Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2017.12.14

12月ファッションコーデ36選【2017-2018冬】| レディース30代40代の基本から流行りまで

雑誌Domaniの12月号から、30代40代女性向けファッションを一挙ご紹介。2017-2018冬の基本・定番コーディネートから、今流行りのきれいめコーディネート、休日のカジュアルコーデ、デートにおすすめのきれいめコーデなど、さまざまなコーディネートをピックアップしました!ユニクロ・無印良品のアイテムも特集!

Tags:

【目次】
基本・定番の冬コーデ
今流行りのきれいめコーデ
休日のきれいめカジュアルコーデ
デートにおすすめの大人コーデ
ユニクロ・GU・無印コーデ

基本・定番の冬コーデ

【1】チェック柄ジャケット×黒パンツ

【1】チェック柄ジャケット×黒パンツ

ミーティングを大急ぎで終わらせて、会社近くで夫と待ち合わせ。実は本日、結婚記念日(照)。夫婦水入らずでお祝いを!「しょっぱなからプライベートすぎる予定でごめんなさい! インスタを遡ったところ、去年は夢の国へ行っていたようですが、今年は仕事。ジャケットは、きちんと見えと旬を叶える、働く女性にうれしい流行。思いきり活用しています。耳元のパールと赤リップで、気どりのないディナーへ」

[Domani12月号 98ページ] ジャケット¥15,000・パンツ¥8,990(PLST) Tシャツ/PLST サングラス/セリーヌ 時計/カルティエ ベルト/エルメス バッグ/イブ・サンローラン 靴/セルジオ ロッシ ブレスレット・ピアス/ノーブランド

【2】ライダースジャケット×黒スティックパンツ

【2】ライダースジャケット×黒スティックパンツ

WEBメディアの撮影&取材DAY。担当が顔なじみのカメラマンと仲よしのライターさんで、終始笑いが止まらない…。「取材を受ける日は、媒体や企画に合わせてセルフスタイリングします。味付けしだいで表情が変わる黒のスティックパンツを、今日はライダースと〝コンバース〟で男の子っぽくアレンジ。トートバッグも色あせてきちゃっていますが(笑)、実は黒。夫と娘からの母の日のプレゼントです」

[Domani12月号 101ページ] ジャケット/アッパーハイツ 時計/ダニエル・ウェリントン バッグ/L.L.ビーン ストール/マニプリ 靴/コンバース /パンツ¥8,990(PLST) Tシャツ/PLST

【3】ボーダーニット×黒ワンピース

【3】

とにかく疲れる展示会の設営には動きやすい足元と脚が隠れるワンピで。「展示会の前日は、バタバタせわしなく動き回るのが常。力仕事は男性に任せるけれど(笑)、スニーカーは欠かせません。快適さを重視しているとはいえ、〝エリン〟のワンピはモードっぽさが特徴。ただ着るだけでサマになります」

[Domani12月号 107ページ] 〝アルモー リュクス〟のニット¥16,000ワンピース/エリン時計/ダニエル・ウェリントン 靴/コンバース ブレスレット/ノーブランド

【4】深Vニット×白パンツ×ピンクパンプス

【4】

ミッドタウンの本社でミーティング。移動がてら、お気に入りの場所でインスタ用の写真を撮影。白壁に淡いピンクが映えていい感じ!「今季うちのブランドがプッシュしている色でもありますが、ピンクが気になります。このパンツは淡いトーンが、色慣れしてない私でも取り入れやすい。黒とのなじみもよく、白パンツでモノトーンにするよりも女っぷりが高いような…!? ニットの深Vで辛さを足したところも私的こだわり。足元のパテントパンプスでピンク度を高めるとグッと引き締まります」

[Domani12月号 103ページ] ニット¥6,990・パンツ¥8,990・バッグ¥6,990・ストール¥5,990(PLST) 時計/ティファニー 靴/プラダ サングラス/セリーヌ

