Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.02.28

黒スカートコーデ21選【2018春】| 30代40代着こなし術

春に役立つ黒スカートの最新着こなし術をご紹介。タイトスカート・フレアスカートや、トップス・タイツコーデを大特集!長さ別(ひざ丈・ロング)のコーデもまとめました。

Tags:

【目次】
黒タイトスカートの着こなし
黒フレアスカートの着こなし
ひざ丈黒スカートの着こなし
ロング丈黒スカートの着こなし
黒スカートのタイツコーデ
黒スカートとトップスの着こなし

黒タイトスカートの着こなし

【1】黒ニット×黒タイトスカートのオフィスコーデ

【1】黒ニット×黒タイトスカートのオフィスコーデ

リラックス感のある黒の装いをショールカラーで華やかに。エレガントなダウンコートの下は、エフォートレスな雰囲気のニットのセットアップ。テイストのギャップを前向きに取り入れるのがDomani世代のおしゃれ。軽やかな薄手のダウンはオールジャパンメイドという、大人のための逸品。

[Domani12月号 81ページ] コート¥79,000(アンタイトル エッセンシャルクルー) ニット¥28,000(ボウルズ〈ハイク〉) スカート¥20,000(ショールーム セッション〈ADAWAS〉) イヤリング¥9,000(L’AVENTURE martinique〈ドミニク ドゥネーブ〉) バッグ¥39,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈ブラナ ラブ〉) 靴¥47,000(アルアバイル〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】黒タートルネックニット×黒タイトスカート

【2】黒タートルネックニット×黒タイトスカート

ほんのりと肌が透けるメッシュスカート抜け感のあるオールブラックが完成。ワントーンスタイルに重宝するメッシュスカート。目が細かいので透けすぎる心配なし。こうして素材で遊ぶのも、今季のスカート選びの楽しみのひとつ。

[Domani1月号 84ページ] スカート¥24,000(styling/ 新宿ルミネ1店〈kei shirahata〉) ジャケット¥39,000(JET ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ニューヨーク〉) ニット¥26,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) メガネ¥27,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈モスコット〉) ピアス¥9,500(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈シーウォージー〉) リング¥3,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈a.v.マックス〉) バッグ¥159,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥18,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉)

【3】シャツ×レースの黒タイトスカート

【3】シャツ×レースの黒タイトスカート

「レース素材のタイトスカートも、ビターブラウン色のダウンと合わせると、甘くなりすぎず大人っぽい印象に仕上がります。ファー付きバッグで着こなしに軽やかさを取り入れました」

[Domani2月号 90ページ] 町田美恵さんのコーディネート

【4】白スニーカー×黒タイトスカート

【4】白スニーカー×黒タイトスカート

白スニーカーは CONVERSEと adidas 人気が健在。スニーカーブームは継続中。新顔も登場しているものの、ふたつのブランドがやっぱり人気。周りと差をつけるため限定モデルを選ぶなど、細部のデザインにこだわるという人も。「紐を通すハトメ部分がゴールドになった100周年限定モデルの『オールスター』は、絶妙なカジュアル加減で、モノトーンの着こなしの外しにもひと役」

[Domani2月号 94ページ] 西田裕美さんのコーディネート

黒フレアスカートの着こなし

【1】ボーダートップス×黒のフレアスカート

【1】ボーダートップス×黒のフレアスカート

〝エルヴィ〟のミニサイズバージョンの〝チヴィ〟は、ひざの上にちょこんと乗るような、コンパクトさが使いやすい。こちらもストラップのありなしで持ち方を変えられたり、仕分けポケットが充実していたりと、優れた機能性が自慢です。優しいオフホワイトが、品のいいチャーミングさを引き出してくれるデイリーな必需品がすんなりと収まる適度な大きさ。使っていくほどにシュリンクレザーの風合いが増していき、自分らしい〝味〟になるのも楽しい。ダークめ配色が増える冬こそ、さわやかな白バッグで着こなしにリズムをつけたい。

[Domani12月号 179ページ] バッグ『チヴィ』[H15×W32×D7]¥35,000(スタジオアタオ〈アタオ〉) ニット¥36,000(edit & co〈. ユリ・パーク カポ・コンプレート〉) スカート¥15,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ハウント〉) バングル¥15,000(Jouete)靴¥15,500(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉)

