2018年、デキる40代女子は紺ジャケでいく!着回し7選 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION瞬間風速的!大注目アイテム

2018.01.05

2018年、デキる40代女子は紺ジャケでいく!着回し7選

ジャケットがとびきり豊富な今シーズンの中でも、Domani世代に特におすすめ! 「ネイビーの金ボタンジャケット」を予定や天気や気分…、〝その日に優先させたいこと〟に合わせて着回します。

Tags:

旬ジャケットが、ベーシックを予定調和で終わらせない!

イタリアの老舗テキスタイルブランド〝CANONICO〟のサキソニー(優良メリノウールを使った織物)を採用。深みのあるネイビーも大人向き。身ごろの裏地はテラコッタ、そでの裏地は白×ブルーのストライプというこだわりも、女心をくすぐる。ジャケット+シャツ+カーディガン+九分丈パンツという超スタンダードな組み合わせも、ネイビーの金ボタンジャケットならたちまち鮮度がアップ。通勤に必要なきちんと感はキープしつつ、洒脱なコーディネートが完成する。

ジャケット¥47,000(アルアバイル) シャツ¥18,000(ボウルズ〈ハイク〉) カーディガン¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) パンツ¥29,500(アンタイトル エッセンシャルクルー) 時計¥245,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉) バッグ¥283,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥73,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

即、おしゃれ上級者に見えるネイビーのワントーン

(写真左)インディゴデニムをネイビーのスラックス気分できれいめに。全身をネイビーのワントーンでまとめると、メンズ的なツウっぽさが香る。ジャケットの金ボタン、ちらりとのぞく白シャツの襟、ニットのそで口&バッグのボルドー…、さりげないメリハリを。ジャケット¥47,000(アルアバイル) ニット¥33,000(beautiful people 青山店〈beautiful people〉) シャツ¥36,000(シップス 有楽町店〈サルヴァトーレピッコロ〉) パンツ¥29,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) メガネ¥60,000(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉) ベルト¥28,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈メゾンボワネ〉) 時計¥43,000(アガット) バッグ¥9,000(NOJESS) 靴¥20,000(ANAYI)

ジャケットのまとい方や小物ワザでアクティブさを盛って

(写真中央)ライトグレーのふんわりニット×白パンツというさわやかな装いに、肩掛けネイビージャケットでノーブルなかっこよさを。ジャケット¥47,000(アルアバイル) ニット¥33,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) パンツ¥9,990(ドゥクラッセ) ピアス¥4,500・バッグに付けたスカーフ¥3,500(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈ロウズ シングス〉) メガネ¥34,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ[小]¥129,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) [大]¥148,000(八木通商〈ジェローム ドレフュス〉) 時計¥28,000(H.P.FRANCE〈INDUNA〉) 靴¥25,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈ファビオ ルスコーニ〉)

トレンドカラーでつくる、チアフルなジャケットスタイル

(写真右)マスタードイエロー、リブ編み、長めのタイトシルエット…、とトレンド感満載のスカートでネイビージャケットをキャッチーにアレンジ。さらにボーダーのリブニットを合わせて〝ニットアップ風〟に。ジャケット¥47,000(アルアバイル) ニット¥14,800(シップス プライマリーネイビーレーベル) スカート¥34,000(エストネーション〈オーラリー〉) ストール¥38,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) ネックレス¥28,000(アングローバルショップ 表参道〈アデル〉) バッグ¥160,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉) タイツ¥800(アツギ〈アスティーグ〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

冬小物でアレンジ自在なのも、ジャケットの醍醐味

(写真左)上質なウールジャケットなら、寒さが厳しくても工夫しだいで活躍!厚手のニットを中に着込んだり、カシミアストールをダブルで首にぐるぐる巻いたり…。コートよりコンパクトでバランスが取りやすい分、ボリューミーな小物使いが映える。さらに、コーデュロイのワイドパンツであったかさと旬度を上げて。ぬくもりのある素材の中で、金ボタンがいいスパイス役に。ジャケット¥47,000(アルアバイル) パンツ¥24,000(ハリス代官山店〈ハリス グレース〉) ストール各¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) 〝カリデイ〟のグローブ¥9,200・〝バルダン〟のバッグ¥55,000(シップス 有楽町店) 靴¥72,000(アマン〈ペリーコ〉)

〝攻めのマインド〟で仕上げる、きちんとスタイルが新鮮!

(写真中央)キャリアを積んだDomani世代、そろそろ今年こそ、ワンランク上の〝きちんと〟をものにしたい。Vネックブラウスでデコルテを見せたら、ピンクパープルのパンツで強さと今っぽさを。さらに金ボタンジャケットやヒョウ柄バッグで、一歩攻めたジャケパンスタイルに。ジャケット¥47,000(アルアバイル) ブラウス¥15,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) パンツ¥17,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) ネックレス¥29,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈シャーロット レベック〉) 〝アルポ〟のグローブ[参考価格]¥22,000・〝ザネラート〟のバッグ¥85,000(アマン) 靴¥42,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ジャンナ メリアーニ〉)

〝かっこよくて女らしい〟は、金ボタンジャケットで叶う

(写真右)新年早々、仕事相手と初対面の場面。「仕事ができそう」なきちんと感とやわらかな女らしさ、やっぱり両方外せないもの。ボウタイブラウスのスモーキーピンク、タイトスカートのピンクベージュ、スエードパンプスのドライなベージュをグラデーションでつなげたら、ネイビーの金ボタンジャケットできりっと引き締めて。ただ甘いだけではない、さばけた女らしさが手に入る。ジャケット¥47,000(アルアバイル) ブラウス¥19,000(ANAYI) スカート¥38,000(REYC) バングル¥210,000(ベルシオラ) 手に持ったストール¥43,000(edit&co.) バッグ¥40,000(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉

Domani12月号 この冬、ぎりぎりまでジャケットでいく! より
本誌撮影時スタッフ:撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/シバタロウ(P-cott) モデル/蛯原友里(本誌専属)、渡辺佳子 構成/今村紗代子


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事