黒白ボーダーを今っぽくマンネリせずに着る方法教えます! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2018.12.10

黒白ボーダーを今っぽくマンネリせずに着る方法教えます!

春夏の定番アイテムと思っていたボーダーカットソー、そろそろ着こなしがマンネリ化していませんか?色や柄や素材を足せばボーダーカットソーはより素敵に着映えるもの。オールシーズン着ているその一枚、ぐっと見違えます!

Tags:

【Method 01】ベージュスタイルのアクセントとして使ってみる

この秋、おしゃれのベースカラーに躍り出たベージュ。夏はモノトーンになじませていたボーダーだけど、寒い季節は注目カラーのベージュに〝効かせる〟着こなしでアップデートをはかりたい。を感じるまろやかトーンはボーダーで変化をつけて、おしゃれに引き締めて。

老け見えしがちなベージュも×ボーダーならフレッシュな印象

さらにカゴバッグで王道なスタイリングに。秋も冬もずっと活躍させたい、大好きな組み合わせ! カットソー¥9,800(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉)肩にかけたニット¥70,000(カオス表参道〈カオス〉)スカート¥23,000(ゲストリスト〈upper hights〉)リング[人さし指]¥68,000・[中指]¥96,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉)バッグ¥26,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈Athena New York〉)靴下¥7,200(リーミルズ エージェンシー〈パンセレラ〉)靴¥19,000(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉)

【Method 02】クラシカルに魅せたいなら、スカーフ一枚あればいい!

これまでは白シャツに合わせがちだったスカーフを、ボーダーにON。デイリーな印象のボーダーもスカーフのクラシックな柄で秋らしいシックな表情に。首元にチラリ、ではなく適度に存在感のあるボリュームをもたせ、少しラフに巻くくらいが今っぽい!

ハリのあるコットンボーダーにシルクスカーフの艶がよく映える

インパクトのある鮮やかな柄スカーフを合わせた分、ボトムは引き算。黒デニムでモノトーンにまとめてバランスよく。落ち着きがあるけれど決してカッチリしすぎない、こなれ感のある装いに。カットソー¥11,000(ゲストリスト〈ルミノア〉)スカーフ¥16,000(アルアバイル〈マニプリ〉)〝RH ヴィンテージ〟のパンツ¥23,000・〝サンメイア〟のリング¥280,000(ロンハーマン)イヤリング¥4,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈エー・ヴィー・マックス〉)バッグ¥138,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

【Method 03】ラフなパリジェンヌ気分で、大人の赤を少し足す!

赤を効かせたフレンチ風のボーダースタイルは「一生好き!」な定番の装い。その鮮度を上げるなら〝キュートな赤〟ではなく〝大人の赤〟を、少しだけ。ヘアカーフ素材のバレエ靴、レザーの端正なミニバッグ…赤小物でかっこよく、カジュアルを洗練させて。

赤に宿る女性らしさをほんのり香らせたら、ボーダーも自然と色っぽく

パンツの後ろポケットから、暖色のスカーフをちらり。後ろ姿に大人のかわいさを忍ばせて。カットソー¥10,000(アニエスべー〈アニエスベー〉)バッグ¥180,000(アダム エ ロペ〈プレイズ〉)靴¥31,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)パンツ¥32,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)メガネ¥4,200(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)ベルト¥17,000(ドレステリア 銀座店〈メゾン ボワネ〉)パンツのポケットに入れたスカーフ¥11,000(エリオポール代官山〈マニプリ〉)リング[人さし指]¥57,000(ロンハーマン〈リジェ〉)[中指]¥46,000(ココシュニック)

【Method 04】女らしさとトレンド感は、足元のストレッチブーツで

女っぷり抜群なベルベットのストレッチブーツ。着こなし方を少し悩んでしまいそうな旬小物も〝いつものボーダー〟と一緒なら、冒険できるはず。モードな一足で、ボーダーを女前にアップデート。