【2】黒ニット×黒フレアスカートのドレスコーデ

【2】黒ニット×黒フレアスカートのドレスコーデ

黒のセットアップでDress Up!PINK, PINK!ポイント使いのピンクでチャーミングな表情を演出。今や、ワンピース人気を凌駕する勢いのニットアップ。立体感のあるフォルムを選べば、黒でも堅苦しくなく、愛らしい雰囲気で着こなせる。鮮やかなピンクの小物をところどころに散りばめ、キャッチーに着こなしをまとめて。

[Domani12月号 49ページ] ニット¥9,800・スカート¥13,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) ファーストール¥42,000(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉) グローブ¥30,000(ドゥロワー 丸の内店〈ラヴァーブル カデ〉) サングラス¥29,000(バーバリー アイウェア〈バーバリー〉) ピアス[イエローゴールド×ホワイトマザーオブパール]¥1,160,000・ブレスレット[イエローゴールド]¥720,000(ブシュロン カスタマーサービス〈ブシュロン〉) バッグ¥233,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉) 靴¥96,000(JIMMY CHOO)

【3】カーディガン×ボーダートップス×黒フレアスカート

【3】カーディガン×ボーダートップス×黒フレアスカート

〝無印良品〟のボーダーカットソーは約¥2,990。1~2サイズ上げてゆったり着るのが好みです。

[Domani2月号 50ページ] 松崎のぞみさんのコーディネート CUT&SEWN,TIGHTS : MUJI CARDIGAN : ADAM ET ROPE SKIRT : HAUNT STOLE : Traditional Weatherwear SHOES : FABIO RUSCONI

ひざ丈黒スカートの着こなし

【1】ブラウス×ひざ丈の黒スカート

【1】ブラウス×ひざ丈の黒スカート

胸元のゴールドがアクセがわりのキラキラ感に。光沢ブラックのふんわりスカートでクラシカルなお出かけスタイルにワンピースを着るドレスアップより、知性を感じる上下セパレートの着こなし。

[Domani1月号 167ページ] ブラウス¥12,000(TONAL) スカート¥73,000(デザインワークスコンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) 〝MAISON BOINET〟のベルト¥13,000・〝NEBULONI E.〟の靴¥43,000(プルミエ アロンディスモン) イヤリング¥6,000(アビステ) バングル¥29,000(フラッパーズ〈アロン〉) ストール¥27,000(BOSCH〈B ability〉) バッグ¥37,000(ショールーム セッション〈AGACIC〉)

【2】イエローのトップス×レースのひざ丈スカート

【2】イエローのトップス×レースのひざ丈スカート

旬のベロアは積極活用。艶強め・色はおさえめを選ぶ。大流行中のベロアはオケージョンにももってこい。毛足の短いマットなものは老けて見えがちだから、毛足長めの光沢が強いタイプを選んで。その分カラーは控えめに。マニッシュな色で素材とのバランスをとってレースのタイトスカートを合わせて、異素材ミックス。鈍く光る落ち着いたイエローにブラックという切れ味のいい配色が、素材の女らしさを引き立てて。

[Domani1月号 123ページ] トップス¥63,000(ドレステリア 銀座店〈クリエイターズ オブ コンフォート〉) スカート¥25,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ピアス¥39,000(H.P.FRANCE〈WOUTERS&HENDRIX〉) リング¥100,000(エナソルーナ神宮前本店〈エナソルーナ〉) バッグ¥43,000(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥59,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【3】カーディガン×ひざ丈の黒スカート

【3】カーディガン×ひざ丈の黒スカート

時計の白ベルトが手元をパッと明るく!小物だけ白、の上品なモノトーンスタイル。ネックレスや時計など、直接触れるものが白いと、肌をキレイに見せてくれる効果も。アラフォーにはうれしい副産物。

[Domani1月号 115ページ] カーディガン¥24,000(八木通商〈ルトロワ〉) スカート[ベルト付き]¥19,000(TIARA) サングラス¥40,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ×ザ ロウ〉) ネックレス[2連セット価格]¥34,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈コンチー〉) 時計¥340,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥32,000(オルサ〈オルセット〉) タイツ¥6,000(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

