それ、イタイ!平成初期の華奢ネックレス重ねづけにしがみついてるの〝コンサ婆さん〟の証かも!【過去の栄光コンサ婆さん 第3回】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.01.02

それ、イタイ!平成初期の華奢ネックレス重ねづけにしがみついてるの〝コンサ婆さん〟の証かも!【過去の栄光コンサ婆さん 第3回】

プチッとした華奢ネックレスを2連、3連で重ねづけ。「記念日ごとに彼に買ってもらってます♡」と言わんばかり、その昔は自慢げにつけていましたっけ…。でも、今ではその華奢ネックレスの重ねづけこそが〝コンサ婆さん度〟を加速させている可能性も!?

Tags:

昔のステータスが〝過去の栄光コンサ婆さん〟の証に…

「10年後も大切に使おう」と思って買ってもらったハートやお花があしらわれた華奢ネックレス。大人になっても使えないことはありませんが、30代、40代の女性がプチネックレスを重ねづけすると、なんだか年齢不詳な印象に…。少女趣味っぽく見える場合もあれば、急に授業参観っぽく老け込んでしまったり。特にいけないのは、タートルネックに重ねる華奢ネックレス。最近は、アクセをたくさんつけるのではなく、ネックレスはせず、大ぶりピアス1点に絞ったり、存在感のあるバングルだけつけるのがおしゃれの傾向。その点から言っても、華奢ネックレスはしばらくお休みしてよさそうです。

ノーネックレスじゃ首元が寂しい…そんなときはスカーフをちょい見せ!

「職業柄、派手なピアスはできない」という人も多いと思います。そんなときは、スカーフをタートルネックから少しのぞかせる、ちょい見せテクがおすすめ! きちんと感が増すうえ、顔周りがぐっと華やいで見えます。
次回は、「スカーフちょい見せ」の全身コーデをご紹介します!

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事