レディースブランドバッグコーデ37選| 30代40代女性ファッション | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.05.24

レディースブランドバッグコーデ37選| 30代40代女性ファッション

30代、40代レディースにおすすめの、ブランドバッグを取り入れたおすすめコーデを大特集!働く女性に人気のアイテム、A4サイズが入るレディースブランドバッグとのコーデや、通勤用におすすめのレディースブランドバッグ春夏コーデ・秋冬コーデをご紹介します。斜めがけにおすすめのショルダーバッグ春夏コーデ・秋冬コーデもまとめました。

Tags:

【目次】
A4サイズが入るレディースブランドバッグコーデ
斜めがけにおすすめのショルダーバッグ春夏コーデ
斜めがけにおすすめのショルダーバッグ秋冬コーデ
通勤用におすすめのレディースブランドバッグ春夏コーデ
通勤用におすすめのレディースブランドバッグ秋冬コーデ

A4サイズが入るレディースブランドバッグコーデ

【1】グレーニット×ワイドパンツ×マックスマーラのバッグ

【1】グレーニット×ワイドパンツ×マックスマーラのバッグ

ニットとパンツをグレーでつないだ、知的なワントーンスタイル。ニットはリブ編み、パンツはリネン素材と、ともに表情豊かなので上下ライトグレーでもぼんやりせず、奥行きのある仕上がりに。さらに靴とバッグをベージュで統一すれば〝マックスマーラ〟らしい、大人の余裕漂う着こなしが手に入る。

[Domani5月号 114ページ] 〝マックスマーラ〟のニット¥60,000・パンツ¥55,000・手に持ったジャケット¥142,000・バッグ¥193,000・靴¥66,000・〝エス マックスマーラ〟のイヤリング¥36,000(マックスマーラ ジャパン)

【2】カットソー×赤ワイドパンツ×クリスチャンルブタンのバッグ

【2】カットソー×赤ワイドパンツ×クリスチャンルブタンのバッグ

深みのある赤、ウエストのゴールドボタン、きちんと感漂うポリエステルウール、計算されたワイドシルエット…。女らしくはけるツボが満載の赤いパンツ。一見、難易度の高いアイテムだけど、オーラのある大人の女なら大丈夫!色あせたようなカーキのリブカットソーで気負いなく着こなすのがかっこいい。

[Domani5月号 65ページ] カットソー¥12,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈アール ジュビリー〉) パンツ¥23,000(アルアバイル) ピアス¥68,000(ショールーム セッション〈ヒロタカ〉) バッグ[小]¥111,000・[大]¥162,000・大きいバッグに付けたキーチャーム¥29,000・靴¥83,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) ストール¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)

【3】ジャケット×ニット×スカート×ジミーチュウのバッグ

【3】ジャケット×ニット×スカート×ジミー チュウのバッグ

もう、ジャケットはダブル一択!メンズライクなジャケットが〝懐の深い〟いい女を演出。ダブルボタン、程よくふくらみのあるショルダー、長め丈、深いネイビー…。今っぽさを凝縮したジャケットは、さらりと肩かけしただけでさまになる。プリーツスカートで、あえてフェミニンにまとめると新鮮。

[Domani1月号 54ページ] ジャケット¥41,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) ニット¥30,000(エストネーション〈ユマ エストネーション〉) スカート¥36,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉) バッグ¥134,000・靴¥67,000(JIMMY CHOO) タイツ¥1,200(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉)

【4】Tシャツ×スカート×エレナ・ギゼリーニのバッグ

【4】Tシャツ×スカート×エレナ・ギゼリーニのバッグ

デザインや色など、ストイックなアイテム展開が人気の〝アストラット〟らしさが光る、地厚なリブTシャツ。辛口な着こなしがサマになる。

[Domani7月号 98ページ] Tシャツ¥9,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) スカート¥22,000(martinique Le Conte梅田〈martinique〉) メガネ¥53,000(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉) ブレスレット¥10,000(ANAYI〈PHILIPPE AUDIBERT〉) 時計¥35,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) バッグ¥93,000(TOMORROWLAND〈エレナ・ギゼリーニ〉) 靴¥49,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ペリーコ〉)

