ユニクロから無印まで今絶対買うべきニット総まとめ | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションおまとめドマーニア

2018.05.04

ユニクロから無印まで今絶対買うべきニット総まとめ

人気ブランドの春ニットを一気見せ!ユニクロ、無印良品、ボールジィ・・・アラフォーのデイリーブランドからお気に入りの1枚を見つけて!

Tags:

ASTRAET(アストラット)のヘンリーネックニット

甲まで覆うロングスリーブ

おへその下から編み地を切り替えたリブニットは、スカートにインしてもウエスト回りがもたつかず、すっきり着こなせる。そで口のボタンを開いてトランペットスリーブ風にしたり、留めてそでをたくし上げたり…着こなしも自在。ニット各¥23,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉)

BALLSEY(ボールジィ)のシルバーラメニット

透明感漂うシアー素材

ほんのり肌が透ける繊細な生地。体に沿って落ちるゆるめのリブ編みが、大人の余裕を漂わせて。なだらかなVネックとラウンドネック、どちらを前にしても着られる。ニット¥19,000(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉)

MUJI(無印良品)のニュアンスカラーカーディガン

シルク混のなめらかな着心地

シルクの光沢感と、オーガニックコットンの優しい肌触りを生かして編み立てた、定番カーディガンの新色。コーディネートを盛り上げるフレッシュな色味だけでなく、昨年より¥1,000もダウンしたプライスにも注目! カーディガン各¥3,695(無印良品 池袋西武〈無印良品〉)

DEMYLEE(デミリー)の配色リブニット

着心地のよい抜群のフィット感

ニット製品を得意とするアメリカブランドの〝デミリー〟。中でも、半そでタイプのベーシックなリブ編みニットは、「肉感を拾わないのに体のラインがきれいに見える」と毎シーズン大人気。今季は、ネックラインに色を効かせて、より華やかに進化。ニット各¥25,000(サザビーリーグ〈デミリー〉)

PLST(プラステ)のフレアスリーブニット

クルーネックとVネックの2WAY仕様

実用性が高いうえ、手持ち服をブラッシュアップしてくれる、デザインニットが豊富な〝PLST〟。このニットは、総針編みの弾力のある生地が体に程よくフィットするため、ロングスカートとのバランスも良好。光沢感を抑えたマットな風合いの単色のほか、ボーダー柄もラインナップ。ニット各¥5,990(PLST)

STEVEN ALAN(スティーブン アラン)のボトルネックニット

きれいめに着られる薄手のハイゲージ

ちょこんと飛び出たボトルネックが旬を連れてきてくれる。バックネックにボタンが配されているので、着脱もラク。丈が短めなので、スカートにインしてもアウトしてもすっきりキマり、バランスを取りやすい。ニット各¥16,000(スティーブン アラン トーキョー〈スティーブン アラン〉)

JOHN SMEDLEY×martinique(ジョン スメドレー×マルティニーク)のWネームカーディガン

パール&メタルボタンが女らしさを後押し

上質コットンを使った〝ジョンスメ〟らしいシンプルなデザインに、〝マルティニーク〟のクラシカルな雰囲気を取り入れて。従来よりコンパクトに仕上げているため、ボトムが長くてもスタイルよく着こなせる。カーディガン各¥32,000(martinique丸ノ内〈JOHN SMEDLEY×martinique〉)

DRESSTERIOR(ドレステリア)のメロンカラーカーディガン

とたんに春めくジューシーカラー

定番カーディガンに、新色「メロンオレンジ」が登場。デザインはそのままに、通常より少し太い糸を使用し肉厚感を出すことで、肌寒い日でも一枚で着られるよう工夫されている。カーディガン各¥19,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉)

three dots(スリードッツ)の配色トリミングカーディガン

体のラインを拾いすぎない細リブタイプ

コットン100%のさらりとした肌触りが心地よく、同系色トリミングがさりげないアクセントを効かせて。身ごろにややゆとりがあるので、インナーとのレイヤードも楽しめる。フレアスカートに合わせて上品に着こなしたい。カーディガン¥19,000(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉

SLOANE(スローン)のポロ襟ニット

コンパクトな襟が程よいカジュアル感を

まず個々のパーツを編み、最後につなぎ合わせる〝フルファッション〟という製法のため、体のラインに沿った立体的なシルエットが実現。襟の効果で目線が上がり、ロング丈スカートもバランスよく着こなせる。ユニセックスの5サイズ展開。右:ニット¥21,000(スローン) 左:ニット¥21,000(essence of ANAYI〈スローン〉)

UNIQLO(ユニクロ)のショート丈リブニット

紫外線を跳ね返すUVカット素材

機能性&コスパの高さで選ぶなら、やっぱり〝ユニクロ〟。今年らしいデザインに加え、自宅で洗濯機洗いができるので、「手洗いが苦手」という人もガンガン着られる。写真の2色のほか、ブラック、ネイビー、オフホワイト、ライトオレンジと、カラーバリエーションも豊富。ニット各¥1,990(UNIQLO)

Drawing Numbers(ドローイング ナンバーズ)のスリットスリーブニット

ボートネックの鎖骨見せで女っぷりよく

ほのかな光沢とそでのスリットから見える肌感が軽やかさを演出。PC作業が多い女性から「スリット入りで自然にそでが落ちるので、PC作業中、腕まくりをしなくてよくなり、上品に着られる」と好評だそう。ニット各¥20,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉)

Domani2018年4月号『トップスはコンパクトでOK』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/坂根綾子(静物) スタイリスト/田澤美香 構成/木戸恵子


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事