【5】濃淡ピンクコーデ×黒小物

【5】

日々のサポートを感謝して実家の両親たちとなじみのレストランへ。「濃淡のピンクに黒小物をちらして、いい妻&母なシンプルスタイルを実践。私が仕事を続けていられるのは、夫だけでなく、双方の実家の両親の協力があってこそ。感謝の気持ちを表現すべく、お食事会に誘います

[Domani12月号 106ページ] ジャケット¥15,000(PLST)ベルト/エルメス時計/カルティエブレスレット/ノーブランド靴/セルジオ ロッシニット¥5,990(PLST)パンツ¥8,990(PLST) バッグ/シャネル

【6】コージー&ボーイッシュスタイル

【6】

「コージー&ボーイッシュな休日スタイル。自分で言うのもなんですが、すごく私っぽくてしっくりくる格好です。ネイルはフレンチ一辺倒。末端がきれいだと清潔感が出ると思うので、ネイルケアは定期的に行います」

[Domani12月号 106ページ] コート¥19,900・ストール¥5,990(PLST) Tシャツ/PLSTパンツ¥8,990(PLST)サングラス/セリーヌニット¥6,990(PLST)バッグ/L.L.ビーン ストール/マニプリ靴/コンバース

【7】チェック柄ジャケット×黒ワンピース

【7】

娘のバレエの発表会。踊るのが好きな彼女を見ているととてもまぶしくて…。「頑張れ! の気持ちも込めて、たまに着ると喜ばれるワンピースをチョイス。普段の私がボーイッシュだからでしょうか…『ママは男の子になりたいの?』と聞かれることもしばしばです」

[Domani12月号 106ページ] バッグ¥16,000(PLST〈Pelletteria Veneta〉) ジャケット¥15,000・Tシャツ/PLST時計/カルティエブレスレット/ノーブランドワンピース/エリン靴¥8,990(PLST)

【8】キャメルのダブルフェースロングコート

【8】

週初めのインスタには今いちばんお気に入りのロングコートをアップします。「ダークグレーと迷ってキャメルにしたダブルフェースコートが、期待以上の着映え効果で大活躍の予感。レオパード柄のバッグが、いつもの黒といい橋渡しになってくれます」

[Domani12月号 107ページ] スカーフ¥1,990(PLST) コート¥22,000PLST)ニット¥5,990(PLST) ンツ¥6,990(PLST) サングラス/レイバン バッグ¥6,990(PLST)靴/セルジオ ロッシ

【9】ジャケパンスタイル×品格小物

【9】ジャケパンスタイル×品格小物

「昨日と一転、ジャケパンスタイルでいざ、本番。肩に力が入りすぎない、私なりのフォーマルです。靴や時計など、体になじんだ品格小物をチョイスして、デイリーとは一線を画すきちんと感に仕上げます」

[Domani12月号 107ページ] ジャケット¥15,000(PLST)ブラウス¥8,990(PLST) パンツ¥8,990(PLST)時計/カルティエ ブレスレット/ノーブランドバッグ¥16,000(PLST〈Pelletteria Veneta〉) 靴/プラダ

今流行りのきれいめコーデ

【1】正統派チェスターコート×ロンドンストライプシャツ

【1】

定番のシャツ×パンツを、正統派チェスターの上質感でクラスアップ!厚手でなめらかなメルトン素材を使った、とことん男前なコートには、ロンドンストライプのシャツでさらにマニッシュさを重ねて。とろみパンツとパンプスで女らしさをKEEPする、さじ加減が重要。

[Domani12月号 76ページ] コート¥74,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) シャツ¥18,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) パンツ¥23,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈セラドアー〉) ネックレス¥24,000(ココシュニック) 時計¥42,000(デミルクス ビームス 新宿〈ラーソン&ジェニングス〉) ベルト¥13,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥42,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【2】ゆるめコート×ジャケットスタイル

【2】

クラシカルなジャケットスタイルをゆるめコートが包み込む、新感覚のレイヤード。巻いても垂らしてもサマになるそで口のリボンベルトが、ほかにないデザインのウールコート。品よいタイトスカートでモードなコートを〝粋すぎない〟おしゃれに引き戻して。ゆったりシルエットだからこそできる、ジャケットとのレイヤードは着こなしがマンネリ化する冬にぜひTRYしたい。

