オバ見えNG!ファッション編集者が実践してる本物ムートンの着こなしテクニックって? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションコラム

2019.09.15

オバ見えNG!ファッション編集者が実践してる本物ムートンの着こなしテクニックって?

一度は手にしたいリアルムートン。今回はファーやレザーが大人気の”カールドノヒュー”のコートをご紹介! 増税前に少しでも手に入れておきたいマストバイなムートンとは?

Tags:

脱・ダウン! 大人のためのラグジュアリーな防寒アウターはこれ

以前この企画で、消費税UP前に準備したいコートのひとつとして「素材が高級であること」という話をしましたが(記事はこちら)、今回は高級素材のコートをテーマに、“カールドノヒュー”のムートンを紹介します。「いつかは本物が欲しい! 」と考えている方は、早いうちに購入して長く着ることで元を取ってしまう、というアイディアもおすすめ。増税前のこのタイミングにぜひ検討してみてください。

寒い日が待ち遠しくなる! “カールドノヒュー”のラグジュアリーなムートンコート

スタイリストや編集スタッフが真冬のロケ(外撮影)をするときにかぶり率の高い“カールドノヒュー”のレザーアイテム。ただ暖かいだけでなく、素材の良さを活かしたミニマムなデザインも人気の理由です。大量のリアルレザーを使用しているからには高額にはなりますが、飽きること無く長く着られるため重宝すること間違いありません。

そして今回紹介するカールドノヒューのムートンは、まず何と言っても、表面にある羊の毛の滑らかさ。その心地よさに思わずずっと触れていたくなります。また光を当てると美しく上品な艶が浮かび上がり、身にまとうだけでリッチな気分に。最近はフェイクムートンやフェイクファーの需要が高まりつつありますが、たまに「本物」を着るとテンションが上がりませんか? 例えば、成功させたい仕事がある日にお守りがわりに着るのも良し。それくらいパワーに満ちた一着で存在感のあるコートです。

老け見えはNG! 上手にムートンを着こなすためにしておく事とは?

ムートンといえば着方によっては老け見えしてしまうというのが難点。例えばシックな黒のレースアイテムを合わせると一気に年齢が上に見えてしまうことも…。年齢を重ねていけば似合うようになるかもしれませんが、やはり今すぐトライするならカジュアルなコーディネートがいちばん。そこで今回取り入れたのがコール天パンツです。これ一枚で全体がかなりカジュアルに染まるので、足元はビットローファーで辛口に仕上げ、ほっこりし過ぎないようにスタイリングしてみましょう。

コート¥400,000(ショールーム セッション<KARL DONOGHUE>) ニット¥26,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店<ユナイテッドアローズ>) パンツ¥34,000(GALERIE VIE 丸の内店<GALERIE VIE>) ストール¥57,000(カレンソロジー青山<ジョシュア エリス>) バッグ¥10,556(バナナ・リパブリック) 靴¥30,000(デミルクス ビームス 新宿<ジャラン スリウァヤ×デミルクス ビームス>)

【問い合わせ先】
ショールーム セッション TEL03・5464・9975
ユナイテッドアローズ 丸の内店 TEL03・5224・8051
GALERIE VIE 丸の内店 TEL03・5224・8677
カレンソロジー青山 TEL03・6419・7899
バナナ・リパブリック TEL0120・771978
デミルクス ビームス 新宿 TEL03・5339・9070

撮影/黒石あみ スタイリスト/渡辺智佳 構成/望月琴海

あわせて読みたい
▶︎消費税増税前に買っておきたい!「軽い・暖かい・おしゃれ」の3拍子揃った “エイトン”の優秀キャメルコート
▶︎不朽の名品こそ消費税UP前にゲット!秋から春までずっと着られる“マッキントッシュ”「トレンチ風あったかコート」

画像ALT

スタイリスト・エディター

渡辺智佳

社会人経験ありの高学歴スタイリスト。通称”ナベチカ”。ロジカルなスタイリングが得意で、海外旅行やワールドSNAPから世界中のトレンドを収集し常に世間にアンテナを張り続ける。最近は海外ドラマにどっぷりハマり、ドラマに出てくるファッションを参考にすることも。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事