あなたのグラデ、もう古くない!? この秋ドラマを生むのはこんな新鮮グラデ配色! | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2018.11.11

あなたのグラデ、もう古くない!? この秋ドラマを生むのはこんな新鮮グラデ配色!

いつにも増して、色にあふれている今季。まとうだけで新鮮な印象を連れてくるきれい色も、落ち着きをもたらすベーシックカラーも、この秋、まずはグラデーション配色でさりげなく取り入れたい。オフィスでも浮かないまろやかな雰囲気でおしゃれをブラッシュアップ。色を楽しむ1週間コーディネートをお届けします。

Tags:

グラデーション配色コーデで魅せる1週間コーディネート

《Powder Pink × Rose Pink》
休み明け、月曜日の憂うつさを吹き飛ばすピンクグラデーション配色で、フレッシュな朝をStart!

アイテムはベーシックに徹して、ピンクのレイヤードを堪能

シャープなVニット×きれいめセンタープレスのワイドパンツ。キレがあってきちんと感もあるアイテムの組み合わせだから、パウダーピンク×ローズピンクの濃淡配色も甘さが抑えられ、品よく都会的に仕上がる。ニット¥38,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉)パンツ¥49,000(ショールーム セッション〈サヤカ デイヴィス〉)レザージャケット¥73,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉)ショルダーバッグ¥110,000・トートバッグ¥140,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)靴¥99,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

《Brown × Camel》
秋めいてきた街の色彩を映し出すようなブラウン×キャメルで、季節感を盛り上げて。

ドラマティックなシルエットで、ワントーン配色に立体感を!

色にコントラストが少ない分、体に沿うリブニット×ふわっと広がるフレアスカートの大胆なシルエットのメリハリで印象的なスタイルに。大人の余裕を感じるブラウン×キャメルのコクのある組み合わせが、エレガントでセンシュアルな表情を漂わせる。ニット¥9,800(エレメントルールカスタマーサービス〈バビロン〉)スカート¥68,000(ショールーム セッション〈サヤカ デイヴィス〉)ストール¥20,000/参考価格(アマン〈アルテア〉)バッグ¥172,000(JIMMY CHOO)靴¥145,000(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

《Khaki × Moss Green》
デスクワークに社外打ち合わせ…スケジュールの詰まっている日には、カーキ×モスグリーンの頑張りすぎない配色でフットワークも軽やかに。

カジュアルな印象の配色は、異素材MIXでいい女に昇華!

キルティングブルゾン、リブニット、フェルトのタイトスカート。異なる素材を重ねることで立体感が生まれ、リュクスな着こなしに仕上がって。ブルゾン¥36,000(エストネーション〈エストネーション〉)ニット¥27,000(ロンハーマン〈オーラリー〉)スカート¥24,000(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)ネックレス¥29,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈サークル アメデー〉)時計¥18,000(エイチエムエスウォッチストア 表参道〈テクネ〉)タイツ¥1,200(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)バッグ¥359,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)靴¥135,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)  

《Brown Red × Terracotta》
きちんとなのに今っぽい! ブラウンレッド×テラコッタのこっくり配色で、ひとり残業dayを乗り切る。

同系色のグラデーション配色は、柄物の着映え力で存在感を発揮

ともすると全身がぼやけてしまうまろやかなグラデ配色。パリッとしたシャツ×きれいめクロップドパンツの辛口アイテムで引き締め、スタイリッシュに着こなして。シャツ¥15,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉)パンツ¥26,000(デザインワークス ドゥ・コート銀座店〈デザインワークス〉)めがね¥34,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)バングル¥43,000(エストネーション〈アリギエーリ〉)リング¥99,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈スピネリ キルコリン〉)

《Cobalt Blue × Brown》
資料づくりに大忙しな本日は、コバルトブルー×ブラウンの鮮やか&気品ある配色で、着こなしも気分もリフレッシュ!

チェック柄の1色とリンクしたブルーニットではつらつと!