[Domani12月号 78ページ] コート¥118,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈エアロン〉) ジャケット¥72,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) ニット¥32,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) スカート¥20,000(エストネーション〈エストネーション〉) ネックレス¥2,840(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) タイツ¥1,000(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) バッグ¥74,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥24,000(ダイアナ 原宿店〈ダイアナ ロマーシュ〉)

【3】カーキコート×ライン入りグレーパンツ

【3】

カーキとグレーのニュアンスカラーMIXで叶う洗練カジュアル。カジュアルな印象を受けるも、コンパクトなアームホールやすそ広がりのAラインなど、絶妙に女らしく着られる中綿コート。ライン入りパンツでスポーティさを加味。

[Domani12月号 80ページ] コート[共布ベルト付き]¥45,000(ゲストリスト〈セムパック〉) シャツ¥24,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) パンツ¥38,000(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉) ネックレス¥3,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バングル¥7,250(アビステ) バッグ¥160,000(ドレステリア 銀座店〈イニス ロンドン〉) 靴¥18,334(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【4】カシミアコート×艶めきブラウス×最旬小物

【4】

ファーバッグ&レオパード柄パンプスで、最旬の華やぎをちりばめて!カシミアならではのなめらかな素材感に、程よくゆとりのあるシルエット、バランスのとりやすいひざ上丈、と長く愛せる一枚。グリーンの艶めきブラウスに、ファーのバッグとレオパード柄パンプスで、さりげなくトレンドを押さえた着こなしに。

[Domani12月号 84ページ] コート¥270,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) ブラウス¥10,000(エム・アイ・ディー〈M‒プルミエ〉) スカート¥16,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) タイツ¥2,200(アツギ〈エクスエール〉) バッグ¥32,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈ヴィオラドーロ〉) 靴¥89,000(セルジオロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

【5】ピンクコート×白ワンピース

【5】

ミルキーなワンピースとのシンプルな着こなしも、品よく華やか!大きな襟と高めのボタンがポイントの、Pコート風デザイン。程よく体が泳ぐゆるっとしたシルエットなので、幅広い着こなしに最適。ミルキーなセットアップ風ワンピースとの簡単な着こなしも、まろやかな配色とやわらかいシルエットが相まって、半歩先行くおしゃれな雰囲気に。

[Domani12月号 86ページ] コート¥48,000(アンタイトル) ワンピース¥10,900(ドゥクラッセ) イヤリング¥14,000(Jouete) バッグ¥44,000(フラッパーズ〈アロン〉) タイツ¥2,200(アツギ〈エクスエール〉) 靴¥21,000(エルピーディ〈ルサルカ〉)

【6】ポケットファー付きコート×オレンジカーディガン×デニム

【6】

ポケットのファーとリジッドデニムで、きれいめカジュアルに楽しむ!イタリアンメイドの上質なアルパカ混素材を最旬のシルエットに落とし込んだ一枚。ポケットのファーが大胆なアクセントになって。鮮やかなオレンジカーディガンを効かせ、リジッドデニムできれいめカジュアルに。

[Domani12月号 88ページ] コート¥190,000(バーニーズ ニューヨーク カスマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) カーディガン¥29,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉) パンツ¥4,990(ドゥクラッセ) バッグ¥28,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 靴¥28,000(銀座ワシントン銀座本店〈コルソローマ ノーヴェ〉)

【7】グレージュコート×グリーンパンツ

【7】

まろやかなグレージュのコートは、グリーンパンツでノーブルに!アルパカ混のシャギー素材に、フォックスファーの丸いそでが上品なアクセント。ラウンドネックで、閉じるとスナップが隠れるすっきりとしたデザイン。まさに大人にこそ似合う絶妙なグレージュなので、カラーパンツでトレンド感を盛って。こっくりとしたフォレストグリーンのパンツならシックに着映え、今っぽさも網羅。

