」がその手助けになると話題です!

未来を自由に想像してカルタをつくろう

 

「みらいカルタ」は、カルタの札すべてが〝白紙〟。五十音の各文字から始まる未来を自由に想像して白紙の読み札と絵札に描き、オリジナルのカルタをつくります。〝親の未来〟を題材に、子どもがママとパパの未来を描いたら? ママとパパも同様に〝自分の未来〟をカルタにしたら? 楽しく遊びつつ未来を想像してみましょう!

Domanist金子さんファミリーが「みらいカルタ」に挑戦!


Domanist 金子ゆりさん(通信会社勤務・41歳)
夫/哲也さん(自営業・51歳)、長女/舞夏ちゃん(7歳)、次女/凛音ちゃん(4歳)

ママとパパの未来を子どもたちがカルタにします!

▲子どもたちとママ&パパは、それぞれ離れた場所でカルタづくりスタート。何を描くかは相談せずに「みらいカルタ」に挑戦します。どんなカルタができたかは、カルタとりで一緒に遊ぶまで内緒です!

▲ふたりで仲よくカルタづくり。「学校や自宅でよくカルタ遊びをしているので、『みらいカルタ』もとても楽しかったみたい。親より娘たちのほうがスラスラ描けていたそうです(苦笑)」(ゆりさん)

つくったカルタで遊ぼう!

▲子どもが描いたカルタを広げて、ママとパパがカルタとりに挑戦!「絵だけでもこんなに表現できるなんて!」(ゆりさん・哲也さん)と、娘たちの成長にそろって感動。

▲『〝ま〟ま大すき』の札に、ママもパパも大感激(『〝ぱ〟ぱ大すき』という札も♡)。「普段から言ってくれていることも、こうして形になるとさらにうれしいですね」(哲也さん)



▲ママ&パパへの優しさに涙…!「私たちが普段子どもに呼びかけている言葉。まさかカルタを通じて子どもたちが伝え返してくれるなんて!」(ゆりさん)

「子どもたちが描いたカルタが夢と向き合う決心につながった」—Domanist金子ゆりさん

「〝海外で働く〟という夢を昔からずっともっているんです。でもなかなかタイミングが合わず、機会を逃し続けていて…。でも、娘たちが〝海外に行く〟というカルタを何枚もつくっていて、私の夢や想いがこの子たちにも伝わっているんだ…! と『みらいカルタ』を通して初めて気づくことができました。だからもっと具体的に期限を決めて、海外で働く夢に積極的にトライしてみよう! と改めて決意。子どもたちに背中を押されたような気持ちです。

直近の自分の夢は、そんな〝海外で働くこと〟。でも、その先はすごく曖昧。今回、私自身も『みらいカルタ』を描いてみたのですが、自分の将来を書くとなると〝のんびりしたい〟というようなぼんやりしたイメージしか浮かんでこなかったんです。忙しい毎日の中で、子どもたちの将来についてはよく考えていても、自分自身の将来、自分を含めた家族全体の将来にはしっかり向き合えていないんだな…と気づかされました。こうしてカルタを通して未来を想像すると、思いがけないアイディアを子どもたちが教えてくれるし、〝遊び〟だからこそどんな気持ちもポジティブに変換できる。1年後、3年後…と継続的に遊びながら、家族の変化や成長を楽しんでいきたいと思っています」

Domaniサポーター岩﨑さんファミリーも「みらいカルタ」に挑戦!


Domaniサポーター岩﨑理奈さん(建築関連会社勤務・36歳)、夫/陽平さん(建築関連会社勤務・36歳)、長女/ひなのちゃん(11歳)、次女/かりんちゃん(9歳)

姉妹で協力しあって「みらいカルタ」にチャレンジ!

▲姉・ひなのちゃんが読み札を書き、絵を描くことが大好きな妹・かりんちゃんが絵札の下絵描きを担当(色塗りは再びお姉ちゃんにバトンタッチ!)。ママたちとは別のスペースで「いつもこんな感じだよね〜!」とふたりの姿を思い返しながらカルタを製作。

ママとパパも二人三脚でカルタづくり

▲ママが読み札を書き、その内容をパパが絵札に起こす共同作業。「家電を買い替えるとか近い未来はすぐ思いつくけれど、遠い未来となると…難しい!」(理奈さん)

カルタの完成度の高さにびっくり!

