夏の本命〝ゆるワンピ〟、きれいめ以外の着こなし方は? 【スタイリスト亀 恭子の夏スタイル】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION着こなしのお手本

2021.07.22

夏の本命〝ゆるワンピ〟、きれいめ以外の着こなし方は? 【スタイリスト亀 恭子の夏スタイル】

カッコよくて女らしいスタイリングがお上手なスタイリスト亀 恭子さん。今回は、夏になるとその楽チンさと快適さで着たくなる”ゆるワンピ”にフォーカス。着こなす際のヒントを教えてもらいました。

Tags:

それ自体エレガントなワンピは、どこかハズして”自分らしさ”をだして

暑い夏になると俄然着たくなるのがふんわりとしたシルエットの”ゆるワンピ”。考えなくても1枚で華やかな上、体を締め付けないので涼しくて手放せませんよね! スタイリスト亀さんも「ついつい着ちゃいます」という”ゆるワンピ”のオススメの着こなし方について聞きました!

「夏になると着たくなる”ゆるワンピ”はそれ自体がフェミニンなので、どこかハズして意外性をだすことを考えます。ヒールサンダルが復活していますが、ワンピにヒールだといかにも頑張っている印象なのでその選択肢はないかなと。人気のスニーカーはもちろん、ビーサンやスポサン、ペタンコ靴などで気取らずに着こなすのが気分です」。(亀さん)

ロゴバッグやペタンコ靴などで遊びを入れるのが、”ゆるワンピ”の着こなしセオリー

上質なコットンのハリ感が構築的なシルエットを美しく際立たせているベージュのフレアワンピ。そこに亀さんが加えたのは黒の”MICHINO”のロゴバッグと”メゾン マルジェラ”のTabiフラット靴。いずれもシンプルながら白いロゴや足袋のようなフォルムがベージュワンピをカジュアルモードな印象に振っています。
「無地のゆるワンピって唯一ボヤけがちなのが欠点かなと思っているので、キリッと引き締める意味で黒小物をチョイス。SALUTというロゴや足袋みたいなデザインのフラット靴などで、ハズして楽しむくらいが大人の余裕だと思います。
コードネックレスで胸元にもピリリとアクセントを効かせることも忘れずに」。(亀さん)

⬆︎ワンピース¥64,900(エイトン 青山<エイトン>)  その他/私物

それだけで華やぐ柄ワンピは、ポイントを押さえた最小限の小物使いで

細かい花柄に加え、パフスリーブや胸下から広がるフレアラインなど、ロマンティックなデザインで大人気の”マリハ”のワンピ。「二の腕など気になる箇所をカバーしつつ、大人の可愛さが前面にでるデザインなので、遊びの効いたデザインカゴバッグを合わせ、ビーサンでヌケをだして」。(亀さん)

⬆︎ワンピース¥29,700(ショールーム セッション<マリハ>)   その他/私物

1枚で女らしい”ゆるワンピ”だからこそ、他は引き算でヌケをだすことを意識する。それだけで、肩ひじ張らない余裕のある着こなしが完成します。ぜひお試し下さい!

●この特集で使用した商品の価格はすべて総額(税込)表記となります。

撮影/谷口 巧(Pygmy company/人物)、坂根綾子(静物)  スタイリスト・モデル/亀 恭子 ヘア&メーク/神戸春美 構成/松崎のぞみ 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事