27歳のときより45歳の今がキレイ!美容家・大塚真里さん〝年齢不詳肌〟をつくる【神クリーム】 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY大人の枯れ肌今いまレスキュー

2018.10.12

27歳のときより45歳の今がキレイ!美容家・大塚真里さん〝年齢不詳肌〟をつくる【神クリーム】

世の中には数え切れないほどの化粧品や美容法がありますが…美肌センパイが必ず使っている共通アイテムがあります。それは「美容クリーム」! お手入れの仕上げに使うか否かで、肌年齢に確実に差がつくんです。

Tags:

 大塚真里さん(45歳・普通肌)のマシュマロ大人肌の秘密は…
ランコム アプソリュ プレシャス セル クリーム 50ml ¥32,500


手摘みのローズから、独自の「冷却蒸留」という手法で抽出したエキスを配合。老化の要因となる肌の炎症を鎮め、再生を促す。徐々に花開いていく薔薇を連想させるような感触と香り。やわらかなシルキー肌に整う。


美容専門誌の編集部員だった20代。ストレスや過労によってニキビができやすく、ピークのときは、顔中に30個以上群発したことも。フリーのエディターとして独立した30代以降も、口の周りやあごにポツポツとニキビが。40代に入り、やっと肌調子が安定。クリームを愛用するようになって、やわらかな肌に。

“若いころの単なるパンとしたハリとは違う、やわらかな大人の艶肌が手に入る”

実は、40代になるまでクリームを日常的に使うことはほとんどなかったという美容エディターの大塚さん。「日々の保湿は、美容液や乳液で十分と感じていて。むしろ、ストレスでニキビができる肌質だから、リッチすぎるケアはニキビを悪化させるのでは…という恐怖心のほうが大きかったんです」 一方で、仕事で肌の専門家に会うことも多く、『皮膚医学上、40代以降は皮脂が少なくなるからどんな肌質でもクリームが必要』というアドバイスを心に留めていたといいます。そこで40代に入るころから、さまざまなアイテムをお試し。その中で「これは神!」と運命を感じたのが、ランコムの金色のクリームでした。「もともと、ランコムのスキンケアとは相性がよくて。全体的に、肌に負担がないのにきちんと効果が感じられるものが多いと思います。どのアイテムも、軽やかでベタベタしないから、私のように油の重さに苦手意識がある人や、トラブルが出がちな肌に合うブランドだと思います」

ランコムには名品と呼ばれるクリームがいくつかあります。その中でも高級ラインの「アプソリュ」のクリームは、この上ない感動を味わえる、と太鼓判を押します。「高級なものは感触が重い、と思われがちですが、むしろ逆。手間ひまかけて良質な材料でつくられたものは、驚くほど軽やかで浸透がいいんです」 夜、塗って寝ると、翌朝の肌に明らかな変化が。「触れたときにやわらかいし、なめらか。老けから守られているという実感も高いです」今では、朝のメーク前にも欠かせない存在に。「若いころのパーンと張った肌とはまた違う、クリームを仕込んだやわらかな大人の艶肌に喜びを感じています」

Domani2018年9月号『美肌センパイの〝年齢不詳肌〟をつくる、これさえあれば!の「神」クリーム』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/松本拓也(静物) スタイリスト/山本瑶奈 イラスト/小松容子 構成/もりたじゅんこ

 

 

Mari Otsuka

美容エディター。雑誌、書籍、広告と幅広い媒体で活躍。近著に『キッチンには3本のオイルがあればいい』(文藝春秋)。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事