なんと3000円以下!Domani12月号で着回し倒した無印の黒タートル、詳細教えます! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONお役立ちプリプラ

2018.11.22

なんと3000円以下!Domani12月号で着回し倒した無印の黒タートル、詳細教えます!

キレイ色が旬の今季、色もシルエットもバリエーションも豊富にそろう派手色スカート。地味になりがちな冬のおしゃれをグッと盛り上げてくれるけれど「トップスは何を合わせるべき…?」と、派手だからこそ着こなしに悩んでしまうもの。でも、悩むことなく黒タートルネックニットを合わせてしまえばいいんです。どんな派手色スカートも今っぽく着こなせる〝使える黒タートルの選び方〟を伝授します!

Tags:

派手色スカートのトップスは何にしたらいい…? 迷ったら黒タートルニットに頼るべし

ここ数シーズン続いている〝キレイ色ブーム〟は、今季も絶賛継続中。つい地味になりがちな冬の着こなしを女らしく盛り上げてくれる派手色スカートも、バリエーション豊かにそろいます。華やかだけど、インパクト大な派手色スカート。「どんなトップスを合わせるのが正解なの?」と悩んでしまうとき、ありますよね。


グリーンスカートのコーディネート詳細はこちら
レッドスカートのコーディネート詳細はこちら
ピンクスカートのコーディネート詳細はこちら
イエロースカートのコーディネート詳細はこちら

でも、実は悩む必要なし! だってこの通り、黒のタートルネックニットを合わせてしまえばOKなんですから。イエローのレーススカートも、ピンクのタイトスカートも、レッドのプリーツスカートも、グリーンのデザインスカートも、どんなスカートも上手く受け止めて、おしゃれに着こなせる。これぞ冬の万能ベーシックトップスの底力!!

上の写真の4コーディネート、実はたった一枚のニットを着回している…という点にも注目を。ボトムを選ばず着られ、それでいてどの装いもまるで違った印象になる。これぞまさにDomani編集部がイチ押ししたいベーシック名品。ページの都合上、誌面では語れなかった〝アラフォーが買うべき黒タートル〟を、選び方のポイントと一緒に教えます!

どんな派手色スカートとも相性抜群! 無印良品の黒タートルが優秀すぎる

とはいえ、ベーシックな黒タートルであれば何でもいいってわけじゃありません。アラフォーのボディラインをすっきり見せつつ、派手色スカートを上手に合わせられる、そんな一枚が必要です。星の数ほどある黒タートルの中から、Domani編集部が「コレ!」と見定めたのがこの一枚。


▲ニット¥2,769(無印良品 池袋西武)

セレクトポイントは以下の通り。

・身頃の編み地がフラット
・リブは首元&そで口&すそ周りまで
身頃が全面リブのタイトな黒タートルも多くありますが、リブの凹凸で厚ぼったくなりがち&タイトすぎてボディラインが悪目立ちしがち…。厚手のリブで体を覆うと「あれ? なんだか太った…?」と、野暮ったいシルエットに涙することになりかねません。そして、リブタイト×カラースカートというコンサバ感強めな組み合わせは「あれ? なんだか古臭い…?」とこれまた哀しい印象に。全面リブのタイトシルエットは避けるのが賢明です。
でも、首・そで口・すそといった体の出入り口部分はリブがあってもOK。締めどころがあることで、ニットをすっきり着こなせます。あくまでも〝身頃がNOTリブなフラットタイプ〟であることが大切!

・身幅に〝つかず離れず〟なゆとりがある
リブタイトがNGなら、どんなシルエットを選ぶべき? …答えは、ズバリ〝ゆるめ〟です。といっても、ブカブカ・ゆるゆるを薦めるわけではありません。オーバーすぎると逆に太って見えるし、すそをスカートにインしたときにウエストまわりがもたついてしまうもの。着用時にボディラインがあまり響かない、体に〝つかず離れず〟な余裕のあるものを選ぶことが重要です。ラフなシルエットが、派手色スカートの甘さを中和して今っぽく見せてくれる効果もありますよ。

そんなセレクトポイントをすべて網羅しているのが、この〝無印良品〟の黒タートル。身頃のシルエットが直線的であることも、おすすめしたいポイントです。ボディラインをスッキリ見せてくれる上に、ユニセックス感がUPするので、フェミニンなスカートも甘くなりすぎず着こなせます。

Domani12月号P126〜P129では、ひたすらこの〝無印良品〟の黒タートルに派手色スカートを合わせて、怒涛の12コーディネート。黒タートルって、こんな風に着こなしのバリエーションをつけたらいいんだ! と、とっても参考になるから要CHECKです!

