ブラウスコーデ17選【冬】| 30代40代レディースファッション | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION春夏秋冬着こなしまとめ

2018.11.19

ブラウスコーデ17選【冬】| 30代40代レディースファッション

30代・40代レディース向けブラウスコーデを大特集!ブラウスのきれいめな着こなしや、黒・白ブラウスの冬コーデをご紹介します。スカーフやストールでアクセントをつけても◎。

Tags:

【目次】
ブラウスを合わせるきれいめ冬コーデ
黒ブラウス 冬コーデ
白ブラウス 冬コーデ

ブラウスを合わせるきれいめ冬コーデ

【1】白プリーツスカート×ベージュブラウス

【1】白プリーツスカート×ベージュブラウス

ベージュのカーディガンを〝カプチーノ〟配色で!ベージュの丸首カーディガンとベージュのシルクブラウス。肌なじみがいいため、おとなしく見えがちなベージュトップスも、重ねることで立体感が生まれて小粋な雰囲気に。全体をライトベージュでまとめたら、『カプチーノ』のような軽やかな着こなしに仕上がる。

[Domani2018年11月号 36ページ] カーディガン¥28,000(L’AVENTURE martinique〈レリタージュ マルティニーク〉) ブラウス¥28,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) スカート¥26,000(ANAYI) リング¥38,000(エナソルーナ神宮前本店〈エナソルーナ〉) バッグ¥172,000(JIMMY CHOO) イヤフォン/スタイリスト私物

【2】グレーパンツ×ストール×ピンクブラウス

【2】グレーパンツ×ストール×ピンクブラウス

淡いトーンのピンクとグレーでだれもが憧れるリッチなムード。大人のフェミニンスタイルに威力を発揮するのがこのピンク。全身をグレイッシュな優しい配色でまとめれば、二度見したくなる美人な印象が引き出されて。

[Domani2018年1月号 167ページ] ブラウス¥12,000(TONAL) パンツ¥17,000・バッグ¥16,000(BOSCH) ストール¥36,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈アソースメレ〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 靴¥24,815(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【3】ネイビータイトスカート×ネイビーブラウス

【3】ネイビータイトスカート×ネイビーブラウス

新入社員の研修会で登壇。スーツだと堅苦しいし、ワンピだとさっぱりすぎる…そんな日は、ネイビーの上下で。ゆったりとスカーフをあしらえば、おしゃれ感ときちんと感の完璧なバランスで、年下から憧れの的に。

[Domani2018年1月号 165ページ] ブラウス¥12,000・スカート¥13,000(TONAL) スカーフ¥16,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) イヤリング¥8,750(アビステ)

【4】チェックタイトスカート×ネイビーブラウス

【4】チェックタイトスカート×ネイビーブラウス

イエローが効いた千鳥格子のタイトスカート真面目すぎないエレガンスこそ今の気分。秋冬のビッグトレンドとして欠かせないチェック柄。ともすればカジュアルな印象にも見えるので、女っぽいタイトスカートで取り入れるのが正解。クラシカルなボリュームブラウスとの組み合わせで、知的さも備えた通勤ルックが新鮮。

[Domani2018年1月号 85ページ] スカート¥23,000(アルアバイル〈アルアバイル〉) ブラウス¥27,000(styling/ 新宿ルミネ1店〈kei shirahata〉) ピアス¥12,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈シャーロット ルベック〉) バッグ¥8,300(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)

【5】緑タイトスカート×水玉ブラウス

【5】緑タイトスカート×水玉ブラウス

ポンチ素材のシンプルなスカートは万能かつ鮮度の高さが自慢。ひざ下長め丈のタイトスカートは、下半身を細く&長く見せてくれるスタイルアップ効果もあり。渋めのグリーンが落ち着いたおしゃれ感を放ち、トレンドの水玉ブラウス合わせも浮かずに取り入れられる。

[Domani2018年1月号 84ページ] スカート¥18,000(ebure) ブラウス¥15,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈ジャーナル スタンダード〉) バッグ¥65,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥69,000(アマン〈ペリーコ〉)

【6】白ジレ×ピンクワイドパンツ×ピンクブラウス

【6】白ジレ×ピンクワイドパンツ×ピンクブラウス

リッチ感と上品さを備えるエクリュカラーのワントーンスタイル。リフレッシュしたい日は、身も心も癒してくれそうな優しい色合いをまといたい。

[Domani2018年1月号 26ページ] 〝ファーリング バイ ジャンニ〟のジレ¥190,000・〝ペリーコ〟の靴¥72,000(ノーブル コレド日本橋) ブラウス¥75,000・パンツ¥98,000(スーパー エー マーケット〈セヤ〉) 帽子¥20,000(EDITION 表参道ヒルズ店〈キジマ・タカユキFORエディション〉) バングル¥35,000・チェーンバングル¥32,000(サアガラショールーム〈エースバイモリザネ〉) バッグ/スタイリスト私物