▲「どの札も普段の家族の様子から窺える未来がしっかり反映されていて、よくわかっているな〜!と感心しました」(陽平さん)、「『広い家に引っ越す』『ペットを飼う』など、娘たちも私たち夫婦も同じ内容のカルタを描いていて。家族で気持ちが通じ合っている幸せを感じました」(理奈さん)

  

▲ママとパパは「〝ら〟ブラブ♡MAX」!!

▲家族で「〝ね〟こを飼いたい」

家族みんなの夢がリンク!

▲「ひなのが立つ舞台を観劇する」「かりんのデザインした洋服を着る」という、それぞれの将来の夢が反映されたママ&パパ作のカルタを見て、思わずにっこり♡

「ぼんやりとした未来のカタチを前向きにクリアにしていける」—Domaniサポーター岩﨑理奈さん

「娘たちは、想像以上に家族のことも親のこともちゃんと理解しているんですね。子どもたちが描いたカルタは、どれも家族のカラーがすごく出ていて。ママとパパは仲よしだけどよく喧嘩するとか、喧嘩してもすぐ仲直りするとか、パパが苦手なナスを克服するとか…よくも悪くも、家族のことをよく見ている!(苦笑) でも、〝ママとパパの未来〟を描くカルタに、今の私たちとほぼ変わらない姿を描いてくれたことがうれしかったですね。未熟な部分も多いですが、私と夫が理想としている家庭をすでにつくれている証拠なのかな、と。いい部分は継続し、改善すべき部分は改善し、今よりもっと素敵な家族になっていけたらと改めて思うことができました。子どもたちがカルタに描いた未来の私たちを目ざしたいですね。

『みらいカルタ』は、なんとなくイメージしている未来の姿を明確にしてくれるもの。家族みんなが共通してもっている〝やりたいこと〟に一緒に向き合って、夢の内容を再認識できるアイテムでした。こうしたツールや機会がないと、夢に対する気持ちを恥ずかしがることなくオープンに話し合うってなかなかできないですから。また、夢への気持ちをカルタという目に見えるカタチにすることで『叶えよう』という意志がより強くなりますね。家族の夢を実現するための大事なひとときでした!」

私たちも「みらいカルタ」にチャレンジしました!

3組のDomaniサポーターファミリーも「みらいカルタ」に取り組んでみました。リアルな感想をお届けします!

子どもの気持ちがうれしくて笑顔に!


「〝ママとパパの未来〟がカルタのお題ですが、『お父さんとお母さんと僕でお酒を飲む』など、中には私たちの未来に大人になった息子自身が登場する札も。〝家族〟としての未来も想像してくれたことに幸せを感じました。子どもも親も一緒に楽しめるのがいいですね」
Domaniサポーター住田光穂さん(医師・41歳、8歳男児の母)

子どもの絵に和みつつ未来を共有できました


「子どもたちが描いたカルタと親の私たちが描いたカルタに共通していたのは、ズバリ〝健康〟。あたりまえで忘れがちなことですが、将来のためにちゃんと意識を高くもたなくては! と再認識。カルタはコンパクトで保存しやすく、思い出として残しやすいのも◎」
Domaniサポーター佐藤 綾さん(メーカー勤務・42歳、9歳男児・7歳女児の母)

カルタづくりも遊びも夢中になっていました!


「12歳の娘は反抗期真っ只中。今どんなことを考えているのかがカルタを通して垣間見え、コミュニケーション不足の解消に役立った気がします。また〝未来〟というお題に対して、やりたいことだけでなく、やらなければいけないことも描いていた姿が印象的でした」
Domaniサポーター松山純子さん(IT関連会社勤務・41歳、12歳女児・8歳男児の母)

【Information】
「みらいカルタ」のダウンロードはこちら

撮影/福本和洋(TAKMI) ヘア&メーク/RYO(ROI) 構成/旧井菜月

協力/みずほ銀行「未来想像WEBマガジン」