「ああ、やっぱり超使える!」とみんな納得の【無印良品】のカーディガン | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION瞬間風速的!ファッションニュース

2018.12.11

「ああ、やっぱり超使える!」とみんな納得の【無印良品】のカーディガン

「無印良品」ラバーたちが口を揃えていうのが「カーディガンが本当に使える!」ということ。変幻自在な着回しをチェックしてみましょう。

Tags:

着こなしの幅、ありすぎ! 無限カーディガン

カーディガンと同色のカットソーで〝なんちゃって〟ツイン

ニットと着るよりも軽やかな印象になる、カーディガンと同色カットソーの組み合わせ。カットソーはハイネックで今どきのバランスに。ボトムはチェックのタイトスカートでトラッドな気分を女らしくプラス。カーディガン¥3,695(無印良品 池袋西武〈無印良品〉)カットソー¥7,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉)スカート¥16,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉)ピアス¥4,500(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)時計¥45,000(栄光時計〈コーチ〉)バッグ¥42,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

レースブラウスでカーディガンを華やかに

シンプルなカーディガン&ワイドパンツ。このままだとメンズライクなムードの着こなしも、レースブラウスを仕込むことでエレガントな表情に。カーディガンのボタンは上ふたつを開けて、レースはちらりと上品に♡ カーディガン¥3,695(無印良品 池袋西武〈無印良品〉)ブラウス¥9,000(ビームス ハウス 丸の内〈ロサムンド〉)パンツ¥26,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉)眼鏡¥40,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)ピアス¥1,450(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥55,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

鮮やかな色彩の赤いカーディガンをポンチョ風にアレンジ

カーディガンはそでを通さず、いちばん上のボタンだけを留めて。ワンピースのドラマティックなシルエットを生かしつつ、着こなしを盛り上げてくれる。〝ユナイテッドアローズ〟のカーディガン¥17,000・〝フォンデル〟のワンピース¥55,000(ユナイテッドアローズ 銀座店)イヤリング¥11,000(NOJESS)バッグ¥30,000(FUN Inc.〈BELLMER〉)靴¥16,800(オデット エ オディール 新宿店〈エネス〉)

カジュアルな着こなしなら、あえてラフに巻くのがかっこいい

「テキトー」を演出して、地味になりがちなカーディガンをこなれた印象に。秋の訪れを感じさせるブラウンのコーディネートに、白のカーディガンが抜け感をもたらす。カーディガン¥22,000・バッグ¥46,000(ANAYI)カットソー¥5,500(ロペ マドモアゼル)スカート¥13,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈スタイル フォー リビング〉)サングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)バングル¥60,000(インデアン・クラフト)ベルト¥21,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈プントヴィータ〉)靴¥6,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

ベーシックな組み合わせこそ色で遊んで

カーディガン&Tシャツ&デニム。服が王道なら、きれいな色を重ねて楽しみたい。エメラルド×ブルーの着こなしに合わせたのは、パープルのバッグ。徹底した同系色の組み合わせに心躍る。カーディガン¥26,000・Tシャツ¥7,800(スローン)パンツ¥23,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)イヤリング¥9,000(サイクロ)バングル¥23,000(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉)バッグ¥46,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥15,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉)

カーディガンとボーダーの色をリンク! 大人っぽい仕上がりに

ほっこり、カジュアルになりがちなボーダースタイルだけど、カーディガンをラフに巻くことで、洗練ムードが高まる。両方を同色にすると〝計算されたおしゃれ〞に見えるから、ココにはこだわりたい! カーディガン¥32,000(オーラリー)カットソー¥11,000(GALERIE VIE 丸の内店〈Le minor〉)パンツ¥22,000(martinique Le Conteルミネ新宿店〈マルティニーク〉)ピアス¥30,000(インデアン・クラフト)バッグ¥26,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈オリヴィーヴ〉)靴¥48,000(アルアバイル〈ペリーコ〉)