ドレッシー靴で、ボーダーもレディな雰囲気に

女らしいブーツは、ユニセックスな地厚のボートネックボーダーとクールなライダースジャケットで甘辛MIXに。ペイズリー柄バッグで、キャッチーさを盛って。カットソー¥10,000(セント ジェームス代官山店)靴¥49,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)ジャケット¥34,000(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉)スカート¥54,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)ネックレス¥165,000(aiwa〈カラットアー〉)リング[太]¥22,000・[細]¥21,000(ココシュニック)サングラス¥18,000(シック〈エーディーエスアール〉)バッグ¥24,000(カレンソロジー青山〈en shalla〉)

【Method 05】まだ秋の初めだけど、ファーバッグをもう持っちゃう♡

〝季節を問わない〟定番のボーダーカットソー。だからこそ、秋冬の訪れをわかりやすく表現してくれるモコモコのファー素材を、先んじて合わせてしまいたい。バッグなら、気負うことなく今すぐ取り入れられる!

ファーでピンクでヒールで、ボーダーをおめかし!

バッグはファーだけど、足元は露出感のあるヒールサンダル。季節の境目である初秋だからこそ叶う組み合わせで、大人の女性の余裕を漂わせながら、華やかなボーダー姿を追求したい。カットソー¥13,000(アダム エ ロペ〈トラディショナル ウェザーウェア フォー アダム エ ロペ〉)バッグ¥42,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)スカート¥35,000(FUN Inc.〈VONDEL〉)サングラス¥50,000(SUNRISE〈CUTLER AND GROSS〉)靴¥43,000(ビームス ハウス 丸の内〈ネブローニ×デミルクス ビームス〉)

【Method 06】王道のブルーデニムをコーデュロイにチェンジ!

定番トップスの鮮度UPに必須なのはボトムの更新。ボーダーにはついブルーデニムを合わせがちだけどこの秋は、旬素材・コーデュロイに替えてみて。クールな寒色、細畝のシャープな一本を選ぶことでほっこり見えず、都会的な着こなしを生み出せる。

鮮やかにパッと目を惹くオレンジバッグも秋らしさの盛り上げ役

モノトーンボーダー×サックスブルーのさっぱりした色合いのワンツーコーデ。マンダリンオレンジのバッグで、秋らしい温かみと華やかさをプラスして。クリーンな白レザースニーカーで、重めボトムに軽快な抜け感を。カットソー¥22,000(ユナイテッドアローズ 日本橋店〈アンスクリア〉)パンツ¥32,000(ebure)帽子¥64,000(エストネーション〈ジジ バリス ミリナリー〉)リング¥12,000(ココシュニック)バッグ¥36,000(アダム エ ロペ〈ヴァジック〉)靴¥61,000(ロペ エターナル〈コモン プロジェクツ〉)

【Method 07】チェックジャケットで、柄×柄に挑戦してみる

トラッドが流行している今年の秋は、ボーダーにチェックを合わせる難易度の高い装いにもトライ! 遠目にはグレーに映るような、細かなグレンチェックのジャケットをなじませ、すっきりとスマートに。大人っぽくシックにまとめるのが、成功への近道。

マニッシュアイテムも、ボーダーと一緒ならどこかチャーミングに

ハンサムなチェック柄のテーラードジャケット。ボーダーの上にはおるなら、ざっくりと肩掛けしてラフに着くずすくらいがちょうどいい。大ぶりピアスの艶感でさりげなく女らしく。〝ドレステリア〟のカットソー¥13,000・〝ステー〟のバッグ¥85,000(ドレステリア 銀座店)ジャケット¥50,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈デザイナーズ リミックス〉)パンツ¥34,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)ピアス[右耳]¥23,000・[左耳]¥28,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)メガネ¥31,000(SUNRISE〈Persol〉)

Domani2018年10月号『黒白ボーダーを“秋っぽく”着る7つの方法』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/三宮幹史 スタイリスト/亀 恭子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management)モデル/絵美里 撮影協力/丸の内ブリックスクエア 三菱地所、ブラッスリーオザミ 丸の内店 構成/旧井菜月

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事