「若づくり」を超えて「老け見え」の危険!ボーダーにフリルやレースを合わせるのはアリ?ナシ?【ボーダーでコンサ婆さんの危機】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.02.23

「若づくり」を超えて「老け見え」の危険!ボーダーにフリルやレースを合わせるのはアリ?ナシ?【ボーダーでコンサ婆さんの危機】

ほっこり感の潜む柄故、甘く着ると野暮ったく見えがちなボーダートップス。「春はもうすぐ♪」のルンルン感をボーダー×フリルやレースで出してしまうと、若づくり全開の痛い人に…。ボーダーを女らしく着るためには、どうすればいいのでしょうか?

Tags:

大人がフリルやレースで〝ルンルン感〟を出すのは危険!

ボーダーを甘く着たくなる気持ちはわかります。特に、小春日和が続くと気持ちがアガッてついフリルやレースに手を伸ばしがち。ボーダーカットソーの下にフリルキャミをレイヤードしてみたり、レース付きのボーダートップスを着てみたり…。それ自体はかわいいのですが、相当甘辛加減を計算しないと、「若づくり」からの「老け見え」と痛~い結果を招くことになりかねません。
  

ボーダーを女らしく着るならピンクを少量ちらしてみて!

カジュアルに見えがちなボーダーを女らしく着るコツは、小物選び。スニーカーやキャンバスバッグを合わせるとTHEカジュアルに見えますが、華奢なヒールや小バッグを合わせて、フェミニンなピンクを少量ちらすだけでも、女らしさが十分出てきます。ピンク小物を使った全身コーデは、また次回!


▲パンツ¥23,000(ゲストリスト<アッパーハイツ>) バッグ¥28,000(フラッパーズ<レフィエ>) 靴¥26,000(ハイブリッジ インターナショナル<ファビオ ルスコーニ>)

【問い合わせ先】
ゲストリスト 03-6869-6670
フラッパーズ 03-5456-6866
ハイブリッジ インターナショナル 03-3486-8847

イラスト/村澤綾香 撮影/田中麻以 スタイリスト/角田かおる モデル/小林有里 構成/木戸恵子

【合わせて読みたい】
無難なボーダーでほっこりしちゃってません? それ、春の公園でよく見かけるボーダーコンサ婆さんです!
ほっこりボーダーコンサ婆さんをレザージャケットで救出!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事