「スタバ色にはピンクもブルーも合う」のは本当か!? を着回しで実験してみました! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION瞬間風速的!ファッションニュース

2019.01.11

「スタバ色にはピンクもブルーも合う」のは本当か!? を着回しで実験してみました!

ブラウン系のコーディネートにはピンクとブルーがお似合い♡なんです。程よい甘さがプラスされる着こなしは大人の装いを盛り上げてくれること確実です。

Tags:

一枚の“スタバ配色”アイテムを、ピンクとブルーで着回してみたら…?

きれいなトーンにうっとりしちゃう「〝スタバ配色〟×ピンクorブルー」の方程式を、さらに実践的にご紹介。同じアイテムを使って、ピンクとブルーでどう着分けられるか、実験してみました。

《ベージュのニットを着回し!》


ふんわり、やわらかな色調のカシミアニット。オーバーサイズなのでリラクシーに着こなしたい。ニット¥18,509(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉)

《BLUE》ニットの穏やかな表情が、ブルーのパンツを優しく受け止めて

カシミアの風合いとベージュの明るいトーンは、差し色の分量が多い場合も上手になじんでくれる。ボトムにとろみのあるブルーのパンツを合わせて、さわやかに。ニットのインには白Tをレイヤード。襟ぐりからちらりとのぞく白が、抜け感をもたらす。ニット/上と同じ Tシャツ¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉)パンツ¥20,000(Stola./ストラ)サングラス¥41,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)ブレスレット¥12,000(ビームス ハウス 丸の内〈フィリップ オーディベール〉)バッグ¥88,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥31,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオルスコーニ〉)

《PINK》ピンクのカシミアストールで、顔映りをさらにアップ!

濃いブラウンのニットフレアを合わせて、ゆとり+ゆとりの今どきバランスを完成。胸元にはややスモーキーなピンクのストールをあしらえば、チークのような効果が狙える。ニット自体に赤みがあるので、自然かつ甘すぎない雰囲気に。足元にもさりげなくスモーキーピンクを♡ ニット/右上と同じ スカート¥53,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ドゥーズィエム クラス〉)ストール¥69,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)イヤリング¥9,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈マージョリー・ベア〉)バッグ¥19,000(フラッパーズ〈メゾン ヴァンサン〉)靴¥39,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉)

《ブラウンのパンツを着回し!》


ウールベースのタッククロップドパンツは、杢ブラウンが表情豊か。引き締め色ながら、黒やネイビーより新鮮な印象。パンツ¥30,000(ビームス ハウス 丸の内〈ヴィガーノ〉)

《BLUE》ブルーコーデュロイのロングシャツを、濃いブラウンでピリッと辛口に

シャツ、バッグ、スカーフでブルーをリフレイン! 知的なチョコレートブラウンなら、そんな重ね技も、いやみなく包み込んでくれる。アウターには、あえて丈の短いライダースブルゾンをチョイス(ちなみにフェイクスエードで着やすい)。ロングシャツの上から肩かけすると、新感覚のバランスに。パンツ/上と同じ シャツ¥12,000(エレメントルール カスタマーサービス〈バンヤード ストーム〉)ブルゾン¥29,000(LOUNIE/ルーニィ)ピアス¥38,000(フレーク)バッグ¥49,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈エレメ〉)スカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)靴¥38,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

《PINK》憧れ度の高いピンクのコートも〝スタバ配色〟でクリア! YEAH!

懐かしい、〝アポロチョコ〟のような配色に胸キュン。ブラウン×ピンクは濃厚なので、ところどころに白を差して、抜けを出すことが大切。コートのインにウエストバッグを仕込むアレンジは、今シーズン真似したいテクニック。パンツ/上と同じ コート¥42,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉)〝メゾン シャントワーズ〟のカットソー¥11,000・〝ファビオ ルスコーニ〟の靴¥23,000(シップス 渋谷店)サングラス¥17,000(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)ピアス¥15,500(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉)バングル¥46,000(マユ アトリエ〈マユ〉)バッグ¥12,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉)

《キャメルのスカートを着回し!》


まさにキャラメルマキアートを思わせる色味! ひざ下丈のラップスカートはさらりとした生地感で、大人っぽさ満点。スカート¥11,000(ゲストリスト〈ステートオブマインド〉)

《BLUE》ブルーのコクーンコートに、ブルーのストールを重ねるのが小粋

スカートがタイトだから、アウターはオーバーサイズにして、今っぽいシルエットに。ブルーの色調がやや強いけれど、チェックのストールを重ねることで、和らいだ印象が生まれる。チェックの中にさりげなくベージュも使われている点は、もちろん計算済み! スカート/上と同じ コート[ベルト付き]¥65,000(レスプラスデザイン〈エムダブリュー〉)カットソー¥8,500(ボウルズ〈ハイク〉)ストール¥9,500(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店〈ムーン〉)バングル¥68,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉)バッグ¥15,000(エリオポール代官山〈ペレッテリア べネタ〉)靴¥82,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

《PINK》ほんのちょっと、なのに効果的。甘さが苦手な人におすすめの着こなし

女らしい着こなしは好きだけど、甘いのは…という人は、小物だけでピンクを盛って。洋服は明るいキャメルトーンだから、暗く沈むこともない。バッグもかっちりしたフォルムを選べば甘さが軽減。そしてピアスだってピンク! ディテールまで手を抜かないセレクトが、「おしゃれ」→「すごーくおしゃれ」への道!! スカート/上と同じ ニット¥18,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉)ピアス¥21,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ヴァレット〉)バングル¥24,000(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉)バッグ¥30,000(コード〈VASIC〉)靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

《ベージュのジャケットを着回し!》


流行のロングジャケットは、〝スタバ配色〟なことで生真面目にならない。ジャケット[ベルト付き]¥142,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 丸の内店〈マディソンブルー〉)

《BLUE》ブルーの位置と量を変えてみたら? 誌上実験してみました

実は仕組みは、上の写真のブルーのコーディネートとほぼ同じ。だけど色のボリュームと配置を変えると、こんなに違って見えてくる。こちらの着こなしはベージュやキャメルの分量が多いので、小物まで〝スタバ配色〟にすると、老けて見えてしまう可能性も。だからあえて黒の小バッグとヒールで外し、コショウのように、ピリッとしたアクセントを振りかけて。ジャケット/上と同じ ニット¥18,000(ANAYI)スカート¥16,000(アルアバイル)ピアス¥16,000(martinique丸ノ内〈アントン ヒュニス〉)バッグ¥101,000(アパルトモン 青山店〈ザンケッティ〉)靴¥31,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

《PINK》実はテラコッタカラーの小物がつなぎ役になってることを要チェック

大胆なチェリーピンクのワイドパンツは、ベージュのロングジャケットで分量を抑えて。ジャケット/上と同じ カットソー¥24,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)パンツ¥23,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)メガネ¥44,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)イヤリング¥9,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈マージョリー・ベア〉)ブレスレット¥36,000(ミックステープ〈chigo〉)バッグ¥35,000(シップス 渋谷店〈ダミー アンド ベンジャミン〉)スカーフ¥16,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)靴¥46,000(ビームス ハウス 丸の内〈ペリーコ〉)

Domani2018年11月号『“スタバ配色”にピンクとブルーで大人の甘さ♡をカスタム!』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/佐藤 彩(静物)、岡本 俊(まきうらオフィス/人物)スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/小林 懸(glams)モデル/RINA 構成/湯口かおり

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事