"スタバ配色"に合うのはなんとネイビーだった件! 検証します! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONコーデ、どう着る!?

2018.12.20

“スタバ配色”に合うのはなんとネイビーだった件! 検証します!

巷で話題のスタバ配色、どう仕上げるのがおしゃれなのか、コーディネートをまとめました。

Tags:

即、おしゃれ上級者に見える色合わせをマスター!
〝ネイビー〟で締める!

黒よりもコントラストが付きすぎず、トラッドな香りのするネイビーは、ニュアンスのあるブラウン〜ベージュを引き締めるのに最適! 大人の女に似合う、粋な着こなしが手に入ります。

ノーブル配色で、カジュアルなバランスを大人顔に

ざっくりニット&細身パンツというカジュアルスタイルも、ベージュとネイビーならこんなに上品。また、ざっくりニットの首元やそでから白ニットをのぞかせると、着こなしに立体感が生まれる。ニット[ベージュ]¥38,000・[白]¥17,000(ショールーム セッション〈アダワス〉)パンツ¥2,990(UNIQLO)メガネ¥34,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)時計¥9,000(アイスウォッチ 原宿〈アイスウォッチ〉)バッグ¥42,000(アマン〈ペリーコ〉)ソックス¥1,500(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉)靴¥7,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

モードと女っぽさを両立させる、キャメル×ネイビー

深いネイビーのロングスカートは、スリットからしなやかなネイビーのプリーツスカートが見え隠れする、モードなデザイン。キャメルのプルオーバーを合わせて、女っぽく、ソフトな雰囲気でまとめると好印象。足元はブラウンパンプスで統一感を出したら、ファー付きの白バッグで肩の力の抜けた雰囲気を後押し。プルオーバー¥26,000(ebure)スカート¥52,000(ボウルズ〈ハイク〉)ピアス¥21,000(バーニーズ ニューヨークカスタマーセンター〈ヴァレット〉)バッグ¥26,000(ティースクエア プレスルーム〈コンピレーション〉)靴¥40,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

デニムとボーダー、親近感のあるネイビーを味方につけて

コンサバリッチなベージュストール&キャメルパンツの組み合わせを、デニムジャケットとボーダーカットソーのカジュアルなネイビーで引き締めて。仕上げにベージュのバックパックで、大人のアクティブさをトッピング。デニムジャケット¥15,000(ゲストリスト〈ヘルシーデニム〉)カットソー¥9,500(ボウルズ〈ハイク〉)ストール¥12,038(バナナ・リパブリック)パンツ¥28,000(Theory)ピアス¥10,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉)バッグ¥6,900(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)靴¥42,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

表情豊かな配色を、ネイビーのロングジレで切れ味よく

ネイビーのロングジレは、はおるだけでしゃれて見える上、縦ラインを強調してすっきり見せてくれる。黄みの強いブラウンカットソーとグレー寄りのベージュパンツの、つなぎ役としても優秀。ジレ¥42,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ドゥーズィエム クラス〉)カットソー¥12,000(ショールーム セッション〈R ジュビリー〉)パンツ¥37,000(ニアー〈ニアー ニッポン〉)ネックレス¥18,000(自由が丘クーゲ〈クーゲ〉)バングル¥8,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈サンディ〉)バッグ¥36,000(ショールーム セッション〈ポティオール〉)靴¥24,000(F.E.N.〈プリティ・バレリーナ〉)

王道コンビも配色しだいでこんなに楽しく、今っぽく!

コンサバに転びがちなニット&レースタイトも、ネイビー×キャメルなら瞬時に今どき顔! ジャケットやバッグでいろんなベージュを重ねて、統一感を高めて。ジャケット¥80,000(エストネーション〈エストネーション〉)ニット¥29,000(ビームス ハウス 丸の内〈ジョン スメドレー〉)スカート¥43,000(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈ポール・スチュアート〉)〝スワロフスキー・ジュエリー〟のピアス¥14,750・〝スワロフスキー・ウォッチ〟の時計¥55,000(スワロフスキー・ジャパン)バッグ¥190,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ザンケッティ〉)靴¥36,000(Theory)

「おしゃれをわかってる感」が簡単に手に入る、小物でネイビー

茶系のグラデーションに小物でネイビーを差すテクニック。簡単なのに〝上級者感〟が漂うので、即トライしたい。服のトーンが落ち着いているからこそ、背中開きのカットソーなどでヘルシーに肌見せすると◎。カットソー¥13,000・ピアス¥7,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉)スカート¥120,000(カオス表参道〈カオス〉)サングラス¥26,000(プロポデザイン〈プロポ〉)ブレスレット¥12,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ラストムード〉)バッグ¥97,000(H.P.FRANCE〈MELI MELO〉)靴¥115,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ロシャス〉)

Domani2018年11月号『秋は“スタバ配色”でいく!』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/葛川栄蔵、寺山恵子(静物)スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/神戸春美  モデル/ナオ 構成/今村紗代子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事