思い込みメークを捨てて 運命のリップに出会う【クレ・ド・ポー ボーテ】ポップアップストアレポート | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYNO痛!アラフォーメークのおきて

2018.02.12

思い込みメークを捨てて 運命のリップに出会う【クレ・ド・ポー ボーテ】ポップアップストアレポート

いつもと違うメイクに1からチャレンジするのって、忙しい朝は特にハード。でもその忙しさ、表に見せないのがワンランク上のカッコよさ。脱OLして美容ライター修業中の有田千幸がドマーニ世代に愛される【クレ・ド・ポー ボーテ】新作リップカラーをご紹介します。

Text:
有田 千幸
Tags:

もはや流行とも言えないくらい赤リップが定着した今。でも、もちろん毎日つけるピンクベージュも大切だし、元気をくれるオレンジ系だって捨てがたい。質感も、透明感のあるタイプ、マットなタイプ…全部つけたいけど、唇はひとつしかない~!

と、いうわけで、今回は51色のリップアイテムを展開しているクレ・ド・ポー ボーテの期間限定ポップアップストアで、ズバリ自分に似合うリップを選んでもらうことにしました。

51色のチョイスはさらに4種類にカテゴライズされていて、それぞれ異なる質感と使用感が楽しめます (マットな質感ながらも唇の色と見事に調和するクチュール仕様のルージュアレーブルn <口紅> 新色3色を含む全15色 6,000円、みずみずしい艶が美しいブリアンアレーブルエクラ <リップグロス> 全8色 4,000円、スリムタイプでうるおい発色が持続するルージュエクラC <口紅> 全20色 3,500円、濃厚でリッチな色合いが上品なルージュリキッドエクラ <口紅> 全8色 4,000円)。

服を選ぶようにリップを選ぶ

お店に入るとまず目に飛び込んできたのは今回のポップアップストアのテーマでもある「リップワードローブ」。服を選ぶのと同じように、リップも気分やシチュエーションに合わせて選びたいのが女心。このワードローブには「自分の美しさの新たな一面を発見する場所になって欲しい」という思いが込められているそう。

さて、自分のイメージに合う納得の1本はどれかしら? そのミッションに一緒に挑んでくださったのはクレ・ド・ポー ボーテ トップメイクアップクリエーターの後藤伊代さん。ピンクの微妙な色味の違いや、それぞれのアイテムの質感の特徴、そして肌の色とのバランスなどを丁寧にアドバイスしてくださいました。

ついつい、いつも似た色を手にとってしまう私に、後藤さんが選んでくださったのはこちら。

それぞれのネーミングは「原石」からインスピレーションを受けているそうで、例えば、画像右のボルドー系はデザートローズ (15) ファイアールビー (8) 、画像左のコーラル系はピーチストーン (13) ドリームストーン (5) という名前。なんてロマンティック! 選ぶときに色そのものではなくこのネーミングからどれにするか決める人も多いのだとか。なんだかパワーがもらえそうですね。

選んだ色をその場でトライ

まずはボルドー系の2色。デザートローズ (15) の口紅をベースにファイアールビー (8) のリップグロスを重ねづけ。パッケージに入っている時の深い色味は唇にのせると派手になりすぎることなくきれいに馴染み、ほのかな艶が大人の魅力を引き出してくれます。この色味は普段から使っているものと似ていて、とてもしっくりきました。

次にコーラル系の2色。ピーチストーン (13) の口紅をベースにみずみずしいテクスチャーのドリームストーン (5) のグロスをオン。肌が薄く、比較的色白の人に似合うコンビネーションだそう。この色は普段あまり選ばないから、なんだかとても新鮮。

そしてこのデザートローズというネーミング、デザート (desert) は英語で「砂漠」を意味し、水分がない砂漠のような過酷な場所でも根強く生きるバラからインスピレーションを受けたそう。

最終的にいつもの色味と異なるデザートローズを選んだわたし、これで過酷な場所で生きていける力が備わったかも!?

普段つけることのないカラーにトライするって楽しい! 鏡に映る自分が新鮮で、なにか新しいことでも始めちゃおうかな、って思えたり。ポップアップストアは現在終了してしまいましたが、クレ・ド・ポー ボーテなら大人の女性が美しくみえる自分にぴったりの1本が見つかるはず。みなさんもプチイメチェンを求めに、クレ・ド・ポー ボーテのカウンターに足を運んでみてくださいね。

クレ・ド・ポー ボーテ

*ポップアップストアは2018年1月19日〜21日の3日間のみ開催していました。

画像ALT
有田 千幸

1983年生まれ。外資系航空会社CA、建築設計事務所秘書・プレスを経て、34歳にして脱OL。現在、Domani編集部にて駆け出しの美容ライターとして修業中。
元会社員ならではの実用目線で役立つ情報をお届けしたいと思います! chiyuki_arita


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事