この冬、流行りの"アウターレイヤード"。ゆるチェスター × テーラードジャケットを攻略! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2018.12.15

この冬、流行りの”アウターレイヤード”。ゆるチェスター × テーラードジャケットを攻略!

最近、雑誌やSNSでよく見かけて、つい気になってた「朝、出かけるとき、そばにあった服を適当に重ねたら、かっこよくなっちゃった…」的な、海外セレブ風のおしゃれって憧れる。そこで、平均的日本人女性でも、簡単におしゃれに見える鉄板・オブ・鉄板のレイヤードテクを考えてみました。パート1は”ゆるチェスター”×”テーラードジャケット”。レッツ・トライ!

Tags:

ゆるチェスター × テーラードジャケットの魅力って?

きちんと感のあるアイテムを重ねるときに大事なのは、真面目になりすぎないこと。ジャケットに柄を効かせたり、色合わせを華やかにしたり…。どこかにビビッドなアクセントをつけることで全体の鮮度がぐっと高まります。

ボリューム感のあるチェスターコートのインに、テーラードジャケットを忍ばせて。ジャケットの襟をのぞかせ、チェック柄を効かせると、着こなしに奥行きが生まれ、きちんとした中にもしゃれっ気が。

コート¥130,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ハウント〉) ジャケット¥155,000(ビームス ハウス 丸の内〈ドナテッラ・ラッジョ〉) ニット¥17,500(シップス 有楽町店〈シップス〉) パンツ¥24,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ニューヨーク〉) ネックレス¥23,000(アンティット アンタイトル〈PHILIPPE AUDIBERT〉) バッグ¥185,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥81,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

キャッチーなチェック柄がストールのような効果を発揮!

ネイビーのゆるチェスターのインに合わせたのは、キャメル×黒のチェックが印象的なロングテーラード。襟はあえて出さず、コートのフロントからちらりとのぞかせることで、ほどよいアクセントに。さらにブラウスもマスタードイエローを選んで、コートの重量感を感じさせない華やぎを加味して。デニムでさらに軽やかに! 

コート¥145,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) ジャケット¥88,000(ストローラPR〈Lachement〉) ブラウス¥36,000(essence of ANAYI) パンツ¥32,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) バッグ¥76,000(H.P.FRANCE〈MELI MELO〉) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

チェスター、テーラード、ベスト、シャツ… トラッドな4 枚レイヤード

ピンストライプのテーラードは、それだけだとコンサバティブなので、インにニットベストを仕込むことで今どきのリラックス感を。ボトムに鮮やかなブルーパンツを選んで、さらに躍動感をアップ! 

コート¥79,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ジャケット¥32,000(エイチ ビューティ&ユース〈エイチ ビューティ&ユース〉) ベスト¥11,800(ビショップ〈MORRIS&SONS〉) シャツ¥19,000(ティッカ) パンツ¥24,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) めがね¥29,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) ネックレス¥10,500(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) バッグ¥172,000・靴¥114,000

淡色のレイヤードでジャケットスタイルを堅く見せない

フェミニンなパウダーピンクのチェスターコートにライトグレーのダブルジャケットを重ねて。淡い色同士ならレイヤーしても軽やか。ジャケットはフロントを閉めて、ボタンを着こなしのアクセントとしてとらえて。

コート¥85,000(ebure) ジャケット¥60,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥2,990(UNIQLO) パンツ¥29,000(Theory luxe) イヤリング¥10,000(martinique日本橋〈ドミニク ドゥネーブ〉) バッグ¥115,000(TOMORROWLAND〈ワンダラー〉) 靴¥105,000(リエート〈サントーニ〉)

G ジャンのフロントを閉めるとクールでモードな印象

ボルドー×インディゴの配色が今っぽい。濃厚な色使いなので、ほかは白ですっきりまとめて。写真では見えていないけど、Gジャンの下にはとろみのあるネイビーのシャツをイン。ノンウォッシュのGジャンをマイルドに和らげて。

ニットアウター¥32,000(シップス 渋谷店〈ウーア〉) 〝アトリエ ノティファイ〟のGジャン¥49,000・〝ザネラート〟のバッグ¥90,000(アマン) シャツ¥15,000(カレンソロジー青山〈カレンソロジー〉) スカート¥29,000(Theory luxe) タイツ¥1,200(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)

カウチンの色をリンクした黒G ジャンというセレクト

今シーズン人気復活のカウチンニット。ハンドメイドの温もりを取り入れつつ、サイドラインの入ったパンツで大人っぽく仕上げて。レイヤーしたGジャンはコンパクトなサイズ感。アウターを脱いだときも、パンツのワイドシルエットとグッドバランスに。

ニットアウター¥47,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ビズビー〉) Gジャン¥26,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) タートルニット¥23,000(ebure) パンツ¥7,900(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店〈サニーレーベル〉) 手袋¥10,000(アルアバイル〈ガラ・グローブス〉) バッグ¥66,000(ドレステリア 銀座店〈エバゴス〉) 靴¥19,000(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉)

Domani 2018年12月号『”The♡日本人体型”じゃ、ダメですか!?part_8』より
撮影/嶋野 旭(人物)、小林美菜子(静物) スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/小林 懸(glams) モデル/小濱なつき、榎本侑姫 撮影協力/PRIMART 構成/湯口かおり

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事