まだまだあります! 編集部のイチ推し黒タートル

着回し力・シルエットともに優れた有能黒タートル、もちろん他にもまだあります。誌面では惜しくも紹介できなかったものの、「これはかなり使える!」と担当スタイリスト&エディターが惚れ込んだものがこちら。


▲ニット[右]¥29,000(TOMORROWLAND<TOMORROWLAND collection>) [左]¥18,000(BOSCH<B ability>)

二枚とも上に挙げたセレクトポイントをばっちりクリアしているのはもちろん、さらに〝欲しくなる〟〝着たくなる〟魅力を備えているんです。

そで口にもすそにもリブが一切ない〝TOMORROWLAND collection〟の黒タートル[写真右]は、どこまでもフラットでシンプルを極めた名品。首丈が少し短めなので、「首元をうまく処理できない」「首が詰まって見える」とタートルニットに苦手意識がある人にもオススメです。ウールにシルクとカシミアをブレンドした、なめらかな肌触りもたまりません。
そして、〝B ability〟の黒タートル[写真左]は、程よいドロップショルダーが特徴的。ドロップショルダーならではのナチュラルなゆとりが身頃にありつつも、ウエストまわりはコンパクトでゆるすぎない。計算されつくしたシルエットだから、スカートのウエストにすそをアウトしてもインしてもキレイに着こなせます。

最後に…黒タートル×派手色スカートの着回しをおさらい!

【1】黒タートル×グリーンスカート


艶めくグリーンで、旬のトラッドコーデも女らしく。ニット¥2,769(無印良品 池袋西武) スカート¥13,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス<ナノ・ユニバース>) 〝ヴェルメイユ パー イエナ〟のジャケット¥59,000・〝ザンケッティ〟のバッグ¥148,000(ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店) 〝マニプリ〟のチーフにしたスカーフ¥11,000・〝ネブローニ〟の靴¥61,000(フラッパーズ) メガネ¥35,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー<オリバーピープルズ>) ネックレス¥44,000(TIARA<タタボレロ>) リング[人さし指]¥14,000 [中指]¥7,600(CPR TOKYO<ルーカス ジャック>) 靴下¥1,000(タビオ<タビオ>)

【2】黒タートル×レッドスカート


クラシカルな小物使いが、赤の強さをより際立たせてくれる。ニット¥2,769(無印良品 池袋西武) スカート¥24,000(ルーニィ) イヤリング¥9,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店<マージョリー・ベア>) スカーフ¥11,000(フラッパーズ<マニプリ>) 時計¥1,100,000(DKSHジャパン<ベダ&カンパニー>) バッグ¥42,000(ショールーム セッション<POTIOR>) 靴¥42,000(ANAYI)

【3】黒タートル×ピンクスカート


寒色系小物を合わせて、フューシャピンクをキレ味よくシャープに。ニット¥2,769(無印良品 池袋西武) スカート¥46,000(ビームス ハウス 丸の内<エッフェ ビームス>) サングラス¥46,000(アイヴァン 7285 トウキョウ<アイヴァン 7285>) ピアス¥15,000(CPR TOKYO<ルーカス ジャック>) ストール¥36,000(TOMORROWLAND<DOUCE GLOIRE>) 時計¥25,000(シチズンお客様時計相談室<シチズン キー>) バッグ¥43,000(FUN Inc.<BELLMER>) タイツ¥1,000(グンゼ<CK カルバン・クライン>) 靴¥46,000(ハイブリッジ インターナショナル<ファビオ ルスコーニ>)

【4】黒タートル×イエロースカート


コントラストの強い黒×イエローも、まろやかなブラウンで優しく見せて。ニット¥2,679(無印良品 池袋西武) スカート¥8,900(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店<グリーンレーベル リラクシング>) ブルゾン¥49,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2<ジェット ロサンゼルス>) 頭に巻いたスカーフ¥18,000(マッキントッシュ青山店<マッキントッシュ>) ピアス¥46,000(TOMORROWLAND<AGMES>) バングル¥25,000(ノジェス) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店<J&M デヴィッドソン>) 靴¥33,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

派手色スカートを新調するなら、ぜひ黒タートルネックニットも一緒に♡ 紹介したアイテムとセレクトポイントを参考にして、今っぽくおしゃれにスタイルよく着回せる一枚を見つけてくださいね!

※この特集で紹介した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
※この特集で使用した商品についての問い合わせ先はこちらのページになります。
※この情報は2018年11月1日現在のものになります。

撮影/古謝知幸(PEACE MONKEY/人物)、小林美菜子(静物) スタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/小濱なつき 撮影協力/マーチ エキュート 神田万世橋 構成/旧井菜月

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事