Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHIONファッションおまとめドマーニア

2018.06.18

ジャケットをオン&オフで活躍させるためのコーディネート6選

今やジャケットは、きちんと感が求められるときに着るだけのアイテムではありません! 意外なアイテムとの遊んだ着こなしこそ、ジャケットがおしゃれに映えるもの。さあ、頭をやわらかくして、大人ならではのジャケットの新鮮な着こなしをマスター!

Tags:

ちょい派手ワンピースで、女っぽく着くずしたい

女っぷりよくドラマティックなジャケットスタイルを楽しむなら鮮やかカラーやボリューミーなロングワンピースを合わせてみて。ちょっと派手すぎる? と思うくらいのインパクトでも、ジャケットが程よく引き締め、都会的に昇華してくれるんです。


リゾートにも映える赤のロングワンピースを、ジャケットでキリリとタウン仕様に。ベルト付きジャケット¥15,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉)ワンピース¥59,000(TOMORROWLAND〈SAYAKA DAVIS〉)帽子¥13,000(アルアバイル)サングラス¥2,500(フリーズ マート 自由が丘店〈フリーズ マート〉)〝ゼーファー〟のブレスレット¥83,000・〝ア・ポワン〟のバッグ¥32,000(ドゥロワー 丸の内店)靴¥6,900(CHARLES & KEITH)

スーチングのときこそ、不良マインドで

まず、スーツはコンサバに着るもの、という固定概念を捨てて。トレンドを反映したチェックを選び、ロゴTシャツや高感度な最旬小物でカジュアルダウン。さらにそでをまくるなどラフに着こなすと、鮮度の高いスーツスタイルに!


最旬のトレンドを盛り込めば、手堅い印象のスーツスタイルも羨望の的に。インナーはTシャツで着くずすのが鉄板。ジャケット¥78,000・パンツ¥51,000(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン〉)Tシャツ¥6,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈キッド デンジャラス〉)リング[べっ甲風]¥70,000・[シルバー]¥50,000(ハルミ ショールーム〈アキラ ナカ〉)バッグ¥59,000(デミルクス ビームス 新宿〈ペリーコ〉)靴¥120,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈レユッカス〉)

お茶目な柄で、かわいくハズす

ストライプやボーダーと合わせるのは、もはや定番。この春はさらに半歩先の柄ものでジャケットスタイルを大人かわいく盛り上げて。イチ推しは手軽に楽しめるモノトーンのドット柄。ジャケットの落ち着きと相まって、好感度の高いフェミニンな仕上がりに。


この春夏のニューカマーといえばドット柄。ブラックやネイビーベースが多いので、手もちのジャケットとも相性ばっちり。ジャケット¥15,000(PLST)タンクトップ¥8,900(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)パンツ¥30,000(mikomori)ネックレス¥110,000(ドゥロワー 丸の内店〈グーセンス〉)バッグ¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)靴¥22,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ツル バイ マリコ オイカワ〉)時計/私物

ハーフパンツでやんちゃに着てみる

目新しいボトムでフレッシュに着るなら、気分は断然ハーフパンツ。軽やかなアクティブ感がジャケットスタイルをボーイッシュな雰囲気に。アースカラーでサファリっぽくまとめると、より洗練された大人っぽさが叶います。


タイトスカートともワイドパンツとも違う、快活な印象を与えるハーフパンツとのジャケットスタイル。大人っぽく仕上げるなら、全体をなじませトーンでまとめて。ジャケット¥49,000(Theory)ニット¥14,000(アダム エ ロペ)パンツ¥48,000(ebure)ネックレス¥16,528・ブレスレット¥27,223(アビステ)バッグ¥8,500(CHARLES & KEITH)スカーフ¥18,000(ドゥロワー 丸の内店〈セント・ピース〉)

復活のキャミソールで、ドキッと着こなす

ジャケットの下はシャツやTシャツで手堅くまとめがち。その隙のなさがつまらないと思われるのは大人の女性としては悔しいポイント。場に応じて、今また注目のキャミソールで女らしい抜け感を取り入れ、ジャケットを刺激的に着る気概を見せて。


ジャケットを着こなす際の振り幅のひとつとして取り入れたいキャミソール。シーンを選ぶけれど、ここぞというときのパンチは十分。ジャケット¥45,000(essence of ANAYI〈BARENA〉)キャミソール¥28,000(Theory)パンツ¥69,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)ピアス¥66,000(ドゥロワー 青山店〈ソフィー ブハイ〉)バッグ¥13,900(アクアガール丸の内〈ウンベルト ファリーナ〉)

流行りのスポーツミックスこそ、ジャケットと相性よし!

落ち着いた印象になりがちなジャケットに、エッジを利かせる最旬テイストがスポーツミックス。タンクトップやドロストパンツなど、さりげなくスポーティなアイテムを取り入れるだけでもその効果は十分! 瞬時にキレよく、ヘルシーに導いてくれます。


ジャケットを着ていても、体を鍛えているような健康的でポジティブなイメージを与えるのがスポーツミックスの魅力。適度な肌見せで軽やかに。ジャケット¥35,000(フラデリ)タンクトップ¥10,000(Theory)パンツ¥90,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)バングル¥30,000(デューン〈アナザー フェザー〉)リング¥140,000(CADEAUX伊勢丹新宿店〈CADEAUX〉)バッグ¥42,000(UNIT&GUEST〈レベッカミンコフ〉)靴¥5,500(CHARLES & KEITH)

〝真面目に着ない〟ジャケット6スタイルをプレイバック!