【5】紺ジャケット×ストライプパンツ×サンスペルのリュック

【5】紺ジャケット×ストライプパンツ×サンスペルのリュック

リュックが浮かず、サマになる近道は、プレッピーな着こなしのアクセントにすること。涼しくて見た目もカジュアルなカノコ素材のテーラードジャケット×ストライプのパンツの合わせが、今どき感のあるプレッピーのよい例。

[Domani6月号 80ページ] ジャケット¥41,000(ラコステお客様センター〈ラコステ〉) バッグ[41×29×9.5]¥46,000(SUNSPEL 表参道店〈SUNSPEL〉) トップス¥45,000(JEANPAULKNOTT 青山店〈KNOTT〉) パンツ¥16,000(スコッチ アンド ソーダ 原宿店〈スコッチ アンド ソーダ〉) 眼鏡¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)

斜めがけにおすすめのショルダーバッグ春夏コーデ

【1】ロングカーディガン×白パンツ×トッズのショルダーバッグ

【1】ロングカーディガン×白パンツ×トッズのショルダーバッグ

白・ピンク・ベージュのまろやかトリコロールが、表情までも穏やかに見せてくれる。色香を潜めたデコルテと少しやんちゃな足元。こんなミックス方法も、アクティブなデニムデートの日だからこそ楽しめる。

[Domani6月号 51ページ] 〝ヘルシー〟のパンツ¥14,000・〝メゾン・ボワネ〟のブレスレット¥16,800(アルアバイル) カーディガン¥27,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) キャミソール¥5,500(アストラット 青山店〈アストラット〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥20,000(TOMORROWLAND〈FAY ANDRADA〉) バッグ¥103,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴¥8,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【2】シャツ×デニムパンツ×ヴァレクストラのショルダーバッグ

【2】シャツ×デニムパンツ×ヴァレクストラのショルダーバッグ

〝抜け感シャツ〟の先駆けとも言うべき、こちら。巧みにダーツをとった立体的なシルエットで、そでを通すだけでこなれて見えるのが特徴。10シーズン近くも人気継続中の商品なのに、シルエットを一切変えていないという完成度の高さにも驚き!鎖骨がのぞくネックラインとヒップが隠れるロング丈で、着やせ効果も上々!

[Domani8月号 101ページ] シャツ¥17,000・パンツ¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) 帽子¥55,000(ボルサリーノ ジャパン〈ボルサリーノ〉) ピアス¥18,000(Jouete) リング[ホワイトゴールド]¥115,000・[ピンクゴールド]¥95,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉) 時計¥790,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥385,000・ストラップ¥66,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥83,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

【3】緑シャツ×デニムパンツ×ジミーチュウのショルダーバッグ

【3】緑シャツ×デニムパンツ×ジミーチュウのショルダーバッグ

さりげないツヤ感と濃いグリーンの相乗効果で、落ち着いた大人の色気を発揮。色落ちブラックデニムで大胆にカジュアルダウンすることで、女らしさをさらに引き立たせて。

[Domani4月号 66ページ] トップス¥21,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) パンツ¥26,000(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン〈シチズンズ・オブ・ヒューマニティ〉) サングラス¥36,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) ブレスレット¥27,223(アビステ) スカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥192,000・靴¥107,000(JIMMY CHOO)

【4】シャツ×ワイドパンツ×クリスチャンルブタンのショルダーバッグ

【4】シャツ×ワイドパンツ×クリスチャンルブタンのショルダーバッグ

ななめ掛けでもカジュアルになりすぎないのは、赤の女らしさと、かっちりとした美フォルムの相乗効果。

[Domani4月号 70ページ] バッグ¥111,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) シャツ¥21,000(ティッカ) パンツ¥36,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) サングラス¥44,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ブレスレット¥9,528(アビステ)

【5】ジャケット×タイトスカート×ヴァレクストラのショルダーバッグ

【5】ジャケット×タイトスカート×ヴァレクストラのショルダーバッグ

トラッドな紺ブレに、光沢感が女らしいベイカースカートを合わせて。インはボーダーニットで、ほんのりマリンな気分をON。きちんと感がありながら、どこかカジュアルなムードの着こなしに。

[Domani5月号 117ページ] ジャケット[Domaniコラボ]¥29,000・スカート[Domaniコラボ/共布ベルト付き]¥18,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) ニット¥24,000(八木通商〈ルトロワ〉) ピアス¥19,000(アガット) バッグ¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥152,000/オーダー価格(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