ロング丈黒スカートの着こなし

【1】ライダースジャケット×ロング丈の黒スカート

【1】ライダースジャケット×ロング丈の黒スカート

気が置けない女友達とちょっと遠くへドライブ。辛口な黒×紺でまとめ芯の強さを際立たせると大人の色気が引き出されて硬質な黒ライダースをネイビーの色調でたおやかに女らしく。

[Domani1月号 94ページ] ブルゾン¥90,000(beautiful people 青山店〈beautiful people〉) ニット¥20,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) スカート¥19,000(L’AVENTURE martinique) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 〝イリスフォーセブン〟のイヤリング¥12,000・〝フィリップ オーディベール〟のリング¥8,000(デミルクス ビームス 新宿) バングル¥36,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) バッグ¥78,000(CPR TOKYO〈レフラー ランダル〉) 靴下¥1,000(福助) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【2】ベージュのコート×ロング丈の黒スカート

【2】ベージュのコート×ロング丈の黒スカート

〝Theory〟の赤い色のミニバッグを差し色に!「〝ガリャルダガランテ〟のディープなカーキ色のストールをボリューミーに巻き、目線を上に集めてスタイルアップを目ざしました。冬のアップヘアのときは〝エリザベスアンドジェームズ〟のループデザインのピアスを取り入れて、顔回りの華やかさとすっきり感を意識しています!」

[Domani2月号 88ページ] 根岸芙美子さんのコーディネート

黒スカートのタイツコーデ

【1】黒のタイトスカート×黒タイツ

【1】黒のタイトスカート×黒タイツ

紺ジャケットも、チェックコートとなら程よくくだけて。ブランケットのような素材感で、切りっぱなしのすそが程よくカジュアル。端正な紺ジャケットも、チェック柄コートとロングタイトの相乗効果でラフな印象に。

[Domani12月号 97ページ] コート¥69,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ジャケット¥74,000(ブルックス ブラザーズ ジャパン〈ブルックス ブラザーズ〉) ニット¥7,315(バナナ・リパブリック) スカート¥18,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) タイツ¥800(アツギ〈アスティーグ〉) 靴¥115,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

【2】黒スカート×黒タイツのオフィスコーデ

【2】黒スカート×黒タイツのオフィスコーデ

クラシカルなジャケットスタイルをゆるめコートが包み込む、新感覚のレイヤード。巻いても垂らしてもサマになるそで口のリボンベルトが、ほかにないデザインのウールコート。品よいタイトスカートでモードなコートを〝粋すぎない〟おしゃれに引き戻して。ゆったりシルエットだからこそできる、ジャケットとのレイヤードは着こなしがマンネリ化する冬にぜひTRYしたい。

[Domani12月号 78ページ] コート¥118,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈エアロン〉) ジャケット¥72,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) ニット¥32,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) スカート¥20,000(エストネーション〈エストネーション〉) ネックレス¥2,840(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) タイツ¥1,000(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) バッグ¥74,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥24,000(ダイアナ 原宿店〈ダイアナ ロマーシュ〉)

【3】黒ロングスカート×黒タイツのカジュアルコーデ

【3】黒ロングスカート×黒タイツのカジュアルコーデ

レオパード柄スニーカーでモノトーンに辛めのスパイスを。たっぷりとしたボリュームスカートにオーバーサイズコートの〝ゆる×ゆる〟バランスが新鮮。シンプルなモノトーンスタイルなので、足元はヘアカーフ素材のレオパード柄スニーカーで、ガツンとインパクトをオン。

[Domani1月号 88ページ] 靴¥25,000(アディダスグループお客様窓口〈アディダス オリジナルス フォー ビューティアンドユース〉) スカート¥46,000・プルオーバー¥21,000(ebure) コート¥160,000(ノーブル ルミネ新宿店〈アルマ ローサ〉) バッグ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) タイツ/私物

【4】ピンクの靴×黒プリーツスカート×黒タイツ

【4】ピンクの靴×黒プリーツスカート×黒タイツ

もう、ジャケットはダブル一択!メンズライクなジャケットが〝懐の深い〟いい女を演出。ダブルボタン、程よくふくらみのあるショルダー、長め丈、深いネイビー…。今っぽさを凝縮したジャケットは、さらりと肩かけしただけでさまになる。プリーツスカートで、あえてフェミニンにまとめると新鮮。

[Domani1月号 54ページ] ジャケット¥41,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) ニット¥30,000(エストネーション〈ユマ エストネーション〉) スカート¥36,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉) バッグ¥134,000・靴¥67,000(JIMMY CHOO) タイツ¥1,200(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉)

