ひとり1枚は常識!?〝黒ジャケ〟今年買うならどれにする?【働く大人の着るべき春アウター】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONおすすめワードローブ

2021.04.22

ひとり1枚は常識!?〝黒ジャケ〟今年買うならどれにする?【働く大人の着るべき春アウター】

アラフォー女性に寄り添う春アウターをピックアップ!第4弾は、ワーママの日常に欠かせない「黒ジャケット」。定番コーデのおしゃれにちょっと差がつく、こだわりのディティールが効いたデザインをスタイル別にお届けします!

Tags:

ワーママ最強の味方「黒ジャケット」。こなれて見えるのはどんなデザイン?

オフィスやオケージョンシーン、休日など、幅広いシーンで〝きちんと見え〟を実現してくれる「黒ジャケット」。いつでも頼れる定番アイテムだからこそ、他とはちょっと差をつけたいところ。辛口派にベストなデザインは?甘口派のおすすめは?カジュアル派が着こなしやすいのは…? 今年選ぶべき「黒ジャケット」をテイスト別にピックアップしました!

【辛口派には…】はおるだけで旬顔!〝Chaos〟のダブルジャケット

毎シーズン問い合わせが殺到するダブルジャケットは、こちらのブランドの超名品。ファッション業界人からの信頼も厚く、メンズライクながら女性らしさを留めたシルエット、アウター感覚ではおれる長めの丈、上質な生地など、こだわりをギュッと詰め込んだディティールはまさにトレンド最先端!

ジャケットの存在感を堪能すべく、白T×ボーイフレンドデニム×ダブルジャケットの男前な組み合わせに、ベージュの小物で女らしさをプラスして。

ジャケット¥92,400(カオス表参道〈カオス〉) 〝ADAWAS〟のTシャツ¥13,200・〝SERGE de bleu〟のパンツ¥26,180(ショールーム セッション) バッグ¥53,900(アマン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥51,700(アルアバイル〈ネブローニ〉) ピアス¥77,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) 

ほのかに女性らしさが香るメンズ未満のディティール

袖を通すだけでハンサムな装いに傾くビジュアルでありながら、高い腰位置で少しシェイプされたウエスト、ゆるすぎない肩まわりなど、絶妙なバランスで女性らしさを残したデザインが名品と言われる人気の〝カギ〟。生地と同色の悪目立ちしないボタンも上品。

【甘口派には…】パールボタンがアクセント♡〝ルル・ウィルビー〟のとろみジャケット

無駄のないシンプルなシルエットに際立つ、フロントと袖口のパールボタンが大人かわいいジャケット。とろっとツヤ感のある生地がフォーマルなシーンにも映えて、カジュアルなデニムスタイルもどことなくフェミニンなムードに。ひっつめヘアに顔まわりが華やぐアクセサリーを足せば、品格のあるヘルシーな休日スタイルが完成!

ジャケット¥46,200(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) 〝ADAWAS〟のTシャツ¥13,200・〝SERGE de bleu〟のパンツ¥26,180(ショールーム セッション) バッグ¥57,200(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ) ピアス¥77,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)

セレモニーやオケージョンに投入しやすい高見え素材

テカリのない品のあるツヤ感、落ち感のあるとろみ素材は、ハレの日服やドレッシーなアイテムにも好相性。かっちりめのダブルジャケットなら、無難とは一線を画する洗練感のあるスタイルに。

【カジュアル派には…】まるでシャツ感覚!〝アンデコレイテッド〟のオーバーサイズジャケット

肩幅も身幅もゆったりとしたセミダブルのオーバーサイズがこなれ感たっぷり!ジャケットの堅苦しさがなく、シャツのようにさらっとはおれるリラクシーな素材が、重たく見えがちな〝黒ジャケスタイル〟を軽快に見せてくれる。大人っぽさをキープするなら、小物はシックなモノトーンまとめが正解。

ジャケット¥58,300(アンデコレイテッド) 〝ADAWAS〟のTシャツ¥13,200・〝SERGE de bleu〟のパンツ¥26,180(ショールーム セッション) バッグ¥52,800(アルファ PR〈アエタ〉) 靴¥95,700(エストネーション〈ネウス〉)

とにかくラクちん!なのにきちんと見えする程よいルーズ感

大人カジュアルにマストなきちんと感と、シャツライクな軽快さが両立する絶妙なバランス。ざっくりはおれるルーズなシルエットが日常使いしやすい上、上半身の華奢見せにも効果的。スニーカーあわせの気負いないスタイルにも無理なくなじんでくれる。

いざという時頼れる「黒ジャケ」はワーママのお守りアイテム

昔買った黒ジャケットがなんだかしっくりこない…。なんていうワーママは、この春デザインのアップデートを!かぶり率が高いアイテムだからこそ、こだわりのディティールが効いたものを選ぶのがこじゃれて見えるポイント。ワーママ必須の「黒ジャケ」で、春のおしゃれを拡大してみては?

●この特集で使用した商品の価格はすべて総額(税込)表記となります。

撮影/谷口 巧(PygmyCompany) スタイリスト/難波洋子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/稲沢朋子 構成/村井 絢

春アウターならこちらもチェック!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事