斜めがけにおすすめのショルダーバッグ秋冬コーデ

【1】ニット×パンツ×ジミーチュウのショルダーバッグ

【1】ニット×パンツ×ジミーチュウのショルダーバッグ

いいことずくめの長い×長いバランスで、表情まで明るく。ニットとパンツという超ベーシックな組み合わせも、ともにロング丈を選べば一気に鮮度がアップ。着ていてラクなのもうれしい限り。ストライプシャツをちら見せして、奥行きのある着こなしに。

[Domani1月号 60ページ] ニット¥44,000 (サザビーリーグ〈デミリー〉) シャツ¥15,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) パンツ¥20,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・オドラント〉) 手に持ったコート¥32,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) サングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥172,000(JIMMY CHOO) 靴¥71,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【2】コート×ワイドパンツ×ロジェヴィヴィエのショルダーバッグ

【2】コート×ワイドパンツ×ロジェヴィヴィエのショルダーバッグ

ゆったりしたそでぐりが愛らしいロング丈のノーカラーコートに、チェック柄ワイドパンツ。どちらもゆるくてきれいなシルエットだから、自然と品のあるリラックス感が漂う。仕上げにクラシカルな黒レザーバッグや白のパテントローファーでアクセントを盛って。

[Domani1月号 53ページ] コート¥130,000(ボウルズ〈ハイク〉) ニット¥21,000(アングローバルショップ 表参道〈フォードミルズ〉) パンツ¥21,000(ロク ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート〈ロク〉) ピアス¥7,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) バッグ¥236,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉) 靴¥141,000[オーダー価格](ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

【3】ブラウス×ワイドパンツ×ジミーチュウのショルダーバッグ

【3】ブラウス×ワイドパンツ×ジミーチュウのショルダーバッグ

パンツでドレスアップできたら、あなたもおしゃれ上級者。今季トレンドのワイドシルエットは、それだけでドラマティックなムードを醸してくれる。フロントだけがニットのシースルートップスを合わせたら、小物は星モチーフで、モードな気分を加味して。たとえばビジネスパーティのような少しかしこまった席でも、仰々しくならない好バランスの組み合わせに。

[Domani12月号 53ページ] パンツ¥65,000・トップス¥65,000・ベルト/参考商品(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) ピアス¥12,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) バッグ¥221,000(JIMMY CHOO) 靴¥88,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

【4】オールインワン×クリスチャンルブタンのショルダーバッグ

【4】オールインワン×クリスチャンルブタンのショルダーバッグ

ワンピースよりこなれて見えるのがオールインワン。アイテム自体はプレーンだから、合わせるもので印象を自在に変えられる。祝福ムードあふれる年末なら、インパクト大なラクーンファーのジャケットをはおり、エッジィな雰囲気に。赤リップ同様、バッグやヒールで赤を少しだけ加えることで、大人の色香を盛って。

[Domani12月号 51ページ] オールインワン¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) コート¥170,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈スワード〉) 時計[イエローゴールド×オニキス×ダイヤモンド]¥1,575,000・ブレスレット[イエローゴールド]¥890,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉) バッグ¥148,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) 靴¥75,000(martinique名古屋〈ニナ リッチ〉)

【5】ジャケット×ニット×パンツ×ロジェヴィヴィエのショルダーバッグ

【5】ジャケット×ニット×パンツ×ロジェヴィヴィエのショルダーバッグ

チェックのダブル合わせジャケットをONした鮮度の高い着こなし!見逃せないチェックジャケットはカジュアルアウター気分でラフにバサッとはおる大きめジャケット。裏地がチラ見えするのを見越しつつ、足元にもレンガ色をリフレイン。クロスボディのバッグで、躍動感を楽しみたい。

[Domani11月号 98ページ] ジャケット¥40,000(DES PRÉS 丸の内店〈デ・プレ〉) ニット¥26,000(Theory) パンツ¥22,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ピアス¥8,000(SILVER SPOON) ブレスレット¥14,300(トロールビーズジャパン〈エックスジュエリー〉) バッグ¥266,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉) 靴¥21,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)