【7】ベージュトレンチコート×赤スカート×ボルドーブラウス

【7】ベージュトレンチコート×赤スカート×ボルドーブラウス

気分は、クラシカルシネマのヒロイン!〝It color〟は一点投入よりなじませて着るほうがぐっとモード。ベージュやブラウンとも相性がいいから、トレンチコートやバッグで投入して、こっくりとしたワントーンを形成。

[Domani2017年11月号 57ページ] ブラウス¥26,000(styling/ 表参道ヒルズ店〈スタイリング/〉) スカート¥19,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) 手に持ったトレンチコート¥15,800(アダストリア〈ブリスポイント〉) ピアス各¥12,000[ともに片耳価格](ビームス ハウス 丸の内〈ファリス〉) バッグ¥137,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

黒ブラウス 冬コーデ

【1】チェックワイドパンツ×黒ブラウス

【1】チェックワイドパンツ×黒ブラウス

ときにはヴィンテージシックにこなれたエレガンスを楽しみたい。チェック柄のワイドパンツやキャスケット…。トラッドが香るアイテムを合わせたら、ドレッシーなブラウスがヴィンテージ服のような表情を見せるから不思議。前後差のあるすそを、潔くオールインすれば黒とチェックのコントラストがより際立つ。インもアウトも、前だけインをしても…どんな着方も決まる一枚で、おしゃれの幅を広げて。

[Domani2018年11月号 117ページ] ブラウス¥22,000・パンツ¥24,000(ANAYI) 帽子¥11,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) リング¥15,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈サスキア ディアス〉) バッグ¥37,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

【2】ネイビーコート×水色タイトスカート×レース黒ブラウス

【2】ネイビーコート×水色タイトスカート×レース黒ブラウス

黒×ブルーのキレよい配色をグレーの小物で中和させて。

[Domani2018年1月号 140ページ] コート¥90,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) スカート¥16,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ブラウス¥29,000(Theory) タイツ¥1,500(アツギ〈エクスエール〉) バッグに付けたファーストール¥42,000(エストネーション〈グシュロー アンド コール〉) バッグ¥29,000(ティースクエア プレスルーム〈モダルー〉) 靴¥22,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【3】ストール×デニムパンツ×レース黒ブラウス

【3】ストール×デニムパンツ×レース黒ブラウス

繊細なレースが際立つようにほかも黒で統一させて。ブラウスも老けて見えず、デニムもラフに見えない相思相愛の組み合わせ。バッグはあえてハードにして、甘さを軽減。

[Domani2018年1月号 78ページ] デニム¥23,000(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン/JEAN〉) ブラウス¥40,000(ビリティス〈ビリティス・ディセッタン〉) ピアス¥16,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ルル フロスト〉) 6連リング¥30,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ストール¥62,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ジョシュア エリス〉) バッグ¥195,000(Pred PR〈プロエンザ スクーラー〉) 靴¥35,000(エストネーション〈チェンバー〉)

【4】カーキベージュコート×黒パンツ×花柄黒ブラウス

【4】カーキベージュコート×黒パンツ×花柄黒ブラウス

カーキベージュの絶妙なニュアンスカラーが一目置かれる存在感を放つコート。ウール素材のロング丈&ボリュームそでなのに軽量で、さっとはおればこなれた表情に。インは黒ベースでまとめて配色で奥行きをつくれば、モダンな雰囲気が宿る。

[Domani2017年11月号 127ページ] コート¥68,000(ボウルズ〈ハイク〉) ブラウス¥17,000(アルアバイル) パンツ¥26,000(オンワード樫山〈ジョゼフ〉) ピアス¥12,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ココシュニック オンキッチュ〉) バッグ¥16,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) 靴¥78,000(アダム エ ロペ〈ロシャス〉)

白ブラウス 冬コーデ

【1】キャメルスカート×スカーフ×白ブラウス

【1】キャメルスカート×スカーフ×白ブラウス

ブラウスの襟元に巻いてレディライクなムードを満喫。やや立ち上がったボトルネックのブラウスにスカーフをひと巻き。首元に収めて、少しのぞかせるくらいが、キャメルのスカートとのクラシカルな着こなしにマッチ。