【5】黒のフレアスカート×黒タイツ

【5】黒のフレアスカート×黒タイツ

モノトーンならボーダーも程よく軽やか。清潔感のあるボーダーで大人マリンを気どって。つるんとした黒のフレアスカートに合わせたのは、ボーダーニット。きれいめでありながら、どこか力の抜けた佇まいが手に入る。全体をモノトーンで抑えると、ラフすぎずにまとまる。

[Domani1月号 117ページ] ニット¥11,000(メゾン イエナ〈イエナ〉) スカート¥54,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈プロタゴニスト〉) ピアス¥1,350・ブレスレット¥6,150(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥68,000(ドレステリア 名古屋店〈エバゴス〉) タイツ¥4,500(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 靴¥19,000(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店〈BOEMOS〉)

黒スカートとトップスの着こなし

【1】花柄スカート×白Vネックカーディガン

【1】花柄スカート×白Vネックカーディガン

上品さと大胆さを併せもつドラマティックな白×黒の花柄スカートで、おしゃれの発想を巡らせながら銀座へショッピングに出かけよう。銀座にお出かけだから、ラフすぎずきちんと感もあるスタイルが大人の選択。休日ならではのカゴバッグやショートブーツで、モノトーン配色にパリジェンヌな気分を演出して。

[Domani1月号 99ページ] コート¥110,000(beautiful people 青山店〈beautiful people〉) カーディガン¥14,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) スカート¥39,000(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) リング¥23,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バッグ¥25,000(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉) 靴¥59,000(デミルクス ビームス 新宿〈バルダン〉)

【2】黒スカート×ボーダーニットのオフィスコーデ

【2】黒スカート×ボーダーニットのオフィスコーデ

プレスルームでサンプルのお貸し出し。立ちっぱなしでなかなかハード。でも、スタイリストのみなさんからパワーをもらえる大好きな時間。「定番中の定番であるボーダーは、辛口に仕上がる白×黒が私の定番。この時季ならニット素材を選ぶことも多いです。基本はパンツ派ですが、黒でロング丈なら自分らしく着られる! と活用しているのが、イレギュラーヘムのマキシプリーツ。モードっぽさがあるのでボーダーを合わせてもスタイリッシュに着こなせます。広いプレスルームは一日動き回るとかなりの運動量! ベルベットのぺたんこ靴で、おしゃれにかわいく対策を講じて(笑)」

[Domani12月号 100ページ] 〝アルモー リュクス〟のニット¥16,000・〝PLST〟の靴¥8,990(PLST) スカート/Theory

【3】黒チュールスカート×黒ニット

【3】黒チュールスカート×黒ニット

黒のスカートでDress Up!オンナの夢が詰まってるチュールスカートをあえて気負わず着こなして。特別な日だから許される、ドラマティックなチュールのレイヤースカート。ランダムなすその軽やかさに寄せて、合わせたのはジャケットでもなくブラウスでもなく、温かみのあるクルーネックニット。ドレスアップだからといってがんばりすぎない、普段着の延長としてまとう華やぎは、たとえば仕事仲間で集うディナーに。

[Domani12月号 47ページ] スカート¥44,000(アパルトモン 青山店〈コンスタンス シー〉) ベルト付きニット¥19,000(Liesse) ピアス[イエローゴールド]¥355,000・リング[指先側から/イエローゴールド]¥163,000・¥106,000・ブレスレット[イエローゴールド]¥850,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉) バッグ¥115,000・靴[銀座店限定]¥230,000(JIMMY CHOO)

【4】黒スカート×ファーベスト×タートルネックニット

【4】黒スカート×ファーベスト×タートルネックニット

ファーベストをINに着てキレのある女らしさを。無地より断然、柄コート。チェック柄だからこそエッジーなファーベストが浮かずに程よいインパクト。INは引きしめ力の高い黒のI ラインですっきりと。

[Domani2月号 105ページ] コート¥89,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ベスト[ベルト付き]¥66,000(エストネーション〈エストネーション〉) ニット¥20,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) スカート¥28,000(ebure) ピアス¥22,000(NOJESS) 〝アロン〟のバングル¥13,000・〝メゾン ヴァンサン〟のバッグ¥21,000(フラッパーズ)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事