【6】茶ニット×茶スカート×トッズのショルダーバッグ

【6】茶ニット×茶スカート×トッズのショルダーバッグ

それだけでセクシーな存在感のある赤小物。素材の違うブラウンでつくった上下に、ポイントとして効かせるなじませワントーンは、「挑戦」のハードルも下がるうえ、大人の裕も演出できる。

[Domani11月号 60ページ] ニット¥22,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道〈ドゥーズィエム クラス〉) スカート¥33,000・ベルト¥14,000(ANAYI) ピアス¥15,000(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉) タイツ¥1,600(福助〈フェモツィオーネ〉) バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴¥92,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

【7】ニット×スカート×ロジェヴィヴィエのショルダーバッグ

【7】ニット×スカート×ロジェヴィヴィエのショルダーバッグ

オフィスで浮かずに「華やか」にブルーのワントーンは好感度高め。ツインニット×タイトスカートという定番的なコーディネートが、配色の妙でパッとあか抜けて見える。スカーフとバッグでブルーの濃淡を重ねて、完成度を高めて。タイツはニュアンスのあるグレーと程よい透け感のあるものがトーンを崩さない秘訣。

[Domani11月号 56ページ] ニット¥29,000・カーディガン¥33,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) スカート¥18,000(BOSCH) スカーフ¥7,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) ピアス¥18,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) タイツ¥1,800(福助〈フェモツィオーネ〉) バッグ¥326,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)

通勤用におすすめのレディースブランドバッグ春夏コーデ

【1】黒ジャケット×ニット×フレアスカート×ジミーチュウのバッグ

【1】黒ジャケット×ニット×フレアスカート×ジミーチュウのバッグ

麻×ナイロンで表情豊かなテクスチャーのベージュフレア。ヒールも似合うけれど、キャッチーな柄のフラットパンプスでひとひねりすると素敵。

[Domani3月号 104ページ] 〝マチュール フレームワーク〟のスカート¥21,000/予定価格・〝SOPHIE BUHAI〟のバングル¥106,000(フレームワーク 自由が丘店) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ニット¥24,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) イヤリング¥9,000(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉) バッグ¥183,000(JIMMY CHOO) 靴¥97,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ・ブラニク〉)

【2】白ジャケット×緑プリーツスカート×ヴァレクストラのバッグ

【2】白ジャケット×緑プリーツスカート×ヴァレクストラのバッグ

今年のプリーツスカートは、ひざ下のロングレングスと、重厚感のある生地使いで、モダンでかっこいいアイテムに進化。カーキ×ブラウンのアーシーな配色の力で、女らしさをサバけた雰囲気にもっていって。

[Domani4月号 37ページ] スカート¥38,000(ボウルズ〈ハイク〉) ジャケット¥32,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) カットソー¥23,000(アダム エ ロペ〈エリン〉) 〝ココシュニック オンキッチュ〟のイヤリング¥10,000・〝メリッサ マッカーサー〟のバングル¥16,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) サングラス¥28,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バッグ¥325,000・バッグのフロントポケット¥150,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥88,000(JIMMY CHOO)

【3】ネイビーブラウス×ピンクパンツ×クリスチャンルブタンのバッグ

【3】ネイビーブラウス×ピンクパンツ×クリスチャンルブタンのバッグ

かっこよさとトレンド感を兼ね備えたピンクのパンツ。合わせるネイビーは濃い色合いを選んだほうが、ピンクの鮮やかさに負けず、リッチにも仕上がる。

[Domani5月号 44ページ] パンツ¥67,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) ブラウス¥18,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) チョーカー¥16,000(ヴァンドームヤマダ〈ケンゴ クマ プラス マユ〉) バッグ¥189,000・靴¥79,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

【4】ベージュカットソー×ロングスカート×ロンシャンのバッグ

【4】ベージュカットソー×ロングスカート×ロンシャンのバッグ

淡いカラーをベージュ合わせでシックに落とし込み、おしゃれの腕前をアピール。アシメトリーの襟ぐりが、ほんのり色っぽいカットソー。落ち着いて見えるベージュの雰囲気を壊さずに、華やかさだけプラスするには、寒色を合わせるのがおすすめ。大人かわいいカットワークデザインのシューズで抜け感を出すと、シンプルなコーディネートがさらに生き生きとした印象に。