[Domani2018年11月号 71ページ] スカーフ¥7,800(ユナイテッドアローズ 新宿店〈マニプリ〉) ブラウス¥10,000(ゲストリスト〈ステートオブマインド〉) スカート¥29,000(インターリブ〈サクラ〉) ベルト¥15,000(アマン〈アンボワーズ〉) イヤーカフ¥43,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) リング¥57,000(ロンハーマン〈リジェ〉) バッグ¥7,300(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉)

【2】茶色ロングコート×黒タイトスカート×白ブラウス

【2】茶色ロングコート×黒タイトスカート×白ブラウス

品がよくてオンタイム向き!覚えておきたい〝8の字巻き〟。細長く折ったスカーフを首にかけ、先端を結んで輪にしたら、くるっと胸元でねじって8の字に。その輪に頭を通すと、ふわっと絶妙なふくらみと上品さが生まれる8の字巻きが完成。90㎝角のスカーフが巻きやすい。

[Domani2018年11月号 71ページ] スカーフ¥16,000(アルアバイル〈マニプリ〉) コート¥198,000(アダム エ ロペ〈セヤ〉) ブラウス¥18,000(エミ ニュウマン 新宿店〈エミ アトリエ〉) スカート¥46,000(GALERIE VIE 丸の内店〈SHAINA MOTE〉) ピアス[片耳]¥21,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バッグ¥110,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥49,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)

【3】キャメルニットカーディガン×ベージュフレアスカート×白ブラウス

【3】キャメルニットカーディガン×ベージュフレアスカート×白ブラウス

そで口の〝揺れる白〟がキャメル~ベージュ配色のいいアクセント。白のプルオーバーブラウスは、カフス部分をリボンでキュッと結ぶデザイン。キャメルのニットカーディガンのそでからリボンとカフスをのぞかせると、コーディネート全体に躍動感とキャッチーさが生まれる。

[Domani2018年11月号 45ページ] カーディガン¥15,000・スカート¥7,900(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈グリーンレーベル リラクシング〉) ブラウス¥17,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ニューヨーク〉) ピアス¥10,000(アダム エ ロペ〈アプレスキー〉) バッグ¥37,500(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【4】キャメルコート×ネイビータイトスカート×白ブラウス

【4】キャメルコート×ネイビータイトスカート×白ブラウス

同期とカフェでランチ。ホワイト×ネイビーにキャメルのコートを重ねれば、だれからも好まれるコンサバトリコロールに。ニットがつい濃色になりがちな時季。白で抜けをつくるのが脱マンネリのコツ。

[Domani2018年1月号 165ページ] ブラウス¥12,000・スカート¥13,000・コート¥37,000(TONAL) バッグ¥14,000(フラッパーズ〈マルシェ〉) 靴¥48,000(wb) タイツ/スタイリスト私物

【5】ニットカーディガン×レースの黄色タイトスカート×白ブラウス

【5】ニットカーディガン×レースの黄色タイトスカート×白ブラウス

繊細なレースをデイリーに着る余裕が抜け感に。定番レーススカートに新しい表情を加えて。Domani読者には今や鉄板化したレーススカートも、ざっくりニットとのコントラストで、進化した着こなしに。

[Domani2018年1月号 118ページ] カーディガン¥58,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) ブラウス¥36,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) スカート¥26,000(アルアバイル〈バウム・アンド・ヘルガーテン〉) ピアス¥48,000(エナソルーナ神宮前本店〈エナソルーナ〉) バッグ¥15,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉) タイツ¥4,200(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 靴¥41,000(CPR TOKYO〈アン アワー アンド ア シャワー〉)

【6】キャメルコート×赤スカート×白ブラウス

【6】キャメルコート×赤スカート×白ブラウス

縦長に配したシャープな襟ならビッグシルエットも美人顔!まとった瞬間に感じるなめらかな起毛感は、キャメル(ラクダ)素材ならでは。ウールやカシミアと違う、光沢や軽さを堪能したい。身ごろがたっぷりあるのに美人に着こなせるコクーンシルエットも秀逸。流行のロング丈のふんわりスカートもバランスよく。

[Domani2017年11月号 125ページ] コート¥190,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ブラウス¥39,000(ADORE) スカート[六本木ヒルズ限定]¥22,000(フィルム〈ソブ〉) ピアス¥62,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) バッグ¥140,000(JIMMY CHOO) 靴¥92,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事