〝女優〟なのはアナタじゃなくて帽子ですから!そもそも女優帽って今どきアリ?ナシ?【小物が変だよコンサ婆さん 第1回】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.01.17

〝女優〟なのはアナタじゃなくて帽子ですから!そもそも女優帽って今どきアリ?ナシ?【小物が変だよコンサ婆さん 第1回】

どんな服にもつばの広い〝女優帽〟をかぶっていたころもありましたよね。それだけで、おしゃれ感を味わえた時期。でも、今それをやっちゃう人は、間違いなく自分を〝おしゃれピープル〟だと錯覚している勘違いコンサ婆さん。その格好し続けたかっらた、平成初期にお戻りください…(汗)。

Tags:

自信ありげなところがイタイ…。女優帽が手放せないあなたはコンサ婆さんになっているかも!

それひとつで、コーディネートの完成度が上がる帽子。とっても便利なアイテムですが、目立つアイテムなだけに選びを間違えると悲惨なことに…。たとえばつばの広い女優帽。カジュアルな服になんでもかんでも、あえて女優帽を合わせていたころもありましたが、それは平成初期のトレンドです。そのときの感覚で、どんな服にも女優帽を合わせてしまう人は、小物選びを間違えがちなコンサ婆さんになっている可能性があります!

今季はカジュアル服にマッチするキャスケットがおすすめ

 


キャップ流行りに続き、小物もカジュアル方面にシフト中。今冬は、コンパクトながら、視線を引き上げてくれるキャスケットを選んでみて! いつものパンツスタイルにラフにかぶるだけで、カジュアルスタイルをよりこなれて見せてくれますよ。変に目立つことなく、コーディネートに自然になじむ小物を選びたいですよね♪ 次回は、キャスケットを使った全身コーデをお届けします。

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事