おしゃれで機能的!子どもの送迎時も【走れるパンプス】ならヒール生活も快適 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

WOMENDomanist

2020.01.21

おしゃれで機能的!子どもの送迎時も【走れるパンプス】ならヒール生活も快適

きちんとスタイルの日はパンプスを履きたいけれど、子連れでは無理…とあきらめてしまっているワーママに朗報!快適すぎる”ロックポート”のパンプスなら「パンプス再デビュー」が簡単にできちゃいますよ♡

Tags:

多忙を極めるワーママにおすすめしたい!快適すぎる”ロックポート”のパンプス

子どもと遊びながら向かう朝の登園、時間に間に合わない!と焦る夕方のお迎え…。ワーママは休日だけではなく、仕事の日だってとにかく「走る」ことが多いですよね。

お仕事スタイルできちんと見せたい日はわざわざ通勤用のスニーカーを持参したり、ヒールをあきらめてペタンコ靴に切り替えたり、そんな経験をしているワーママは多いはず。私も幅広、甲高、外反母趾気味で痛くない靴選びには気を遣っているのですが、ヒールがあるとどうしても時間の経過とともにと痛くなってくるので、最近はあきらめ気味に…。そんな時出会った”ロックポート”のパンプスで悩みが解消しました!

”ロックポート”はアメリカ・ボストン生まれのシューズブランド。デザイン性に加えて「スポーツテクノロジー」を駆使した様々な機能性があることが特徴なんだそうです。履いてすぐに私が一番に感じたのはふわふわなインソールで「スニーカーみたい!」と思うほどの履き心地。ここに2つのテクノロジーがギュギュッと詰まっていました!

2つの素材が快適な歩行をサポート

まずは歩行時の衝撃を吸収するクッション材「TruTECH」。歩いている際にかかとの着地にかかる衝撃を吸収してくれるので、長時間の歩行も快適にサポートしてくれてます。

もうひとつは蹴り出しの力をサポートする反発弾性素材「TruTECH+」。インソールの前足部に入っていて、歩行時の蹴り出しにかかる力をサポートしてくれるので少ない力で足取り軽く進むことができるように。

これが長時間履いても疲れない、足にふんわり吸い付くような履き心地を実現してるんですね!

歩きやすいだけじゃない!旬スタイルにもマッチするおしゃれなデザイン

履いていて疲れる靴はもちろん嫌ですが、見た目のデザインだって外せません。正直、快適さを優先するとデザインがあまり好みではないものが多いのも事実…。しかし”ロックポート”のパンプスはベーシックで洗練されているデザインが多いんです♡私が履いているのは「トータルモーション ポインティー トゥ ヒール プレーン パンプス」。ヒールから遠ざかっていた私が7.5cmヒールを選びました!

グレーのニュアンスカラーにパテント(カーフレザー)素材で、ベーシックながらも品のあるデザイン。かつ、ふんわり快適な履き心地なので様々なオケージョンで活躍してくれています。

コーデ⑴:きちんと感をアピールしたい保護者会

これからの季節何かと多い学校行事。きちんと感のある格好にもちろんピッタリ!ヒールで学校行事に行くってなんだか気が引き締まってとってもいい感じ♡足は痛くならないから快適そのものです。

コーデ⑵:シャキッとお仕事スタイル

電車乗り次いでミーティングを数件はしごするようなたくさん歩く日は、きちんとした装いにしたくでもヒールじゃないからコーデがなんだかきまらない…。なんてこともあったのですが、これからはパンプスでも怖くない!久しぶりの感覚です。

コーデ⑶:子連れママ友ランチ

今まで子連れでのおでかけはペタンコ靴の一辺倒でしたが、”ロックポート”のパンプスならしゃがんだり走ったりも苦にならない!子連れでも安心してヒールを履いておしゃれをして出かけられます。

ペタンコ靴もスニーカーも大好きだけど、ちょっとおしゃれをしたい日に。パンプスってやはり背筋がシャキッと伸びて、大人っぽくスタイルをまとめることができるな…と。ヒールの魅力を改めて感じます。なのに走れるほど快適だなんてもう最高っ!走るワーママのヒール再デビューに”ロックポート”のパンプス、超おすすめです!

画像ALT

Domanist

福吉彩子

外資系企業で15年働き、独立。現職はフリーのマーケティングコンサルタント。メークセラピストの一面ももち、自宅でレッスンを行っている。「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2016」受賞者。
IG:https://www.instagram.com/fuku44aya/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事