[Domani5月号 46ページ] カットソー¥14,000(RHC ロンハーマン〈ジェーン スミス〉) スカート¥55,000(アマン〈アンスクリア〉) 時計¥20,000(Jouete) バッグ¥101,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥19,000(ダイアナ 銀座本店〈タラントン by ダイアナ〉

【5】白カットソー×ベージュパンツ×J&Mデヴィッドソンのバッグ

【5】白カットソー×ベージュパンツ×J&Mデヴィッドソンのバッグ

頑張って見えないのに人と差がつく!素材感を重ねたベージュのワントーン。ドライな質感のものを選ぶのが、ベージュを若く着る秘訣。カジュアルなワッフルカットソーに、さわやかなリネンのパンツ、マットなレザーベルトと、同じトーンのアイテムを、濃さも質感も変えて重ねていくことで、立体的な着こなしに。

[Domani5月号 46ページ] 肩にかけたプルオーバー¥9,500(INDIVI) パンツ¥21,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) カットソー¥14,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) ベルト¥15,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥46,000(デミルクス ビームス 新宿〈ペリーコ〉)

【6】白ジャケット×ニット×ロングスカート×ジミーチュウのバッグ

【6】白ジャケット×ニット×ロングスカート×ジミーチュウのバッグ

ドラマティックなシルエットのベージュスカートが大人の余裕を演出。タックがたっぷりと入ったイレギュラーヘムのスカートは、ボリュームのあるロングシルエットで、それ一枚で自信にあふれた立ち姿に。白ジャケットできちんと感をプラスしたら、クルーネックニットや肌見せサンダルでカジュアルさをトッピング。

[Domani5月号 47ページ] ニット¥13,000・ジャケット¥35,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) スカート¥46,000(ebure) ネックレス¥18,000(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉) 時計¥38,000(H.P.FRANCE〈INDUNA〉) バッグ¥150,000・靴¥107,000(JIMMY CHOO)

【7】ベージュブラウス×青パンツ×ロンシャンのバッグ

【7】ベージュブラウス×青パンツ×ロンシャンのバッグ

赤みのあるベージュのシルクブラウスに、クリアブルーのパンツ。「仕事できそうなのに、怖く見えない」のは、さわやかな配色のおかげ。さらにオレンジのバッグを効かせると、チャーミングさが増す。

[Domani5月号 68ページ] ブラウス¥29,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) パンツ¥20,000(エストネーション) サングラス¥39,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥96,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) バングル¥13,000(フラッパーズ〈アロン〉) 靴¥29,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【8】ベージュニット×ロングスカート×ロンシャンのバッグ

【8】ベージュニット×ロングスカート×ロンシャンのバッグ

穏やかなベージュニットをスカートのツヤ感で華やかにシンプルな装いを色っぽく味つけするのが、ライトキャメルに近いベージュとツヤやかなブラウンのカラーリング。単調になりがちなベージュの同系色スタイリングは、小物でリズムをつけることも大切。赤とオレンジが効いたスカーフで彩りを、スエードのフリンジバッグで素材感を、そして白パンプスで明るさを、それぞれに盛り上げて。

[Domani5月号 75ページ] ニット¥17,000(ラ・エフ) スカート¥43,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) スカーフ¥18,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) イヤリング¥10,695(アビステ) バングル¥6,500(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥55,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【9】パープルニット×白ワイドパンツ×J&Mデヴィッドソンのバッグ

【9】パープルニット×白ワイドパンツ×J&Mデヴィッドソンのバッグ

甘いラベンダーでフェミニンカジュアルに。サックスブルーのTシャツを重ねた、涼やかななじませ配色も、ラベンダーならではの楽しみ方。ワイドパンツやコンバースで足さばきよく、スポーティテイストに仕上げて。

[Domani5月号 81ページ] ニット¥6,800・中に着たTシャツ¥4,800(ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ザ・スーツカンパニー〉) パンツ¥28,000(ebure) ストール¥8,800(フラッパーズ〈エリンカ〉) 手に持ったサングラス¥35,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 時計¥370,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) リング[右手/人さし指]¥25,000・[中指]¥36,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) [左手]¥20,000(フレーク) バッグ¥128,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【10】水色シャツ×ロングスカート×マックスマーラのバッグ

