全然地味じゃない! 大人が華やぐ上品ベージュアイテム、ここにあります。 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2018.11.12

全然地味じゃない! 大人が華やぐ上品ベージュアイテム、ここにあります。

晩夏にぴったりな3色、ネイビー・カーキ・ベージュで、Domaniと人気ブランドがスペシャルコラボレーション! すべて公式通販サイトで今すぐ買えるから、ブラッシュアップした着こなしが叶うんです。中には、ここでしか買えない限定コラボもあるので気になったら即チェックですよー♥

Tags:

こっくりトーンのベージュで、秋ムードUP
Mila Owen(ミラ オーウェン)のタイ付きチェックシャツ

トラッド流行を、まず取り入れるなら

今までになく、チェックが街を席巻しそうなこの秋冬。シャツなら、気軽な気持ちで取り入れられそうです。たっぷりした身ごろで、実際に着るとシルエットがふわっ。マニッシュになりすぎないので、着やすいですよね。取り外し可能なタイは、さらりと垂らしてもリボン結びにしてもよし。カッコよくもチャーミングにも着られるのに、U¥10,000なのはうれしい!

たとえば、こう着て!

細身のデニムを合わせてパリの少年っぽく着こなしても。シャツ¥7,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)パンツ¥16,000(ピーチ〈ミューニック ヒデュンジェム〉)バッグ¥40,000(ケイト・スペードジャパン〈kate spade new york〉)靴¥28,000(ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店〈ファビオ ルスコーニ〉)

《CLOSE UP!》


起毛感のある生地に映える細かなチェック。ベージュベースにブラウンと黒がMIX。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)のきちんと見えブラウス&パンツ

名作クロップドパンツが待望のセットアップに進化

熱烈ファンも多い〝ユナイテッドアローズ〟のクロップド美脚パンツ。今シーズンのトピックスは、同素材のブラウスが新たに加わったこと! 肩まわりはゆったり、ウエストはシェイプしながらお腹はカバーするメリハリシルエットで、着ていて安心感があります。と、いうわけでDomaniはブラウンベージュのブラウスを別注オーダー。通勤服に困ったら、頼りきっちゃってください!

たとえば、こう着て!

淡いブルーのアイテムとの配色がかわいい。ブラウス¥14,000・パンツ¥16,000・ジャケット¥26,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉)時計¥12,000(エイチエムエスウォッチストア 表参道〈オリビア・バートン〉)バッグ¥18,000(T&L〈トフ アンド ロードストーン〉)スカーフ¥28,000/参考価格(アマン〈アルテア〉)靴¥40,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

《CLOSE UP!》


右/ブラウスのウエストの後ろは、ゴムでギャザーを寄せた仕様に。腰を細く見せるだけでなく脚長効果も。左/パンツのウエスト裏にはマーベルトが。丁寧なつくりが自慢。

 

Whim Gazette(ウィム ガゼット)のいい女シャツワンピース

着るだけで決まる! 感動の一枚を体感して

普通のシャツワンピースではありません。ウエストに同素材のリボンベルトが一体化していて、ねじって結ぶと、たおやかなドレープが現れるデザイン。まさに大発明! と言いたくなるような、だれもが程よくセクシーに見える、驚きの一枚です。そこにサテンの光沢が重なって、ベージュの色調もゴージャスに。ネット限定でネイビーも展開しているので、こちらも要チェックです。どちらにするか迷っちゃうー。


端正な小物を合わせれば、お出かけスタイルにも。〝ウィム ガゼット〟のワンピース¥32,000・靴¥38,000・〝フィリップオーディベール〟のバングル¥22,000・ブレスレット¥11,000(ウィム ガゼット 丸の内店)バッグ¥37,500(CPR TOKYO〈フリン〉)

《CLOSE UP!》


右/リボンベルトは蝶結びにしても素敵。ちなみに上のモデル写真は、結んだすそを内側にしまったアレンジ。左/レーヨン×コットンのサテン生地が、エレガントさを演出。

GOUT COMMUN(グーコミューン)のレースタイトスカート

柄&色の迫力で、周囲と違う存在感を

今や定番アイテムでもあるレーススカート。アラフォーがはくなら、ドラマティックなレース使いで、ワンランク上の着こなしを狙いたいものです。大きなボタニカル柄がアンティークな雰囲気を放つこのスカートは、ややハイウエスト&ミモレ丈が程よくモードさを加味。オレンジに近いハニーベージュの色調も、コーディネートを盛り上げてくれること確実です。

たとえば、こう着て!

パーカを肩からはおり、スポーティテイストを加えた上級者の着こなし。足元がショートブーツなのも、新しい組み合わせ。スカート¥23,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉)パーカ¥16,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉)カットソー¥7,000(BYMITY)サングラス¥35,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)バッグ¥16,000(フラッパーズ〈メゾンヴァンサン〉)靴¥23,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

《CLOSE UP!》


実は前後どちらでも着られる2WAY。反対に着るとスリットがなくなり、違った表情に。

Domani2018年9月号『夏の終わりは、ネイビー・カーキ・ベージュがあればいい』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/江原英二(Astro/人物)、佐藤 彩(静物)スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management)モデル/絵美里、石井美絵子 撮影協力/café 1886 at Bosch 構成/湯口かおり、旧井菜月

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事