この冬押さえておきたい"スタバ配色"コーデ6選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONコーデ、どう着る!?

2018.12.15

この冬押さえておきたい”スタバ配色”コーデ6選

香り立つエスプレッソに、ふわふわのスチームミルクをたっぷり注いだカフェラテみたいな、優しくミルキーな味わいのベージュ、大好きなキャラメルをトッピングしたバニラ風味のキャラメルマキアートみたいな、まろやかでクリーミーなキャメル、ほろ苦く、重厚感のある、ナッツを感じさせるような後味のエスプレッソみたいな、ちょっとメンズライクなブラウン。どれも大好きな組み合わせ♡

Tags:

即、おしゃれ上級者に見える色合わせをマスター!
〝白〟で抜け感をつくる!

気を抜くと、まったり見えがちな茶系のコーディネート。そんなときに頼りになるのは、やっぱり白! メインの茶系アイテムと異なる質感のものを選ぶのが、成功のセオリーです。

ボリューミーなブラウンとスマートな白を巧みに駆け引き

たっぷりとしたシルエットがかわいい、ダークブラウンのダッフルコートは、クリーンかつスマートな白スキニー&メンズ靴で緩急を付けて。トップスはベージュのレースブラウスで意外性を狙うと、ワンランク上のコーディネートが完成する。コート¥82,000(ゲストリスト〈グローバーオール〉)ブラウス¥19,000(エポカ ザ ショップ丸の内〈エポカ ザ ショップ〉)パンツ¥28,000(サザビーリーグ〈マザー〉)ピアス¥12,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉)バッグ¥21,000(フラッパーズ〈メゾン ヴァンサン〉)靴¥92,000(リエート〈サントーニ〉)

肩がのぞく白ニットで色っぽさをON

ブラウン×白のギンガムチェックパンツは、どこかボーイズライクな空気感。そこで、オープンショルダーの白ニットで、女らしさと抜け感を加えるとグッドバランス。ニット¥5,547(ザラ・ジャパン〈ザラ〉)パンツ¥34,000(ロンハーマン〈アジャイエ アライエ〉)ピアス¥31,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈アニー コステロ ブラウン〉)スカーフ¥7,800(フラッパーズ〈マニプリ〉)時計¥22,000(コモノ東京〈コモノ〉)バッグ¥17,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ザ ディレッタント〉)靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

テクスチャーの違うニットを掛け合わせたのがカギ

コーヒーブラウンのトップスにオフ白のニットスカートを合わせたスタイリングは、それだけで小粋で華やか。トップスはしっかりとハリのあるミラノリブ、スカートはしなやかな質感なので、ニットonニットでも間延び知らず。ニット¥19,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉)スカート¥38,000(ボウルズ〈ハイク〉)ストール¥49,000(CPR TOKYO〈ガシュロウ アンド コール〉)バングル¥15,000(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉)バッグ¥25,000(ティースクエア プレスルーム〈モダルー〉)靴¥37,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

そで口の〝揺れる白〟がキャメル〜ベージュ配色のいいアクセント

白のプルオーバーブラウスは、カフス部分をリボンでキュッと結ぶデザイン。キャメルのニットカーディガンのそでからリボンとカフスをのぞかせると、コーディネート全体に躍動感とキャッチーさが生まれる。カーディガン¥15,000・スカート¥7,900(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈グリーンレーベル リラクシング〉)ブラウス¥17,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ニューヨーク〉)ピアス¥10,000(アダム エ ロペ〈アプレスキー〉)バッグ¥37,500(CPR TOKYO〈フリン〉)靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

少しずつ白をちりばめて、バランス美人に

ブラウン×白のストライプシャツに、キャメルのワイドパンツ。スタンダードなコーディネートだけれども、首元やそで、足元に〝小さな白〟を散らすことで、リズミカルな印象に。ソールまで白いスニーカーだと、より清潔感が出てベター。シャツ¥21,000(サザビーリーグ〈ユニオンランチ〉)ニット¥21,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉)パンツ¥23,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉)靴¥24,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)

辛口ホワイトで優しげキャメルをシャープに

ふんわりしたキャメルのロングカーディガンを働く女が着るなら、シャープさが決め手! そこで、白いVネックニットと、シャツ感覚ではおれる薄手の白ジャケットをインに着て、メリハリをつくって。さらに、ボトムはテラコッタブラウンのタイトスカート、足元はキャメルのショートブーツで、グラデーションをつければ完璧。カーディガン¥26,000(Liesse)ジャケット¥5,547(ザラ・ジャパン〈ザラ〉)ニット¥13,800(シティ ニュウマン新宿店〈シティ〉)スカート¥16,000(TIARA)バッグ¥46,000(ANAYI)靴¥28,000(ダイアナ 原宿店〈ダイアナ ロマーシュ〉)

Domani2018年11月号『秋は“スタバ配色”でいく!』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/生田昌士(hannah/里子分)、葛川栄蔵(ナオ分)、寺山恵子(静物)スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/野田智子(里子分)、神戸春美(ナオ分)モデル/小泉里子(本誌専属)、ナオ 撮影協力/Blue Note TOKYO 、HAUNT COFFEE STAND 、GINZA MUSIC BAR、AWABEES 構成/今村紗代子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事