普通の服だけで格段におしゃれに見せるために知っておきたい6つのこと | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.10.04

普通の服だけで格段におしゃれに見せるために知っておきたい6つのこと

ちょっとしたディテールの変化で、きれいめスタイルはあか抜ける! そのポイントを、スタイリスト望月律子さんが徹底指南!

Tags:

《TIPS 1》シルエットに思いきったメリハリをつける

「特別な色やアイテムじゃなくても、ボリュームのある洋服ってそれ一枚でドラマティックな存在感があるものです。そでにふくらみのあるトップスや、大きく広がったスカート。ちょっとだけ〝おおげさ〟なくらいがちょうどいい。合わせるアイテムは、逆にすっきりとコンパクトに。スタイルよく見せることも、着こなしを洗練させる重要なポイント」

〝雄弁な〟シャツブラウスが、そぎ落とされたワンツースタイルを格上げ

シャツ×パンツの最もポピュラーな着こなしが洗練されて見えるのは、空気をはらんだようなデザインの白シャツのおかげ。メンズライクなスティックパンツが、トップスのボリューム感とフェミニンさを効果的に際立たせて。シャツ¥27,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈アラーニ ザ グレイ〉)パンツ¥32,000(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)リング¥260,000(TASAKI〈TASAKI〉)バッグ¥96,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥88,000(バリー 銀座店〈バリー〉)

《TIPS 2》丈をいつもより10cm長くする

「ファッションの流れとしても、働く大人の女性としても、〝ひざ小僧〟の出るスカートは、一度ワードローブから外してほしい。ふくらはぎが隠れるくらいのミモレ丈のスカートなら、縦長シルエットが際立って、凜とした印象に仕上がります(そしてジャケットだって、ちょっと〝長め〟が今っぽい!)。シャープなシルエットや光沢感のあるウール素材なら職場でも浮かず、エレガントに装えておすすめ」

スリット入りの縦長タイトで、知的な女らしさを演出

フロント部分のボタンがアクセントのスカートは、スリット入りで脚さばきもよく。〝脚が短く見える〟と敬遠しがちな丈感も、ハイウエストのデザインと、抜けのあるヒールサンダルで賢くカバー。スカート¥36,000(ebure)ニット¥15,000(ビームス ハウス 六本木〈エーケー ワン バイ エッフェ ビームス〉)肩に掛けたジャケット¥38,000(エッセン.ロートレアモン)イヤリング¥20,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉)時計¥570,000(IWC)バッグ¥58,000(ティースクエア プレスルーム〈ジョアンナ マクサム〉)靴¥29,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

《TIPS 3》色をストイックにそろえる

「配色の法則を変えることは、手持ちのベーシックをスペシャルに見せる方法のひとつ。色のトーンがそろうことで全体につながりが生まれ、調和のとれた着こなしに仕上がる〝ワントーン〟。色数が少なくても地味に見せないコツは、同じトーンでも、異なる質感のものを合わせること。靴やバッグの色まで思いきって統一すれば、ていねいにつくり込まれたような、おしゃれ感が漂います」

風に透けるプリーツスカートで、グレーだって軽やかに装える

シックなグレーの濃淡で構築することで、ニットやチュールのやわらかな素材感が際立つ。ニット¥8,500(ロペ マドモアゼル)スカート¥26,000(ANAYI)ネックレス¥15,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉)バングル¥52,000(H.P.FRANCE〈WOUTERS&HENDRIX〉)バッグ¥185,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)靴¥77,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

《TIPS 4》襟元は詰まり気味に

「襟は、流行が反映されやすい場所。今でいうと、鎖骨が見えないくらいきゅっと詰まっているほうが、断然、更新感が出るんです。この秋はシャツもブラウスもスタンドカラーで、さらに首を隠すのが旬。これを知っておくだけで、洋服選びが変わってくるはず」

デザインの効いた襟元で、視線の集まる顔周りを華やがせて

ショルダー部分のボタンとギャザーのあしらいが、覆われた首元をのっぺり見せない勝因。シルバーのイヤリングでクリーンな抜け感を。ちなみに今、トレンドはゴールドからシルバーへ。着こなしのアクセントになるアクセサリーも、アップデートが必要。ブラウス¥36,000(エストネーション〈コバート〉)イヤリング¥53,000(H.P.FRANCE〈WOUTERS&HENDRIX〉)

《TIPS 5》立体感のある素材を選ぶ

「ベーシックな洋服ってともすればシンプルさが地味に転ぶことも。その失敗を回避するためにも、立体感や奥行き感のある、〝表情豊かな〟素材を選ぶことを心がけて。複雑なデザインでなくても着こなしに華やぎが生まれます」

秋カラーのレースとリネンが、ワンツーコーデを艶やかに

エレガントなレースブラウスと、ドライな質感のリネンパンツとのギャップが楽しい。素材感のあるもの同士でも、きれいめベーシック服ならいやみなくなじんだスタイルに。キャミソール付きブラウス¥68,000(ebure)パンツ¥40,000(ビームス ハウス 六本木〈エッフェ ビームス〉)2連風リング¥1,770,000(TASAKI〈TASAKI〉)バッグ¥113,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

《TIPS 6》足の甲は「出しすぎない」が合言葉

「カジュアル靴のブームが目立つけど、きれいめなパンプスだって、着実にアップデートされています。今選ぶべきは、程よく甲が覆われた、トウ部分の面積が目立つ一足。程よく重ためな足元が、きちんとスタイルにモードさをひとさじ」

ベーシックを普通で終わらせない、スパイシーなV開きパンプス

コンサバティブなイメージの強い黒パンプスが、甲のデザインのおかげで今っぽく。きゃしゃなアンクルストラップも着こなしのアクセントになり、シンプル服にコーディネート感が生まれる。靴¥125,000(JIMMY CHOO)ブラウス¥9,800(グランカスケードインク〈GOUT COMMUN〉)スカート[サスペンダー付き]¥18,000(TIARA)肩に掛けたカーディガン¥29,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉)ピアス¥17,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ヴィオラ ワイ ジュエリー〉)バングル¥10,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)バッグ¥18,800(ショールームセッション〈YAHKI〉)

Domani2018年9月号『普通の服だけでおしゃれに見える方法』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/白川青史 スタイリスト/望月律子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/小泉里子(本誌専属)、阪井まどか 撮影協力/東京体育館 構成/福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事