ブラウンベースのチェック柄フレアスカートに、コバルトブルーのリブニット。色とシルエットでメリハリを利かせつつ、流行柄を投入することでコーディネートを今どきにアップデート! ニット¥13,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉)スカート¥33,000(サザビーリーグ〈ユニオンランチ〉)イヤリング¥16,000・ブレスレット¥20,000(ADER.bijoux)バッグ¥225,000(バリー 銀座店〈バリー〉)靴¥69,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

《Beige × Mustard》
忙しさも一段落の金曜夜。ベージュ×マスタードイエローの上品配色で、久しぶりのデートへ♥

目を引くマスタードイエローは、まろやかなベージュで優しい表情に

流行色イエローは、明るい色味だと子供っぽくなりがちなので暗めトーンを選ぶのが大人の選択。色自体に強さがあるので、グレージュのバッグやキャメルのブーツなど、小物もニュアンスカラーでそろえ、全身をなじませ配色にまとめると上品に着こなせる。ニット¥25,000(Theory luxe)スカート¥18,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉)ネックレス¥19,000(エレメントルールカスタマーサービス〈ザ リーン/バビロン〉)タイツ¥1,200(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)バッグ¥150,000(JIMMY CHOO)靴¥69,000(デザインワークス ドゥ・コート銀座店〈ペリーコ〉)

《Charcoal × Gray》
プレゼン直前のチームミーティングは、親しみやすさもUPするカジュアルなグレーの濃淡で、頼れる先輩に!

リラックス感ある柔和なグレーは、デニムで程よくカジュアルに

ワントーン配色は、色の濃淡をしっかり変え、メリハリを利かせるとのっぺりせず、スタイルUPも叶って。色に落ち着きのあるグレーは、きれいめにまとめるより、ゆるめプルオーバーやデニムなどカジュアルな要素を盛るのが老けて見えない秘訣。プルオーバー¥19,000(ブルーバード ブルバード)肩にかけたニット¥1,990(koe 渋谷店〈koe〉)パンツ¥23,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)めがね¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)スカーフ¥7,800(エリオポール代官山〈エリオポール〉)時計¥19,000(エイチエムエスウォッチストア 表参道〈モックバーグ〉)バッグ¥289,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)靴¥44,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈チャーチ〉)

《Dark Red × Grege》
ダークレッド×グレージュの女っぽさとシックさを味方につけて、クライアントとの会食へ向かう夜7時――。

勝負のシーンは、パッションを感じるダークレッドの熱量を味方につけて

華やかなダークレッドは、ムードたっぷりな淡いグレージュで、シックな雰囲気に仕上げて。タイトスカートは、秋の気配を運んでくれる素材のスエードを選ぶとこなれ感も手に入る。ニット¥28,000(JEANPAULKNOTT 青山店)スカート¥38,000(エイチ ビューティ&ユース〈エイチ ビューティ&ユース〉)時計¥22,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉)リング¥15,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉)ブレスレット¥27,000(フラッパーズ〈シー〉)スカーフ¥11,000(アルアバイル〈マニプリ〉)タイツ¥600(福助〈フランティカ クローゼット〉)バッグ¥236,000・靴¥99,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

《Sax Blue × Navy》
仕事疲れを払拭するさわやかなサックスブルー×ネイビーは、あえてボーイッシュに着てこそ今どき!

チャーミングなドット柄で、メンズっぽさを程よく軽減

ダークネイビーにサックスブルーのドット柄シルクブラウスを挟み、しなやかな抜け感を。着こなしが重くなりがちな秋でも、ブルーのグラデーションなら軽快さが備わって。クラシックなトレンチコートにキャメルのバッグを添えて、流行のトラッドなムードを牽引。コート¥79,000(アングローバル〈イレーヴ〉)ブラウス¥30,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉)パンツ¥26,000(エストネーション〈エストネーション〉)時計¥22,000・付け替えたストラップ¥5,500(NOJESS)バッグ¥57,000(マイケル・コース カスタマーサービス〈マイケル マイケル・コース〉)靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

Domani2018年10月号『里子の「今日もお仕事」!  秋色グラデーション♡』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/鷺坂 隆 スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/小泉里子(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/菅 博子 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事