この下地とファンデがスゴい! アラフォー女子のリアルな口コミ6 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY大人の枯れ肌今いまレスキュー

2018.04.08

この下地とファンデがスゴい! アラフォー女子のリアルな口コミ6

スキンケアレベルのベースメークを押さえておけば、日中の乾燥が気にならなくなる!さて、実際に使っているアラフォーがすすめるアイテムって?

Tags:

その保湿力に夢中になった!という声があふれたベースメークって?

皮脂ときれいになじんで、時間が経つほど美肌に

「肌をなめらかに整え、潤いを守るバームクリームを下地に、ミネラルクリーミーファンデーションを使用。最高の組み合わせでまったく乾かず、時間が経つほど肌の皮脂とファンデが自然になじみ、きれいな肌に。お化粧を落とさず寝てしまったときも、翌朝の肌が調子よく、プルプルに潤っていて驚き!」(Domani読者 三崎文英さん 30歳・会社員)


上/MiMC ミネラルクリーミーファンデーション SPF20・PA++ 全6色 ¥6,500 下/MiMC エッセンスハーブバームクリーム 8g ¥3,800

肌力を土台から向上させながら、乾燥知らずの肌に

「乾燥肌ですが、べたつくクリームは苦手なので、乳液なのに肌がしっとりする実力派のSK-Ⅱを愛用。こちらにベアミネラルのティントを重ねると肌が潤い、冬のデスクワークでも乾燥が気にならなくなりました。石けんでも落とせて肌に優しい気が。カバー力が足りない日はパウダリーを重ねます」(Domani読者 田中美香さん 33歳・公務員)


左/ベアミネラル CR ティンテッド ジェル クリーム SPF30・PA+++ 全4色 35mL ¥3,800 右/SK-Ⅱ R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ エアリー ミルキー ローション 50g ¥11,500(編集部調べ)

下地の2種類重ねで、乾かない多機能ベースに

「紫外線防止力が強い、アスタリフトのものを下地として肌を整えて、M・A・Cの色付きのベースをファンデーション代わりに使用。両方とも美容液成分配合で、重ねるとまったく乾かない潤い肌をキープ。特にアスタリフトは、スキンケア直後もつっぱるというとき、これをつけるとしっとりするほど」(Domani読者 井口悦子さん 40歳・会社員)


左/富士フイルム アスタリフトホワイト パーフェクト UVクリアソリューション SPF50+・PA++++ 30g ¥3,900 右/M・A・C ライトフル C ティンテッド クリーム SPF30・PA+++ 全4色 41g ¥5,300

過酷なスケジュールでも、お疲れ感なく乗り切れます♪

「UVケアもできる下地ですが、この保湿感と浸透感、ほとんどスキンケアでは!? と思うほど。自然なツヤ感も好きなので、これを仕込む日はファンデーションはかなり少なめに。1日スタジオで撮影&お直しできず…など、過酷な状況も、疲れ感を見せない肌で乗り切れます」(Domani編集部 鈴木智恵)


ポーラ アペックス マイクロディフェンサー682 SPF50・PA++++ 45g ¥10,000

オイルとの重ねづけで、潤ツヤ肌を1日キープ

「RMKのオイルは、べたつきはないのに保湿効果が高い優れもの。乾燥を防ぎ化粧のりがよくなるので、これをたっぷりつけるとオフィスワークでも目元も乾燥知らず、昼のメーク直しは必要なし。クリームタイプでしっとりしている資生堂の下地と併用して仕込むと、友人にも褒められるツヤ肌に」(Domani読者 八田羽佳織さん 30歳・派遣社員)


左/資生堂 エリクシール シュペリエル コントロールベース UV N SPF32・PA++ ナチュラル ¥3,000 右/RMK Wトリートメントオイル 50mL ¥4,000

潤いたっぷりの下地をオイルシールしてツヤ肌に

「SPF・PA値が最高値なのにテクスチャーもよく、肌色もほんのり整えてくれて、しかも乾かない、というトランシーノの優秀CCクリームを下地として使用。上から、油分だけでできたCHICCAのソリッドファンデーションで〝オイルシール〟を。これで一日中乾かずツヤもキープできます」(本企画担当 美容エディター 中尾のぞみ)


左/第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用ホワイトニング CCクリーム SPF50+・PA++++ 30g ¥2,600(医薬部外品) 右/カネボウ化粧品 CHICCA フローレスグロウ ソリッドファンデーション SPF43・PA+++ 全8色 ¥5,000・ケース ¥3,000

Domani2018年3月号『絶対に乾かないベースメークさえあれば』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/中島 洸(人物)、草間智博(TENT/静物) ヘア&メーク/中山友恵(ThreePEACE) スタイリスト/小川未久 構成/中尾のぞみ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事