[Domani12月号 89ページ] コート¥110,000(essence of ANAYI) ニット¥25,000(八木通商〈ルトロワ〉) パンツ¥30,000(ティースクエア プレスルーム〈テラ〉) ピアス¥10,000(NOJESS) バッグ¥45,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉)

【8】ゆる黒コート×ワイドパンツ

【8】

今こそ取り入れたい、ゆる黒コート×ワイドパンツの最強バランス!ノーボタンなのでバサッとラフにはおりたい、マキシ丈のボリューミーなコート。ハイウエストのワイドパンツで〝ゆる×ゆるシルエット〟を描き、ドット柄スカーフとベロアパンプスでほんのりフレンチシックに。

[Domani12月号 92ページ] コート[共布ベルト付き]¥130,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) シャツ¥29,000(ebure) 〝アダム エ ロペ〟のパンツ¥18,000・〝ロシャス〟の靴¥78,000(アダム エ ロペ) スカーフ¥29,000/参考価格(アマン〈altea〉) バッグ¥26,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈クリスチャンヴィラ〉)

【9】深グリーンのロングカーディガン×ブルーパンツ

【9】

寒色系同士の×ブルーで、クール感漂うカラーミックスに!カラーミックスも寒色同士の落ち着いたトーンなら難易度低め。ガウンのようなシンプルなコートなので、ロングカーディガン感覚でワイドパンツに重ねて。

[Domani12月号 94ページ] コート¥34,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) ニット¥36,000(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) パンツ¥28,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) ファーストール¥10,800(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈ヘレンムーア〉) グローブ¥27,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈メゾン ファブレ〉) 〝agete〟のペンダントチェーン¥35,000・〝agete GINZA〟のペンダントトップ¥60,000(アガット) バッグ¥82,000・靴¥39,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

【10】グレンチェックコート×白シャツ×黒パンツ

【10】

華やか小物で着くずしたい、スティックパンツとのきれいめな組み合わせ。トラディショナルなゴム引き素材のシングルコートに、細かいグレンチェックが旬のニュアンスを与えて。白シャツ×スティックパンツでマニッシュにまとめつつ、ニットの肩かけやイエローバッグ、サングラスで遊んで。

[Domani12月号 96ページ] コート¥175,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) シャツ¥19,000(BYMITY) パンツ¥19,000(エポカ ザ ショップ丸の内〈イー・エポカ ザ ショップ〉) ニット¥33,000( FUN Inc.〈VONDEL〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ピアス¥12,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥89,000(アオイ〈ティラ マーチ〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉

休日のきれいめカジュアルコーデ

【1】ラズベリーピンクコート×デニム

【1】

ラズベリーピンクのモヘア混コクーンコート。華やぎを添えたカジュアルスタイルに!自然と気持ちも浮き立って!まとった瞬間に、心までエネルギッシュになるのが、濃ゆいピンクがもつパワー! 女っぷりのいいラズベリーピンクのコートは、デニムにさらっとはおるぐらいの気軽な投入がグッドバランス。モヘア混のヘアリー素材が、目にも暖か。

[Domani12月号 58ページ] コート¥120,000(REYC) ニット¥17,000(オンワード樫山〈BEIGE,〉) パンツ¥24,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ストール¥38,500(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ジョンストンズ×ビューティ&ユース〉) ネックレス¥102,000(ロンハーマン〈ソフィー ブハイ〉) バッグ¥33,000(ドレステリア 銀座店〈アーロン〉) 靴¥5,800(Maison de Beige〈CONVERSE〉)

【2】ニットワンピ×タイツ×白スニーカー

【2】

人気復活のニットワンピースとなら“ 楽ちんおしゃれ”が叶って!ジャケットに使われるような薄手のウールで仕立てられ、ゆったりとした身ごろを細めの襟がシャープに見せて。この秋人気復活のタートルニットワンピースにはおるだけで、ゆるっとかわいい着こなしが完成。足元はタイツ×白スニーカーで、カジュアルな抜けを意識。

