【L.L.Bean】【snow peak】この夏は「映えるビッグトート」が使える!【ワーママのアウトドアファッション】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONバッグ

2021.05.30

【L.L.Bean】【snow peak】この夏は「映えるビッグトート」が使える!【ワーママのアウトドアファッション】

例えば子どもと公園へ行く日はおもちゃを、ピクニックの時はランチ、ドリンクを入れたり、はたまた買い物にはエコバッグ代わりにと…結局こんなビッグトートが使えるんです! 今旬のトートをご紹介します。

たくさん入って、お手入れも楽ちん! 公園やピクニック、キャンプには【ビッグトート】がやっぱり便利

両手があくリュックは子連れママの最強マストアイテムですが、それと同じくらい何かと便利なのがビッグトート! さすがに通勤には不向きですが、例えば休日に近場でピクニックをするときはランチやドリンク、おやつ、レジャーシートを入れたり、公園に行く際はフリスビー、ボールといったアクティビティ小物を入れてみたり、もちろんお泊まりにも、とあらゆるシーンで大活躍! 何にも考えずポンポン入れられるのが楽なんですよね。

ビッグトートで今流行りのものといえば「L.L.Bean」のグロサリートート。柔らかいコットンながら丈夫で、シックなカラーリングが大人っぽく持てると評判です! 外で持つ機会が多いので汚れが気になりますが、コットンキャンバス地なので手軽に洗えるのも魅力的。

というわけで、こちらもぜひオススメしたい「映えるビッグトート」をご紹介します!

1:「ノマディス」の人気シリーズ「Arles」のストライプ柄

バッグブランド「ア ヴァケーション」の制作チームが手がける「ノマディス」は”チープシックに、心はリッチに”がコンセプト。プロヴァンスのアルルを旅するイメージで作られたという「アルル」シリーズはそんな「ノマディス」のアイコンバッグです。3サイズ展開でこちらはガバッと開けられる大容量のXLサイズ。コットン仕立ての深いグリーンに白地のストライプがシックで大人っぽく彩ります。

バッグ ¥23,100(アルアバイル〈ノマディス〉)、オーバーオール ¥61,600(ロンハーマン〈ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア〉)、Tシャツ ¥17,600(コロネット〈ヴィンス〉)、靴 ¥9,900(スローブ イエナ 自由が丘店〈LA MANUAL ALPARGATERA〉)

2:「snow peak」の防水、軽量を備えた「X-Pac」ビッグトート

アウトドアブームをリードする「snow peak」のビッグトートは、休日にはもちろん、通勤にもOKなクールな見た目とさすがの機能性が両立! 大容量でありながらかなり軽量なので持ち運びしやすく、突然の雨にも対応する防水性や開口部の雨カバー、外付けの4ポケットなど考え抜かれたディテールが満載です。パートナーと共有できるユニセックスなデザインも魅力。

バッグ ¥25,300(スノーピーク)、シャツ ¥14,300(ビームス 新丸の内〈ビームス ライツ〉)、スカート ¥25,300(コロネット〈ヴィンス〉)、バンダナ ¥13,200(マニプリ)、スニーカー ¥42,900(リエート〈ロトゥセ〉)

3:「L.L.Bean」のジップ・トップ・ボート・アンド・トートバッグ

柔らかいコットンを使用しているグロサリートートも人気ですが、丈夫な24オンスのコットンキャンバスを使用した飽きのこないベーシックなデザインは「やっぱりL.L.Beanはこれだよね!」という声多数。
ビッグトートはガバッと開けられる分、中身が丸見えになりますが、それもジップトップが解消。白×ピンク、ネイビー・赤・白のトリコロールな新鮮な配色など、コーデに”映える”タイプで差別化を計って。

バッグ 全て¥10,890(L.L.Beanカスタマーサービスセンター〈L.L.Bean〉)

ポーチで分ければ、子どものお世話グッズからお弁当、おもちゃまで何でも入れられるビッグトートは本当に便利なアイテム。ついつい入れすぎたときはパパにバトンタッチ。そんな機会も多いと思うので、ぜひ男性にも似合うデザインを選んでみてくださいね。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、総額(税込)表示です。
●この特集で使用した商品の問い合わせ先はこちらにあります。
 上記以外の問い合わせ先は下記になります。

アルアバイル 03−5739−3423
L.L.Beanカスタマーサービスセンター 0422−79−9131
コロネット 03−5216−6518
スノーピーク 0120−010−660
スローブ イエナ 自由が丘店 03−5726−3370
ビームス 新丸の内 03−5288−7670
リエート 03−5413−5333

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE/人物)、坂根綾子(静物)  スタイリスト/高木千智 ヘア&メイク/MAKI  モデル/牧野紗耶 構成/松崎のぞみ

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事