祝・卒入園!にしては、その服、華やかさゼロじゃない?【お地味紺サ婆さんの場合】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.03.04

祝・卒入園!にしては、その服、華やかさゼロじゃない?【お地味紺サ婆さんの場合】

春、最大のイベントと言えば、卒入園! 先生方やまわりのママたちの目が気になるし、ここはきちんとせねば!と、ガッチガチのセレモニースーツで出席するママも多いかもしれません。でも、せっかくのハレの日ですから、本当は自分らしい服で出席したいですよね。そこで、T.P.Oをわきまえつつ、スタイリッシュに見えるコーディネートを考えてみました。

Tags:

真面目すぎるセレモニースーツで地味すぎ紺サ婆さんに(涙)

普段は自分らしいおしゃれを楽しんでいるのに、セレモニーとなると、ルールや人目が気になって、当たり障りのない紺スーツを選んでしまう人も。主役はもちろん子どもですが、卒入園はママにとっても大切なイベントですから、コンサバ=「紺サバ」思考で無難な紺スーツを選んで“紺サ婆”さんにならないよう、気の利いた服を選んで素敵な思い出をつくりたいですよね!

前回の記事▶THE入学式!お地味なネイビースーツで桜散る…⁉【地味すぎ紺サ婆さんの場合】

Vカラージャケットならきちんと見えて都会的なイケママに!

同じネイビーのジャケットでも、深いV開きがシャープなノーカラージャケットを選べば、こんなにシャープな印象。同素材のブラウス&テーパードパンツを合わせれば、きちんと感も十分です。ミニマルなデザインにこだわったジャケットは、フロントが隠しボタンになっています。二重織り素材を使用しているため、ほど良くストレッチが効いていて、長時間着ていてもラク。吸湿性と速乾性にも優れた着心地の良さも魅力です。合わせたパンツは、裾にかけて緩やかに細くなるようデザインされたテーパードタイプ。両サイドに配したタブでウエストのフィット感を微調整できるのもポイントです。インナーのブラウスは、広めのボートネックが女らしい雰囲気。同素材を使ったセットアップですが、単品使いしやすいようデザインされているため、着回し力も抜群。セレモニー後は、普段のお仕事で活躍してくれます。洋服にきちんと感があるため、靴はビジュー付きを選んで、ハレの日らしい華やかさをひとさじ加えて♪


▲ジャケット¥32,000・トップス¥17,000・パンツ¥18,000(DES PRÉS<DES PRÉS>) ネックレス¥20,417(アビステ) バッグ¥59,000(ティースクエア プレスルーム<JOANNA MAXHAM>) 靴¥36,000(ベイジュ<PIPPICHIC>)

【問い合わせ先】
DES PRÉS  0120・983・533
アビステ  03・3401・7124
ティースクエア プレスルーム  03・5770・7068
ベイジュ/PIPPICHIC  03・6434・0975

イラスト/村澤綾香 撮影/坂根綾子 スタイリスト/渡辺智佳 構成/木戸恵子

【あわせて読みたい】
THE入学式!お地味なネイビースーツで桜散る…⁉【地味すぎ紺サ婆さんの場合】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事