[Domani12月号 93ページ] コート¥62,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) ワンピース¥59,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉) タイツ¥2,200(アツギ〈エクスエール〉) バッグ¥46,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥38,000(ティースクエア プレスルーム〈ナショナル スタンダード〉)

【3】ベージュトレンチコート×デニム×スニーカー

【3】

雑誌タイアップの立ち会いでロケ撮影に合流。撮影の日は何があるかわからないから動きやすい格好が基本です。「撮影の立ち会いにはスニーカーが十八番。デニムもトレンチをはおればきちんと見えるから、秋って本当にいい季節(笑)。長い着丈と黄みの少ないグレイッシュベージュに惚れたトレンチは、去年ワードローブ入り。ずっと愛するマイベーシックになる予感大です」

[Domani12月号 104ページ] パンツ¥6,990(PLST) コート/リンペルマブルニット¥5,990(PLST)時計/ダニエル・ウェリントン バッグ/L.L.ビーン ストール/マニプリ 靴/コンバース サングラス/セリーヌ

【4】ライダースジャケット×ミニスカート×スニーカー

【4】

ママ友と一緒に親子ショッピング!「好きな色だから、全身黒だって本当は抵抗ないんです。が、子供とのシーンであれば、〝コンバース〟やキャンバストートでカジュアルさをプラスしてヘルシーなテイストに転ばせます。そもそもパンツ派ですが、タイツの季節になればミニスカートだってはいちゃいます!」

[Domani12月号 104ページ] ワンピース/Theory ジャケット/アッパーハイツバッグ/L.L.ビーン靴/コンバース

【5】ロングスカート×スリッパ靴

【6】

アートめぐりをする日は…、ロングスカート&スリッパ靴。アートを見て回る=立ちっぱなし・歩きっぱなし…というのが現実。芸術に触れる場での品格をキープしつつ、この問題をクリアするにはロングスカートに旬のスリッパ靴を合わせるのがベスト。脚さばきよく楽ちんで、たくさん歩いたってつらくない! すまし顔で〝芸術の秋〟を満喫できる。クラシックな揺れスカートに抜け感のある足元が旬バランス。静かな美術館に自然となじむ、しっとりとしたクラシカルな着こなし。ただエレガントなだけで終わらない「今」の空気感は、程よくモードな見た目のスリッパ靴でつくりだして。

[Domani12月号 130ページ] スカート¥38,000(シップス 有楽町店〈エリン〉) 靴[2]¥57,000(Theory luxe〈Robert Clergerie〉) ブラウス¥9,600(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉) 〝KARL DONOGHUE〟のスヌード¥55,000・〝MARIHA〟のリング[人さし指]¥210,000・[中指]¥146,000(ショールーム セッション)バッグ¥16,000(フラッパーズ〈アンカーズ〉)

【6】ウールスカート×スエードスリッパ靴

【7】

ローファー調のスリッパ靴ならちょっぴり真面目顔!ベージュスエードを選べばスリッパ靴もモードすぎないややタイトなウールスカートは、フロントのプリーツデザインで歩きやすさをしっかりとキープ。

[Domani12月号 131ページ] スカート¥38,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) 靴[1]¥26,000(ファビオ ルスコーニ有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉) ニット¥14,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) 帽子¥23,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈SENSI STUDIO〉) リング¥11,000(ADER.bijoux) バッグ¥109,000(アマン〈ザネラート〉)

【7】ニットワンピース×トートバッグ

【8】

トレーニング に行く日は…ニットワンピースくったりトート。目ざすは、帰り道に買い物も行けちゃうような〝街で浮かない〟スポーティ!脱ぎ着しやすく、きちんと感もあるニットワンピースを取り入れるべし。そしてバッグ選びもポイント。ウエアにシューズに…とたくさん荷物が入るビッグサイズでも、くしゃっとコンパクトに持てるラフなトートが今っぽい。ニットワンピース×レギンスでアスレジャー風の装いに挑戦!シルバーの靴や時計など、〝光る〟小物でニットワンピースを都会的に後押し。アスレジャーも難なく着こなせる。

