フェミニン系の絶対的好感度配色は「黒×淡いブルー」!【着こなし実例6】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONおすすめワードローブ

2019.12.13

フェミニン系の絶対的好感度配色は「黒×淡いブルー」!【着こなし実例6】

空や海…。さわやかな印象があるからかだれでも着こなしやすいブルー!フェミニンに着るなら淡い色味をチョイス。シックな黒を、気さくなムードにまとめます。

Tags:

フェミニン系のファッションが好きな人におすすめの配色は「黒×淡いブルー」

1:小粋なペールブルーが予定調和感を払拭!

とろみのあるボウタイブラウスと、上質なかっちりバッグ。もしもこれが白やベージュなどのベーシックカラーだとしたら、もっとコンサバティブな印象にまとまっているはず。ともにスモーキーなペールブルーだからこそ、大人ならではの遊び心が漂うフェミニンなコーディネートに。ファーがあしらわれた黒コートで、適度な重厚感を出したのも高見えするポイント。

コート¥97,000(YOKO CHAN) ブラウス¥25,000(ANAYI) パンツ¥8,990(PLST) バッグ¥156,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 傘¥2,700(アニエスベー) 靴¥31,000(F.E.N.〈プリティ・バレリーナ〉)

2:優しげなブルーストールに埋もれる感じもキュート

黒の着こなしにストールで色を差すのは、即、おしゃれに見えるおすすめテクニック。特に、こんなマイルドなブルーのチェック柄なら肌なじみがよく、さりげないムードでまとまる。軽やかな色味ゆえ顔映りがいいので、多忙な日こそ頼って。ファーポケット付きの黒スカートは、はくだけでしゃれたアクセントが生まれ、コーディネートの精度を上げてくれる。

ニット¥24,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) スカート¥64,000(ADORE) メガネ¥34,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) ストール¥62,000(ドレステリア 銀座店〈ジョンストンズ〉) バッグ¥37,000(イアクッチ 大丸東京店〈イアクッチ〉)

3:黒トップスのレイヤードが洗練された女らしさを演出

ダスティブルーのシャギータイトは「好き♥」が詰まった一枚。トップスは黒のタートルカットソー×黒のVネックプルオーバーで、シックな女らしさを狙いたい。

プルオーバー¥42,000(ebure) インに着たカットソー¥9,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) スカート¥26,000(L’AVENTURE martinique 〈ラヴァンチュール マルティニーク〉) ピアス¥21,000(ショールーム セッ ション〈MARIA BLACK〉) リング¥7,400(アンティット〈Anthem for the sense〉) バッグ¥41,000(アマン〈ペリーコ〉) 靴¥27,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉) タイツ/スタイリスト私物

【ストイックな黒と甘いブルーのギャップがクセになる!】

4:はくだけで美人度が増すブルーのレーススカートが主役

フェミニン派なら、いつだって心惹かれるレーススカート。今までは黒が定番だったけれど、こんなサックスブルーに買い替えて。黒いニットや黒小物にも映え、忙しくても〝余裕のあるママ〟感が漂う。足元はパンプスやブーティ的な靴より、筒が長めのショートブーツを。今シーズンは、このボ リューム感がカギ。

ニット¥32,000(YOKO CHAN) スカート¥78,000(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE×mikomori〉) ブローチ¥15,000(ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店 〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) バッグ¥59,000(フラッパーズ〈ウェルデン〉)靴¥143,000(JIMMY CHOO)

5:ダスティブルーのダッフルがダークトーンな冬の街に映える

冬のコーディネートでいちばん印象に残るアウターこそ、きれい色にしてみては?このダッフルコートは、落ち着いたトーンのブルーと大人仕様のデザインのおかげで、はおるだけでさまになる。黒のレザースカートなど、シャープな素材で引き締めて。

コート¥89,000(ebure) ニット¥19,000(ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) スカート¥63,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ネックレス¥24,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バッグ¥16,000(フラッパーズ 〈マルシェ〉) 靴¥22,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

6:トレンドのクラシックムードはブルーの主役級フレアにおまかせ

黒のオーバーコートに黒のとろみブラウスという、淑女感漂う組み合わせは、ボトムまで黒だとちょっと退屈。そこで、ダスティブルーのフレアスカートを指名。配色にもシルエットにも強弱が付いて、シネマティックな女らしさが手に入る。足元はパール付きショートブーツでチャーミングに。

コート¥120,000(ゲストリスト〈ハウント代官山/ハウント〉) ブラウス¥96,000(エストネーション〈ケイト〉) スカート¥115,000(マディソンブルー) グローブ¥12,000(ebure〈カリデイ〉) バッグ¥35,000(アニエスベー) 靴¥47,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

※この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Domani12月号 甘谷さんVS辛沢さんの冬は、黒ばっかり着ちゃうのやめました より
本誌撮影時スタッフ: 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/石毛のりえ ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY)モデル/石井美絵子、黒木ナツミ 構成/今村紗代子 再構成/Web Domani編集部

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事