さらば手荒れ!NY発祥のハンドクレンザーで「洗いながら保湿」の新常識♡【半径3m以内で幸せになる100の方法 Part9】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く私に癒しを!

2019.02.11

さらば手荒れ!NY発祥のハンドクレンザーで「洗いながら保湿」の新常識♡【半径3m以内で幸せになる100の方法 Part9】

乾燥注意報にともない、手荒れに悩んでいませんか?ハンドクリームでケアしても、手を洗うたびに流れ落ちるクリーム…。荒れた手には水やハンドソープがしみてヒリヒリ真っ赤に。それなら、洗いながら保湿してしまえばいいのだ!!ということで、今回の【半径3m以内で幸せになる100の方法】は、ニューヨーク発祥のアポセカリーブランドの、すごいハンドクレンザーをご紹介します。水がしみない!洗った瞬間から潤い続く!べとつかない!といいことずくめ。手荒れに悩む方、一度使うと病みつきになりますよ♪

Tags:

洗っている最中からしっとり幸せ♡「オイルで洗う」新発想のハンドクレンザーが、ガサガサ手荒れに効く!

冬場、女性たちの一番の悩み、「手荒れ」。手荒れ防止には水仕事の時の手袋予防が一番!なのですが、家事は時間勝負!洗い物が少量だと、ついつい手袋をせずにお皿を洗ってしまうのはよくあること。さらに、食べこぼしで汚れた床をふいたり、オムツをかえたり、何度やっても延々と出続けるこどもの鼻水をティッシュでぬぐい続けたり…そのたびに、ゴシゴシしっかりと手を洗います。さらに子供の汚れた手も一緒に洗ったりして。一体、1日何度手を洗うのでしょう…。
こんな頻度で洗えば、当然手の皮膚は悲鳴をあげています。極度に乾燥したこの季節、「温水」で洗うことでさらに手の皮脂が落ちて、油断するとあっという間にカッサカサ、アカギレヒリヒリ状態になっちゃうんですよね(涙)!

手洗い励行のこの季節こそ「こまめな手洗い」は必須なのですが、手荒れ中の手洗いの憂鬱なことといったら…。今回は、そんな時でも気兼ねなく快適に手洗いができてしまう、「洗うたびに潤う」お助けアイテムをご紹介します。

ねっとりバーム状のオイルで保湿しながら洗う!?
メイク落としのような感覚で使う「シー・オー・ビゲロウ」の『ハンドクレンザー チャップド』

1838年のニューヨークのグリニッジビレッジで医師が創業したアポセカリー(調整薬局)が発祥の「シー・オー・ビゲロウ」は、「Honest, Genuine, Trustworthy(正直に、本物を、信頼いただくために)」というフィロソフィーを掲げたアメリカで最も歴史あるアポセカリーブランド。すべての商品には、薬剤師が開発した処方ナンバーが与えられています。
今回ご紹介する新感覚のハンドクレンザー『ハンドクレンザー チャップド』はNo.140 ! 現在では No.2000近くの商品が生み出されてきた中、長く愛され続けている実力派アイテムなんです。

ご覧ください、このねっとり感!まるでワセリンのようなバーム状のオイルを、手のひらですくってすりすり。荒れた手で使っても、しみるようなことは一切なく、オイルのなめらかな感触でずっとすりすりしていたくなる心地よさ!オイルが手の汚れに馴染んだところで、温水で流します。この瞬間がまた、極楽。お顔のメイクをクリームやオイルで落とす、あの感覚に似ています。
洗い流している最中から手がしっとり保湿されているのを実感でき、洗い上がりにはすでにハンドクリームを塗ったかのよう!でも、オイルのベタつきは一切なく、PCのキーボードやスマホも躊躇なく触れられます。
合成香料、合成着色料は一切不使用。ローズマリーやセイヨウハッカの香りがほんのかすかに感じられる程度のとってもナチュラルな仕様なので、調理前の手洗いにもぴったり。香りの強いハンドソープを使った時のような、食材への移り香も気になりません。

トリートメントするように手を洗える「シー・オー・ビゲロウ」の『ハンドクレンザー チャップド』。キッチンに置いておけば、うっかり素手で食器洗いをしてしまった時も安心!!家庭に常備しておきたい、幸せアイテムです。

<シー・オー・ビゲロウ>
『ハンドクレンザー チャップド』
 184g ¥2,600 (税抜)

シー・オー・ビゲロウ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事