ジャケットという共通項がありながら、6スタイルの印象はここまで違う! ワンピース、ドット柄などと、イメージが確立している〝ジャケット〟を思いきりよく魅せる、この春夏イチ推しのジャケットスタイルを今一度振り返ります。

《JACKET STYLE 1》
すっきりとしたノーカラージャケットを、ボリュームワンピースでドラマティックに

シンプルなノーカラージャケットはインナーしだいで表情自在。とことん女っぷりよく着るなら、サーキュラーシルエットのワンピースで。キャメル×レッドが着映え効果も。ベルト付きジャケット¥15,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉)ワンピース¥59,000(TOMORROWLAND〈SAYAKA DAVIS〉)帽子¥13,000(アルアバイル)ピアス¥24,000(ハルミ ショールーム〈アキラ ナカ〉)〝ゼーファー〟のブレスレット¥83,000・〝ア・ポワン〟のバッグ¥32,000(ドゥロワー 丸の内店)靴¥6,900(CHARLES & KEITH)

《JACKET STYLE 2》
チェックのスーツからロゴTがちらり。〝ワルなおじさん〟っぽさが新鮮に映える

最旬トラッドなチェックのスーツを、ロゴT&フラット靴でラフにカジュアルダウン。地味にならないよう、イエローのクラッチで明るく。ジャケット¥78,000・パンツ¥51,000(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン〉)Tシャツ¥6,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈キッド デンジャラス〉)リング[べっ甲風]¥70,000・[シルバー]¥50,000(ハルミ ショールーム〈アキラ ナカ〉)バッグ¥59,000(デミルクス ビームス 新宿〈ペリーコ〉)靴¥120,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈レユッカス〉)

《JACKET STYLE 3》
ドット&ピンクの甘いエッセンスで、凜々しい黒ノーカラーをこじゃれさせて

何かと使えるノーカラーの黒ジャケットは、トレンドの柄とも好相性。ピンクのタンクトップにドットのパンツ、ビジュー付きフラット靴というかわいい着こなしも、黒ジャケットの凜々しさでマイルドに。ジャケット¥15,000(PLST)タンクトップ¥8,900(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)パンツ¥30,000(mikomori)ネックレス¥110,000(ドゥロワー 丸の内店〈グーセンス〉)バッグ¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)靴¥22,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ツル バイ マリコ オイカワ〉)

《JACKET STYLE 4》
アクティブなハーフパンツとの合わせは、アースカラー配色でシックに仕上げて

いち早く取り入れたい、ハーフパンツとのヘルシーなジャケットスタイル。いずれもリネン混で、カーキとベージュの配色もサファリムードを後押しする。足元はパンプスで色気を死守するのがポイント。ジャケット¥49,000(Theory)ニット¥14,000(アダム エ ロペ)パンツ¥48,000(ebure)ネックレス¥16,528・ブレスレット¥27,223(アビステ)バッグ¥8,500(CHARLES & KEITH)スカーフ¥18,000(ドゥロワー 丸の内店〈セント・ピース〉)靴¥46,000(エストネーション〈ペリーコ〉)

《JACKET STYLE 5》
キャミソールの肌見せとワイドパンツのラフさが、最旬のグラマラスな雰囲気に

きちんとしたグレーのテーラードジャケットが、シフォンのキャミソールの色気を緩和。デコルテに抜けがある分、下はワイドパンツでハンサムに。ジャケット¥45,000(essence of ANAYI〈BARENA〉)キャミソール¥28,000(Theory)パンツ¥69,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)ピアス¥66,000(ドゥロワー 青山店〈ソフィー ブハイ〉)バッグ¥13,900(アクアガール丸の内〈ウンベルト ファリーナ〉)靴¥20,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ファビオ ルスコーニ〉)

《JACKET STYLE 6》
ホワイト×パープルの鮮やか配色に、さりげないスポーティ要素が光る

潔いツートーンがジャケットスタイルを目新しく。白のテーラードジャケットを、リブのタンクトップとドローストリングのワイドパンツという、ベーシックの延長として取り入れられるスポーティ感でキレよく。ジャケット¥35,000(フラデリ)タンクトップ¥10,000(Theory)パンツ¥90,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)バングル¥30,000(デューン〈アナザー フェザー〉)リング¥140,000(CADEAUX伊勢丹新宿店〈CADEAUX〉)バッグ¥42,000(UNIT&GUEST〈レベッカミンコフ〉)靴¥5,500(CHARLES & KEITH)

Domani2018年5月号『ジャケットは真面目に着ちゃダメ』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/倉本ゴリ(Pygmy company/人物)、坂根綾子(静物) スタイリスト/安西こずえ(CoZ. Inc) モデル/RINA ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) 構成/松崎のぞみ 


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事