白い襟とカフスがちらり。清楚なお嬢さん風レイヤード

カーディガンのボタンを全部留め、シャツの襟とカフスを出して。そんなトラッドなアレンジが、ベーシックなカーディガンを違った表情に見せる。ちなみに、シャツのカフスは長いほうが今っぽい。カーディガン¥26,000(スローン)シャツ¥26,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLANDcollection〉)スカート¥2,990(アメリカンホリック プレスルーム〈アメリカンホリック〉)眼鏡¥31,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)ピアス¥1,350(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥57,000(ジャンニ キアリーニ 銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

カーディガンを女っぽく着るなら、インナーに工夫を

Vネックカーディガンにレースキャミソールをインして。胸元からのぞくレースがほんのりセクシーさを醸し出す。その分ボトムはクリーンな白パンツで、清潔感を演出。カーディガン¥24,000(八木通商〈ルトロワ〉)キャミソール¥11,000(L’AVENTURE maritinique〈ラヴァンチュール マルティニーク〉)〝エッフェ ビームス〟のパンツ¥32,000・〝キャツ〟のピアス¥21,000・〝フィリップ オーディベール〟のバングル¥19,000(ビームス ハウス 丸の内)バッグ¥68,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥18,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉)

一枚で着るときは、ほかのアイテムで個性をプラス

プルオーバーのように一枚着とするなら、合わせるアイテムにインパクトを。カラーパンツだけでなく、それと色をリンクさせたスカーフや、シルバーのバッグ、コンバース…。それぞれ主張があるけれど、やわらかな風合いのカシミアが、すべて受け止めてくれる。カーディガン¥46,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)パンツ¥26,000(MOGA)ピアス¥6,300(サイクロ)バングル¥2,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)スカーフ¥7,800(フラッパーズ〈マニプリ〉)バッグ¥145,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)靴¥7,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

リッチな佇まいが素敵♥ ツインニットでつくるマリンな着こなし

ツインニットの黒いラインが、オールホワイトの着こなしにアクセントを。キャスケットやスリッポンといった旬の小物で、マリンムードの組み合わせに今どき感を加味して。カーディガン¥34,000・ニット¥27,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)パンツ¥25,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)帽子¥16,000(ビームス ハウス 丸の内〈キジマ タカユキ〉)ピアス¥3,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)ブレスレット¥5,900(サイクロ)バッグ¥14,000(フラッパーズ〈マルシェ〉)靴¥42,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)

花柄ワンピースにはおるメンズカーディガンが余裕を演出

繊細なシフォンの花柄カーディガンに合わせたのは、オーバーサイズシルエットのメンズカーディガン。この程よいゆとりが、着こなしにリラックス感を与えてくれる。同系色のカーディガンを選ぶと、価格以上の実力を発揮! カーディガン[メンズ]¥3,990(UNIQLO)ワンピース[キャミソール付き]¥48,000・帽子¥17,000(ANAYI)ブレスレット¥25,000(アガット)バッグ¥16,000(グランカスケードインク〈グー コミューン〉)靴¥47,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

カーディガンを腰巻きしてスタイルアップも狙う!

引き締め色のネイビーのカーディガンを選んで、着こなしのアクセントに。ウエストマークしつつ気になるヒップまわりも隠してくれる。さらに寒くなったらはおれるなんて、一石二鳥どころじゃない! カーディガン¥24,000(八木通商〈ルトロワ〉)ブラウス[キャミソール付き]¥18,000・バッグ¥15,000・〝ドミニク・デナイブ・パリ〟のイヤリング¥11,000(アルアバイル)パンツ¥15,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉)靴¥16,000(TIARA〈ラ ピエス〉)

シャツのボタンは全留めで。ハンサムな着こなしを意識

メンズカーディガンの特性を生かして、インはストライプシャツを。ボタンを全部留めて着ると、いつもと違うモードな雰囲気が加わる。スキニーデニムやパンプスで、ボトムに女らしさを与えるとバランスよく着こなせる。カーディガン[メンズ]¥3,990(UNIQLO)シャツ¥18,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉)ピアス¥2,950(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バングル¥10,000(NOJESS)バッグ¥36,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉)靴¥19,000(ダイアナ原宿店〈ダイアナロマーシュ〉)