[Domani12月号 134ページ] ワンピース¥28,000(Liesse) バッグ[36×39×17.5]¥42,000(サザビーリーグ〈ステート オブ エスケープ〉) レギンス¥4,000(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) ヘッドフォン¥6,180(URBANEARS お客様相談センター〈アーバンイヤーズ〉) 時計¥30,000(アガット) リング[左手]¥8,000(SILVER SPOON) [右手]¥30,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉)靴¥32,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ペリーコ サニー〉)

デートにおすすめの大人コーデ

【1】ブルーコーデュロイシャツ×ピンクフレアスカート

【1】

後ろ丈が少しだけ長くなったウールフレアは、たっぷりな生地量のすそが揺れ動き、歩く姿にもふとした品が滲み出る。ブルーのコーデュロイシャツとのまろやかな色合わせが、ピンクのやわらかい表情を引き立て、さらに仕上げに黒を加えることで、冬の街に似合うクラシカルな装いが完成する。

[Domani12月号 57ページ] スカート¥32,000(ebure) コート¥79,000(ユナイテッドアローズ 渋谷シンクス店〈マンド〉) シャツ¥28,000(ロンハーマン〈フランク&アイリーン フォー ロンハーマン〉) バングル¥300,000・リング¥100,000(カラットアー) バッグ¥130,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈TOMASINI〉) 靴¥69,000(アマン〈ペリーコ〉)

【2】オーバーサイズピンクコート×袖コンブラウス

【2】

そでコンブラウスをのぞかせ、最旬レイヤードを堪能!オーバーサイズで肩が落ちた旬シルエットを、青みがかったピンクが引き立てて。そでが短めなので、トレンドのそでコンブラウスとも好相性。

[Domani12月号 86ページ] コート¥48,000(フレームワーク 自由が丘店〈ラミ〉) ブラウス¥13,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) スカート¥24,000(エストネーション〈エストネーション〉) グローブ¥9,000(アルアバイル〈ガラ・グローブ〉) バッグ¥54,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) タイツ¥800(アツギ〈アスティーグ〉) 靴¥19,000(エルピーディ〈ルサルカ〉)

【3】深Vニットのルーズシルエットコーデ

【3】

ルーズシルエットと深Vが導く気負いのない女らしさ!体が泳ぐビッグシルエットと深めのVネックで、女っぷりがたちまちUP!

[Domani12月号 111ページ] ニット¥36,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) スカート¥14,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈ブラクトメント〉) 帽子¥29,000(SUPERIOR CLOSET〈FERRUCCIO VECCHI〉) ネックレス¥58,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥38,000(ANAYI)

【4】ライダースジャケット×プリーツスカート

【5】

ロングスカートは存在感のある素材で脱・ほっこり!艶やかだけど軽快な、サテンプリーツスカート。素材もデザインも女度の高いスカート。ゴールドバックルをあしらったスリッパ靴やヘアカーフのミニバッグで辛口モードなマインドをミックスして。

[Domani12月号 131ページ] スカート¥29,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) 靴[1.5]¥56,000(エストネーション〈ネウス〉) ブルゾン¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ブラウス¥20,000(ハウント代官山〈ハウント〉) ピアス¥1,900(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥32,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈メゾン ボワネ〉)

【5】ワンピース×ヘアアクセ×柄トートバッグ

【6】

つかず離れずのゆるワンピースが気負わないラフな女らしさを生む!シンプルな装いは、休日ならではのヘアアクセと柄バッグでアクティブに勢いづけて。しなやかな一枚革のトートは、収納力抜群なのにコンパクト。見た目も実際も軽いのがうれしい!

