年末年始の予定は決まった?旅先で役に立つ「デニム+フラット靴」の最強コーデ6選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONコーデ、どう着る!?

2018.12.07

年末年始の予定は決まった?旅先で役に立つ「デニム+フラット靴」の最強コーデ6選

旅デニムの〝大人基準〟ってなんだろう? と考えてみたところ、こんな結論が出ました。さあ、休日にしかできないおしゃれで出かけよう!

Tags:

足を伸ばして沖縄の海へドライブ旅!
着映え力のあるトップスを味方に、海辺に似合うリラクシングなムード

都会を離れて、開放感のあるシチュエーションを満喫したい。そんな旅は、運転中も心地よく過ごせるゆるデニムと、ワンツースタイルでも華やかに見える、一枚サマトップスが相棒。

ライトブルーデニムのヘルシー感が、休日ならではの爽快さを演出

右:腰周りはゆったりしつつ、ウエストがやや細めでスタイルアップも計算したゆるデニム。一本でトレンド感があり、きれいめなストライプブラウスにもこなれ感が宿る。バレエシューズでチャーミングに仕上げるのが、休日ならではの遊び心。デニム¥30,000(エスストア〈SEA〉)靴¥12,000(アダム エ ロペ)〝サクラ〟のブラウス¥19,000・〝ジョシュア エリス〟のストール¥52,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)イヤリング¥28,000(ビームス ハウス 丸の内〈グリン〉)バッグ¥13,889(バナナ・リパブリック) 

配色ブラウス&きれいめ靴で、カジュアルながらリッチな印象に

左:下のデニムを着用。程よいゆるさとデニムらしいこなれ感を両立する〝レッドカード〟の人気モデル。トップスや小物をシックな色味でまとめれば、単なるカジュアルに終わらない女らしさが漂う。デニム¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉)靴¥12,963(バナナ・リパブリック)ブラウス¥40,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈MOUJIC〉)イヤリング¥28,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉)リング¥38,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)バッグ¥29,000(バビロン〈オーロラプレステージ〉)

左モデル着用♡”レッドカード”のデニムパンツ

ディテールを解説

《CHECK 1》股上はグッと深めが主流に! 安心感もあり◎
《CHECK 2》ノンウォッシュや軽めの色落ちなら、安定の〝きれい見え〟
《CHECK 3》太ももゆるっと or ワイドシルエットでノーストレス!

ストレッチ素材の縦糸に色ムラのある糸を使用することで、コットン100%のような風合いと色落ちを実現。軽快なアンクル丈も万能。デニム¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉)

沖縄の海はやっぱり最高!海辺のドライブインで話題のスイーツを満喫♥

シンプルなブルーデニムを、赤ボーダーでキャッチーな装いに

右:ボーイッシュさが魅力のゆるデニムは、女らしい赤ボーダーやきれい色スニーカーを投入することで華やぎ、大人の休日にふさわしく。デニム¥10,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス®〉) 靴¥12,963・トップス¥7,315(バナナ・リパブリック)ピアス¥9,800(UTS PR〈ルフェール〉)ネックレス¥10,000(JEANPAULKNOTT 青山店〈JEANPAULKNOTT〉)バッグ¥50,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈メゾン ボワネ〉)

カーキやボルドー、パイソン柄で、晩夏の着こなしもほんのり秋顔

左:辛口派に人気のグレーデニムもゆるめシルエットが旬。まだ暑い時期に合わせたいTシャツは、カーキを選んでドライな女らしさを。足元はパイソンでよりエッジィに。デニム¥15,000(カイタックインターナショナル〈モナーム〉)〝エーティーピーアトリエ〟の靴¥58,000・〝アストラット〟のカーディガン¥27,000(アストラット 新宿店)Tシャツ¥11,000(ジェームス パース 青山店〈ジェームス パース〉)ピアス¥13,000(UTS PR〈ディス〉)バッグ¥55,000(アー・ペー・セー カスタマーサービス〈A.P.C.〉)

もうすぐ目的地、気持ちいい〜!さ、帰りはどっちが運転する?

マリンブルーの景色に映える、フレンチシックな私は休日限定♡

右:ウエスト位置が高めのワイドデニムがクラシックな表情。デニムのシルエットがボリューミーだから、ときには低めの太ヒールでバランスよく。デニム¥13,889(バナナ・リパブリック)靴¥13,000(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉)ニット¥21,000(ロンハーマン)スカーフ¥9,000(ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉)サングラス¥30,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈モスコット〉)ピアス¥68,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉)バッグ¥57,000(ビームス ハウス 丸の内〈アーロン〉) 

とろみブラウス&まろやかな色使いで、デニムカジュアルもぐっと女っぽく

左:人気デニムブランド〝マザー〟からゆるっとバギーが登場。軽めのブルーデニムに、ペールピンクのとろみブラウスやベージュの足元がなじみ優しげな雰囲気に。〝マザー〟のデニム¥34,000・〝エキップモン〟のブラウス¥28,000(サザビーリーグ)靴¥18,000(バビロン〈カルメン〉)サングラス¥51,500(マイキータ ジャパン〈マイキータ〉)ピアス¥11,000・ネックレス¥9,000(UTS PR〈ディス〉)

Domani2018年10月号『「デニムはゆるっと、足元はフラット」休日はこれでいい♡』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/土山大輔(TRON/人物)、池田 敦(パイルドライバー/静物)スタイリスト/安西こずえ(CoZ inc.)ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO)メーク/中村了太(3rd)モデル/里海、竹内友梨 撮影協力/BMW JAPAN、EASE、鎌倉あきもと 構成/松井美雪

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事