【10】水色シャツ×ロングスカート×マックスマーラのバッグ

春らしいミントグリーンのシャツは、ゆったりしたシルエットと上質なコットン地のおかげで、リッチに着られる一枚。強い色で引き締めるのではなく、淡いトーンの〝なじませ配色〟が今シーズンのトレンド。そこでボトムは、ドライなベージュのプリーツスカートを選んで。リネンのナチュラルな質感も相まって、好感度の高い着こなしが完成する。

[Domani5月号 114ページ] 〝マックスマーラ〟のシャツ¥60,000・スカート¥116,000・バッグ¥183,000・手に持ったサングラス¥32,000・〝スポーツマックス〟のピアス¥34,000(マックスマーラ ジャパン)

通勤用におすすめのレディースブランドバッグ秋冬コーデ

【1】黄色コート×黒パンツ×ピエールアルディのバッグ

【1】黄色コート×黒パンツ×ピエールアルディのバッグ

暖かみのあるイエローがデニムブルーに映えてヘルシー美人の完成。分量の多いコートで取り入れるイエローは、堅実なベーシック感を加味して着こなしを引き締めたい。ネイビー感覚のノンウォッシュデニムなら、真面目すぎない今っぽさも兼備。

[Domani2月号 74ページ] コート¥163,000(VINCE 表参道店〈VINCE.〉) ニット¥34,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) パンツ¥19,000(ボウルズ〈ハイク〉) めがね¥28,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ネックレス¥66,000(ベルシオラ) バッグ¥136,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥95,000(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

【2】水色コート×ワイドパンツ×クリスチャンルブタンのバッグ

【2】水色コート×ワイドパンツ×クリスチャンルブタンのバッグ

ブルーの濃淡に宿るハンサムなキレのよさで自然と気持ちが引き締まる。目の覚めるようなクリアブルーのトレンチ。ネイビーニットとの堅実な配色が、カジュアルなスニーカースタイルに知性を添えて。

[Domani2月号 71ページ] コート¥78,000(モールド〈チノ〉) ニット¥13,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) パンツ¥23,000(ハリス代官山店〈ハリス〉) ピアス¥78,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) 時計¥135,000(栄光時計〈モバード〉) バッグ¥231,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) ストール¥52,000(エリオポール銀座〈ジョシュア エリス〉) 靴¥9,800(ヒューマンウーマン〈ヒューマンウーマン×ムーンスター〉)

【3】コート×水色ニット×スカート×ジミーチュウのバッグ

【3】コート×水色ニット×スカート×ジミーチュウのバッグ

ひとたびまとえばその清涼感で平常心を保てる心が整うひんやりカラー。抜群の清涼感を誇る、ミントグリーン×パステルブルーの配色。寒々しく見えがちな色合わせも、ウール素材のコートや厚手のざっくりニットで温もり感もしっかりキープ。深呼吸したら胸がすっとするような、清々しさを手に入れて。

[Domani2月号 68ページ] コート¥36,000(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) ニット¥41,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈アンドドーター〉) スカート¥37,000(Theory luxe) ピアス¥98,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) バッグ¥183,000(JIMMY CHOO) タイツ¥1,200(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)

【4】白ニット×白レーススカート×クリスチャンルブタンのバッグ

【4】白ニット×白レーススカート×クリスチャンルブタンのバッグ

アシメトリーなデザインコートで優しいけど甘すぎない。白のレーススカート×タートルニット。甘さが際立っているからこそ、コートのアシメトリーなデザインが効果的に。

[Domani1月号 111ページ] コート¥79,000(ADORE) ニット¥29,000(SANYO SHOKAI〈エポカ〉) スカート¥21,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) リング¥275,000(TASAKI) グローブ¥8,000(ANAYI〈GALA GLOVES〉) バッグ¥265,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) タイツ¥1,300(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)

【5】ネイビーニット×ワイドパンツ×ヴァレクストラのバッグ

【5】ネイビーニット×ワイドパンツ×ヴァレクストラのバッグ

ふわっとしたカーディガンとバギーデニム。 全体的にボリューミーなシルエットも、 バッグがかっちりしていることでシャープな表情が加味。

[Domani1月号 79ページ] デニム¥26,000(モールド〈チノ〉) バッグ¥360,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) カーディガン¥17,000(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店〈ジャーナル スタンダード レリューム〉) キャミソール¥22,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ピアス¥16,000(アルアバイル〈ラダ〉) ネックレス¥75,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) リング¥23,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) 靴¥33,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉)

