今さらですが、手に職がありません【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.07.23

手に職がなくて将来不安です、どうしたらいい?【働く女性の質問箱】

将来の不安要素としてあげられる「手に職がない」。これに対しての対策を、カウンセラーがアドバイス。

Tags:

Q:長く仕事はしてきたけれど、手に職がなく将来が不安です

答える人/吉野 麻衣子(心理カウンセラー)

A:やってきたことを振り返り、新たな強みをつくりましょう

今からできるのは、足りない部分を新たに学び、これまでの経験と掛け合わせた、オリジナルの強みをつくることです。

まずは自分の過去の経験の棚卸しを。手に職がないといっても、長く働いてきた経験から、何かしら身に着けたことはあるはずです。資格やスキルばかりでなく、後輩の面倒見がいいとか、会議の進行が上手にできるとか…。さらに、どんな成果を残してきたかを定量的に書き出してみましょう。すべて書いたら、自分の得意なことが見えてくるはずです。

それが生かせる仕事、もしくはプラスαで新しいことを組み合わせた時にできそうな仕事を考えてみましょう。今は新しい部分が未経験でもOK。足りないことがわかっていれば、学んで補えばいいのですから。

例えば、相談に乗るのが得意だとわかったら、カウンセラーやケースワーカーについて学んでみるのもいいでしょう。人の面倒見がいいのであれば、そこに介護の資格をとってホームヘルパーなどの道もあります。経理をやってきたのなら、さらに経営を学んで経営企画へステップアップの道もあります。

自分のやってきた経験が全く活きないことはありません。大事なのは、それを整理して客観的に見直し、不足を補おうという前向きな姿勢。私自身のことでいえば、経理、経営の資格をもっていたところに、カウンセラーの資格を追加し、オンラインを掛け合わせた最新の結婚相談所を開業しました。

写真/Shutterstock.com

心理カウンセラー

吉野 麻衣子(よしの まいこ)

「SMART BRIDAL」代表/婚活心理カウンセラー、モデル/「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた戦略的婚活の可能な結婚相談所を経営。
43歳で14歳年下男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導するかたわら、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、女性の婚活を支援中。
サイト:https://peraichi.com/landing_pages/view/smartbridal/
年下エリートモテ男子との愛され婚をした秘訣ブログ:https://ameblo.jp/smartbridalmaiko/

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事