春夏こそ黒!おしゃれ賢人が選ぶ【ブラック名品】8選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONおすすめワードローブ

2020.05.12

春夏こそ黒!おしゃれ賢人が選ぶ【ブラック名品】8選

おしゃれな人がうまく着こなすブラックアイテムの選び方とは?かわいいワーママ代表、川人未帆さんのお気に入り8選を紹介します!

シンプルか極甘か~川人未帆さんの溺愛ブラック8~

「ドラマティックな黒が好き、夏こそ黒を活用します」という黒の達人・川人未帆さん。お出かけ気分のときの黒、ご近所で自分が落ち着くための黒など、お気に入りの黒アイテムを8枚紹介していただきました。

 

1:金ボタンと胸元刺しゅうで脱地味
SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO 胸元刺しゅうの黒カーデ

「コンサバになりすぎる気がして、実はあまり得意じゃないカーディガン。これは身幅にゆとりがあり、いい具合に抜けるデザインがポイントです。胸元のミツバチ刺しゅうで黒を地味に見せないところも好き」

カーディガン/SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO

2:光沢素材でお出かけできる優秀黒T
ESTNATION 黒のシンプルTシャツ

ほのかな光沢のあるジャストサイズの黒T。「なで肩で胸もある私の体に旬のビッグTは似合わない。だから古く見えない細身のTシャツにはこだわります。きれいめな素材感だから、お出かけにも対応する一枚」

Tシャツ/エストネーション

3:一点投入で一気に華やぐ主役トップス
SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO 黒のラッフルニット

ハイネックニットにタフタをあしらった華やぎトップス。「夏に着るニットが好き。大胆なラッフルも黒だと甘さにモード感が加わる気がします。二の腕を隠してくれるところも安心です」

ニット/SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO

4:私の体にぴったり合う黒の名脇役
YANÜK 黒デニム

スキニーよりも腰や太ももにゆとりのあるテーパードフォルム。「ここ1年ほどヘビロテしている黒デニム。〝ヤヌーク〟は体に合うので信頼しているブランド。インパクトのあるトップスを、このパンツがいい具合にまとめてくれます」

パンツ/ヤヌーク

5:主役を張れる絵になる黒チノパン
SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO きれいめ黒チノ

ウエストとヒップポケットのパールボタンがアクセント。「カジュアルなチノ素材でつくったきれいめパンツ。これ一本でドレスアップが叶う、頼れる主役ボトムです」

パンツ/SEVEN TEN by MIHO KA WAHITO

6:手持ち服の鮮度を上げるAラインが◎
MADISONBLUE 黒のAラインスカート

「今年買い足した黒スカートです。ギャザーやタックのふんわりシルエットは古く見える気がして、タイトな腰回りのAラインをチョイス。甘いトップスを今っぽい空気感に仕上げてくれます。イレギュラーなヘムの感じも好き」

スカート/ マディソンブルー

7:すそのレースが夏らしい涼しげな黒
SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO マキシ丈黒ワンピ

「生地をたっぷり使った黒ワンピですが、すそをレースにすることで、重たく見 えない工夫が。床すれすれまでのマキシ丈だから、むしろカジュアルにも転ばせやすいんです」

ワンピース/SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO

8:褪せた黒でこなれ見えするハズしボトム
YANÜK  黒サロペット

「ちょっとやんちゃなアイテムだからこそ、黒であることが重要。子どもっぽくならず、手持ちのワードローブになじみます。真っ黒ではなくちょっと褪せた色出しなところも、こなれた印象に着こなせる大事なポイント」

サロペット/ヤヌーク

デザイナー兼ディレクター

川人未帆

大学卒業後、アパレルブランドのPRなどで活躍。結婚を機にテキサスにわたり、帰国後の2017年に立ち上げたファッションブランド〝SEVEN TEN by MIHO KAWAHITO〟のデザイナー兼ディレクター。1歳女児の母。インスタグラム@miho0319kawahitoが人気。

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物)、坂根綾子(静物) 構成/西道倫子 再構成/Web Domani編集部

●この特集で使用したアイテムはすべて私物です。現在取り扱いのないものもありますのでご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事