華やかなピンクを主役にしたカジュアルスタイル

コンパクトなカーディガンは、スカートとの相性よし。デニムのタイトスカートを合わせて縦長シルエットを完成させて。カーディガンの明るいピンクが印象的だから、そのままシンプルに着ても決まるもの。カーディガン¥22,000(ANAYI)スカート¥26,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉)ピアス¥2,590(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥65,000(ジャンニ キアリーニ 銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)靴¥35,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

ヘンリーネック風にアレンジしてカジュアル感をアップ

上のボタンを大きく開けることで、カーディガンがヘンリーネックカットソーのように。体に程よくフィットするリブ編みが、ラフな雰囲気を後押ししてくれる。カーディガン¥32,000(オーラリー)キャミソール¥16,000(プルミエ アロンディスモン)パンツ¥26,000(SANYOSHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)ピアス¥12,800(ビームス ハウス 丸の内〈べべ〉)ネックレス¥2,130(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥30,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)靴¥16,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

ストリートな着こなしをカーディガンで大人の顔に

もしも「原宿ガール」がアラフォーになったら…がコンセプト。キャップ、ロゴT、スリッポンという攻めたアイテムは、黒のタイトスカートで女っぽくシフトして。仕上げにはパープルのカーディガンを。繊細な素材とムーディな色調が、着こなしのクラス感をアップ。カーディガン¥14,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉)Tシャツ[アッパーハイツ×PLST別注]¥5,500(PLST)スカート¥19,000(L’AVENTURE martinique〈ラヴァンチュール マルティニーク〉)帽子¥2,900(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)ピアス¥13,000(アガット)バッグ¥104,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥27,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)

コンパクトなカーディガンとワイドパンツで好バランスを完成

襟ぐりに特徴のあるカーディガンだから、ボタンはすべて留めて。その代わり、インした白Tのすそをのぞかせ、モノトーンの着こなしに抜けをプラス。カーディガン¥29,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)Tシャツ¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉)パンツ¥32,000(wb)ピアス¥2,200・バングル¥8,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥80,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

ドレスアップにも有効!? カーディガンの新境地を開拓

ボウタイブラウスとカラーパンツというお出かけスタイルに、カーディガンをさらりとはおって。シルクならではの上品な風合いが、エレガントなコーディネートにふさわしい。カーディガン¥17,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉)タイ付きブラウス¥35,000(エストネーション〈コバート〉)パンツ¥23,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)ピアス¥100,000(ベルシオラ)バッグ¥44,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥33,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

秋色を堪能するカラーONカラーのコーディネート

流行のテラコッタ色のカーディガンは、その特徴的なデザインも相まって存在感大。カラーパンツとの1:1の組み合わせでも十分サマになるから、初秋にまずはトライしたい。カーディガン¥12,000・パンツ[サスペンダー付き]¥14,000(ロペ マドモアゼル)スカーフ¥7,800(フラッパーズ〈マニプリ〉)バングル¥15,000(アガット)バッグ¥13,000(TIARA〈アンドレア カルドーネ〉)靴¥18,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉)

繊細素材同士の優しい着こなしが絶対的な好感度を約束

透け感のあるツインニットにチュールスカートを合わせた、女性だからこそ楽しめるコーディネート。フレンチスリーブのインナーも、エレガントさにひと役買って。カーディガン¥14,000・ニット¥13,000・スカート¥20,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉)ピアス¥2,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)ネックレス¥26,000(アルアバイル〈ラウラ・ロンバルディ〉)バッグ¥38,000(オデット エ オディール 新宿店〈プーシェ パリ〉)靴¥22,000(ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店〈ステファノ ガンバ〉)

Domani2018年10月号『イケてるカーディガン大賞&着こなし20』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/佐藤 彩(静物)、岡本 俊(まきうらオフィス) スタイリスト/望月律子(KIND) ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/石井美絵子、葛岡 碧 撮影協力/EASE 構成/湯口かおり

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事