Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONアウター

2021.12.25

流行りの「ショートダウン」を都会的に着こなす攻略法は?【ワーママの冬カジュアル】

この冬トレンドの「ショートダウン」は暖かい上に着るだけでコーデがこなれるカジュアルアウター。幼く見えない、大人っぽい着こなし方をご紹介します!

Tags:

モノトーンの「ショートダウン」は、エッジィな合わせ方が洒落見えのコツ!

この秋冬のトレンドである「ショートダウン」はもともとアウトドアな印象が強く、実は着こなし方次第でおしゃれの評価が分かれるアイテム。「今日はスポーツ観戦?」と勘違いされない、洗練された着こなし方が知りたい!
そこで数々の女性誌で活躍中のスタイリスト石毛のりえさんに、大人の女性に似合う「ショートダウン」の着こなし方を伺いました。

Rule1:旬のマキシワンピ合わせで、黒ダウンを女性らしく振って

「ボリューミィな黒ダウンはそれだけでカジュアルなインパクトを放っているので、真逆のフェミニンなものに合わせるくらいでも好バランス。つるんとした薄手素材のマキシ丈ワンピなら着ぶくれせず華奢さも保てるので、大人の女性にふさわしい都会的なムードで着こなせます」。ロングブーツやゴールドアクセでよりリッチに盛り上げるのも忘れずに。

ジャケット¥107,800(カオス丸の内<カオス>)  ワンピース¥39,600(インターリブ<サクラ>)  バッグ¥44,000(イアクッチ 大丸東京店<イアクッチ>)  ピアス¥50,600(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店<ブランイリス>)  靴¥85,800(ザ ストア バイ シー 代官山店<ネブローニ>)

Rule2:王道の”ダウン×デニム”コーデは、流行りの「ブーツイン」でキレよく見せて

襟の立ち上がりやダウンのボリューム感が可愛い”デュノ”の白ショートダウン。「細身のグレーデニムとの合わせはそれだけでも十分おしゃれですが、この秋冬はニーハイのブーツインでもうひと押し洗練度を高めて」。上半身にボリュームがある分、ボトムはブーツインでキリリと見せるのが大人っぽい。

ジャケット¥79,200(トヨダトレーディングプレスルーム<デュノ>)  ニット¥27,500(スローン)  パンツ¥25,300(ゲストリスト<アッパーハイツ>)  バッグ¥185,900(トッズ・ジャパン<トッズ>)  ピアス¥38,500(マリハ)  靴¥46,200(ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店<ファビオ ルスコーニ>)

【Other variations】スタイリスト石毛さん推し! 他にもオススメの「ショートダウン」

右:程よいモード感で大人の女性から絶大な人気を誇る”カオス”。艶やかなベージュのダウンはふっくらとしたボリュームがありつつエアリー感があるので軽やかに着こなせるのが魅力。

左:人気の”チャンピオン”のダウンはスッキリとしたやや細身シルエットで、気になるヒップが隠れる前後差丈が嬉しい。

ダウンジャケット[ベージュ]¥54,450(カオス丸の内<レミレリーフ × カオス>)  [黒]¥28,600(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター<チャンピオン>)

フェミニンなアイテムと合わせたり、デニムのときはブーツインでキリリと着こなすなど、ちょっとしたテクでより一層ダウンコーデも洒落見えに。ぜひ着こなしの参考にしてください。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、総額(税込)価格です。

撮影/谷口 巧(Pygmy company/人物)、坂根綾子(静物)  スタイリスト/石毛のりえ モデル/稲沢朋子 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI)  構成/松崎のぞみ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事