"走れるパンプス"決定版!【ROCKPORT】の名品パンプスがとにかくすごかった | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

WOMENおすすめワードローブ

2019.12.24

“走れるパンプス”決定版!【ROCKPORT】の名品パンプスがとにかくすごかった

ついついスニーカーやぺたんこパンプスに頼りがちなワーママの足元事情。“脱・スニーカー”を掲げて“走れるパンプス”を日々探し求めるワーママ1年生がたどり着いたのは、【ROCKPORT】の名品パンプスでした!

Tags:

まるで絨毯!?ふかふかの足入れ体験

育休から復帰してはや半年。ワーママ1年生として奮闘中の日々を送っているなか、ふと足元をみるとほぼ毎日スニーカーorぺたんこパンプス…。たしか復帰直後こそ頑張ってヒール靴を履いていたものの、だんだんとラクな方へラクな方へと流されている気がする…!バタバタと過密スケジュール気味な毎日でも、靴ずれや疲れを気にせずストレスフリーに履ける“走れるパンプス”が欲しい!と色々調べあげた末にたどり着いたのが“ROCKPORT”でした。

ボストン発のこちらのシューズブランドの最大の特徴は、なんと言っても最新テクノロジー搭載による“快適な履き心地”。日々忙しく動き回るワーママにぴったりのブランドです。前々から気になってマークしていたのですが、青山に店舗があると知りさっそくお邪魔してきました!まずは、本日一番のターゲットであるシンプルデザイン“TOTAL MOTION”シリーズから試着。

▲CH6523 ¥19,500(税抜)

足を入れた瞬間の最初の感想は、「ふかふか…!!」まるで絨毯のような柔らかいクッションが足全体を包んでくれるので、7.5センチと高めのヒールながらまったく不安がなく安定感もばっちり。「すごい歩きやすいですね!」とつい興奮気味に店員さんに話しかけてしまいました。 

思い返せば今までの人生、パンプスには苦い思い出ばかり…。かかと部分はもちろん、足指の第2関節部分、サイドのくるぶし部分…等、履いているうちに擦れて痛みに耐える日々。今度こそはとトライしてはこれもダメ、あれもダメ、の繰り返しでした。でも、こちらのパンプスは別次元の履き心地。今まで経験したことのないフィット感におのずとテンションが上がります。

歩きやすさ抜群のショートブーツもおすすめ

次は、秋冬シーズンに欠かせないショートブーツも。お店に入った瞬間から目をひいていた柄ブーツがどうしても気になり、試着させて頂きました。

▲CH5871 ¥17,000(税抜) 

あ、これ買うの決めた。履いた瞬間即決したほど、パンプス同様履き心地がとにかくソフト…!黒ベースで主張しすぎない色合いながら、カーキやオレンジ等様々な色味が混ざった柄なのでどんな服装にも合わせやすそうです。低めのヒールが足に優しくガシガシ歩く予定の日も重宝する予感。

オリジナリティのある柄パンプスも秀逸!

最後に、こちらも気になっていたアニマル柄のパンプスを試着。

▲CH6534 ¥26,000(税抜)

これも可愛いどうしよう…!どれもこれも魅力的で迷ってしまいます。1足目と同様ふかふかの履き心地はもちろんのこと、あまり他ブランドではみられないゴールドの混じったパイソン柄が最大のポイントに。でもベースは茶色&黒とベーシックカラーのため、今年人気のブラウンコーデにも馴染んでくれます。 

前職で雑貨の企画を少しかじったことがあるのですが、価格が抑えめだと他ブランドとどこか似たようなパターン(柄)になりがちという印象が…。でもこちらのブランドは、先ほどのショートブーツといいオリジナリティのある柄が多い!歩きやすさ・デザイン・高過ぎない手の届く価格帯…といいところずくめなこのブランドに出会えて本当によかったです。

後日実際に履いてみた感想は?

本当はパンプスを1足だけ購入するつもりで伺ったのですが、散々悩んだ末、結局ショートブーツも購入することに…。パンプスは、発色のよいカラーも捨てがたかったもののヘビロテすることを想定し万能カラーのグレージュにしました。

早速パンプスを仕事に履いていきましたが、朝6時過ぎに出かけて夜19時過ぎに帰宅するまで、文字通り丸一日履いていたもののまったく靴擦れなし!洋服のサンプルがたくさん詰まった段ボールを発送したり、会議に次ぐ会議で社内を行ったり来たりとかなり動き回ったにも関わらず、どこも痛くなりませんでした。こんなことは初めての経験!ベストな1足に出会えたことが嬉しくて仕方ありません。

週末のお出かけにはショートブーツも活躍。ローヒールなので、動き回りたい盛りの娘を追いかけ回すのも楽々でした。その異次元の履き心地の良さに、ついつい色違いで集めたくなってしまうROCKPORT。“走れるパンプス”をお探しの方がいらっしゃったら、ぜひ一度履いてみて頂きたいです。

画像ALT

Domanist

杉本 緑

アパレル勤務・1児(女児)の母。洋服への愛が高じてアパレル業界へ飛び込み、某アパレル会社で企画、生産に携わる。舞台や落語などの芸術鑑賞で自らの感性を刺激。娘との日常を描いたユニークなイラストもSNSで発信中。
IG:https://www.instagram.com/green_sgmt/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事