[Domani12月号 135ページ] ワンピース¥20,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉) バッグ[39×27.5×13]¥15,000(ル タロン有楽町店〈マルロン〉) ヘアバンド¥26,000(GALERIE VIE 丸の内店〈MUHLBAUER〉) ピアス¥12,000(SILVER SPOON) 靴下¥1,200(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) 靴¥49,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)

【6】ベージュトレンチコート×ニット×膝丈スカート

【7】

GOUT COMMUNの着流しトレンチ。トレンチコートをデフォルメし、今どきに仕上げた圧縮ジャージーの着流しコート。さっと着流しても、ベルトマークしても、サマになる一着です。さらりとはおった着流しコートの抜け感できれいめ通勤スタイルがグンと今どきニュアンスに。一枚仕立ての軽い素材感、切りっぱなしに仕上げたヘムなど、ただのきれいめトレンチでは表現できないラフなムードが持ち味。どんな着こなしにはおっても古く見せない長め丈を、両サイドの深いスリットで取り入れやすくアレンジ。ゆったりとしたつくりなので、インに着るものを選ばず、長いシーズン活用できるのもうれしいポイント。ニット×ひざ丈スカートのベーシックな装いに、すそ揺れコートでスタイリッシュさを加味。靴やバッグで締めてメリハリも意識。

[Domani12月号 169ページ] コート¥32,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) バッグ¥37,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) ニット¥12,000(TONAL) スカート¥13,000(ROPÉ) ピアス¥7,000・時計¥18,000(Jouete) ネックレス¥25,000(ココシュニック) 靴¥23,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈マリアン〉) タイツ[Domaniオリジナルカラー/2足組]¥2,000(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉

ユニクロ・無印コーデ

【1】無印良品のニット

【1】

大人のかわいげ香るコクーンシルエットをスティックパンツで際立たせて!表面に起毛感があり、もこもことした雰囲気のウールコート。丸いシルエットでかわいく見られがちな印象を、センタープレス入りのパンツを合わせて知的顔に。

[Domani12月号 79ページ] コート¥37,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) ニット[11月上旬発売]¥4,621(無印良品 池袋西武〈無印良品〉) パンツ¥30,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈インコテックス〉) サングラス¥36,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥46,000デミルクス ビームス 新宿〈ポティオール〉) 靴¥22,963(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【2】ユニクロのアウター

【2】

ビッグサイズのメンズコートだって、気負わず着こなすのが大人の余裕。シンプルなアイテムをカーキ、グレー、ネイビーといった渋色トリコロールで着こなすという、〝ツウ〟なコーディネート。白小物の抜け感が、全体を絶妙に女らしく。

[Domani12月号 81ページ] アウター[一部店舗限定/11月上旬発売]¥9,990(UNIQLO〈ユニクロ ユー〉) ニット¥18,000(アンタイトル) パンツ¥23,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) サングラス¥40,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ×ザ ロウ〉) イヤリング¥5,980・バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥30,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) 靴¥42,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【3】無印良品のコスパニット

【3】

無印良品のコスパニット。汚れを気にせず、ガンガン着られるのがコスパニットのよさ。最近では家で洗えるものも多く、働く女にとって強い味方に。シンプルなデザイン&シックな色味が、高見えの基本です。ニットはタートル部分のみコットン×ポリエステルで、チクチクしにくい肌触りを可能に(身ごろはメリノウール)。肌が敏感でタートルニットを敬遠していた人にとっても、うれしい一枚。洗濯機で手軽に洗えるのも働く女にとっては重要ポイント。これだけいいことずくめで¥5,000以下なんて、さすが〝無印良品〟!

[Domani12月号 108ページ] ニット[11月上旬発売]¥4,621(無印良品 池袋西武〈無印良品〉) スカート[共布ベルト付き]¥19,000(Liesse) ピアス¥25,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉) バッグ¥34,000(エストネーション〈イアクッチ〉)

【4】ユニクロのVネックニット

【4】

UNIQLO大ヒットシリーズのVネックニットはやっぱり優秀!毎年人気の「エクストラファインメリノウール」シリーズ。きめ細やかな肌触りでリッチに見えると評判。浅すぎず深すぎずの絶妙なVネックも、デイリー使いにぴったり。このネイビーのほか、ブラック、ホワイト、グレーなど計11色展開。

[Domani12月号 111ページ] ニット¥2,990(UNIQLO) パンツ¥32,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈インコテックス〉) バッグ¥350,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉)


Read Moreおすすめの関連記事