【6】プルオーバー×スカート×クリスチャンルブタンのバッグ

【6】プルオーバー×スカート×クリスチャンルブタンのバッグ

大胆に取り入れるほど輝く知的で上品なグレンチェック。ビッグトレンドのグレンチェックは、アイテムのバリエーションも豊か。思いきって大きな面積で取り入れて、毎日の通勤服に振り幅をもたせたいもの。ドルマンスリーブのプルオーバー×ウエストリボン付きのフレアスカートというセットアップは、まとうだけで絵になるうえ、着やせも叶う。

[Domani1月号 61ページ] プルオーバー¥12,800・スカート¥13,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) 手に持ったコート¥69,000(INDIV〈I INDIVI V.A.I〉) イヤリング¥9,500(ヴァンドームヤマダ〈スタイルエイティーワン〉)バッグ¥133,000・チャーム¥65,000・靴¥105,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) タイツ¥1,200(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉)

【7】ベージュコート×ブラウス×パンツ×ヴァレクストラのバッグ

【7】ベージュコート×ブラウス×パンツ×J&Mデヴィッドソンのバッグ

〝ヴァレクストラ〟のアイコンバッグ『トリエンナーレ』は、スマートに持てるミニサイズ&白をチョイス。さらに、イエローの編み込みレザーストラップでキャッチーにアレンジすれば、街で目を引く通勤スタイルに。

[Domani1月号 58ページ] バッグ『トリエンナーレ ミニ』[縦20×横25×マチ12㎝]¥283,000・ストラップ¥66,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) コート¥93,000(ebure) ブラウス[ボウタイ付き]¥8,241(バナナ・リパブリック) パンツ¥36,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) リング[2連]¥8,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) 靴¥8,800(ル タロン 有楽町店〈ル タロン〉)

【8】黒コート×青カットソー×黒パンツ×ジミーチュウのバッグ

【8】黒コート×青カットソー×黒パンツ×ジミーチュウのバッグ

どんな場でも着映える、黒ガウン×レーストップス。上等な仕立てに定評のある〝エス マックスマーラ〟のウールコートは、なだらかな肩のラインやちょうどいい襟の大きさなど、さすがの美デザイン。ネイビーのレーストップスで、沈みがちな黒パンツとの着こなしを女らしくアップデート。

[Domani12月号 85ページ] コート¥130,000(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉) トップス¥17,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) パンツ¥26,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) バッグ¥172,000(JIMMY CHOO)

【9】ネイビーコート×ワイドパンツ×マックスマーラのバッグ

【9】ネイビーコート×ワイドパンツ×マックスマーラのバッグ

トレンチ風デザインをしなやかな素材でエレガントに!〝ドッピオ・アプリービレ〟と呼ばれる、職人の特殊な手縫い法で仕上げたダブルフェースのコート。上質なアンゴラ混ウール素材は、ロング丈でも軽やか。しなやかに揺れるシルエットが優雅な表情を生み出す。ブロックチェックのパンツでトラッドな雰囲気を盛り上げ、ハンサムな大人の女性を演出して。

[Domani11月号 124ページ] 〝エス マックスマーラ〟のコート[共布ベルト付き]¥157,000・シャツ¥32,000・パンツ¥53,000・〝マックスマーラ〟のバッグ¥90,000・靴¥60,000(マックスマーラ ジャパン)ピアス¥50,000(ココシュニック)

【10】ツイードジャケット×ニット×パンツ×ヴァレクストラのバッグ

【10】ツイードジャケット×ニット×パンツ×ヴァレクストラのバッグ

ツイードの上品力で知的に仕上げるニット×パンツのデイリーコーデ。久々に人気復活のツイードジャケットはフェミニン系と相性よし。程よいカジュアルな着こなしに合わせるのが、コンサバすぎずうまく仕上げるコツ。

[Domani11月号 94ページ] ジャケット¥75,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) ニット¥72,000(ビオトープ〈ケイト〉) パンツ¥21,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) 時計¥2,650,000(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥395,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) スカーフ¥7,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事