大好きレーススカートこそ、ちゃんと更新していないと妙な色気出ちゃいますよ!【スタイリスト渡辺智佳が指南する現役感コーデ】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.01.24

大好きレーススカートこそ、ちゃんと更新していないと妙な色気出ちゃいますよ!【スタイリスト渡辺智佳が指南する現役感コーデ】

忙しいからって、おしゃれの更新、疎かにしていませんか?そんなコンサ婆さん化しかねないワーママたちをスタイリスト渡辺智佳が徹底観察。彼女たちに大事なのは…“抜け感„でも“こなれ感„でもなく『現役感』だった!そんな『現役感』を生み出すアイテムとして今回は【レーススカート】をピックアップ。定番アイテムだからこを何よりも大事な選びのポイントを教えちゃいます。

Text:
渡辺智佳
Tags:

レーススカートは『現役感』と『着回し力』の両方を兼ね備えた万能アイテム

スカートの中でも【レーススカート】って特別女っぽくて、まさに『現役感』を演出する代表アイテムと言っていいのではないでしょうか。そして実はトップスを選ばない万能アイテムでもあるんです。ONの日はジャケットやブラウスなどかっちりしたアイテムと、OFFの日はパーカやカットソーなどかなりカジュアルなアイテムだって難なく受け止めてくれる。足元だってパンプス、スニーカー、そして流行りのレギンス合わせだってもちろんOK。

大丈夫?あなたの【レーススカート】、『現役感』ではなく“ウッフン♡感„出てませんか??

もう何年も定番アイテムのポディションにいる【レーススカート】ですが、ちゃんと更新してますか?とっても女っぽいアイテムだからこそ、ともすると妙な“ウッフン感„が出てしまうことも。この“ウッフン感„、結構イタ見えの原因になることも多いので、選びのポイントしっかり抑えておきましょう!

▶︎ポイント1
スカート丈は膝下がマスト。この丈感でちゃんと更新してるかどうか一目瞭然。丈が長いだけでも着こなしに上品さが生まれます。

▶︎ポイント2
レースは高品質なものを選ぶ。定番アイテムだからこそプチプラブランドからも沢山出ていますが、レースは値段が品質に表れやすいので、いい大人ならここはしっかり投資しましょう。

▶︎ポイント3
黒は“ウッフン感„を出してしまう可能性が高いので避けましょう。ニュアンスカラーなら女っぽさも清潔感も叶います。

スカート¥28,000(ガリャルダガランテ 表参道店<ガリャルダガランテ>) ジレ¥43,000(エム・アイ・ディー<ブレンヘイム>) ブラウス¥10,000(ゲストリスト<ステートオブマインド>) ピアス¥18,000・ネックレス¥14,000(ジュエッテ)   時計¥65,000(アガット)  バッグ¥48,000(ショールーム セッション<OAD NEW YORK>) 

撮影/杉本大希(人物) 坂根綾子(静物) ヘア&メーク/桑野泰成 モデル/榎本侑姫 スタイリング&構成/渡辺智佳

※この特集で使用した商品についての問い合わせ先はこちらのページになります。
※この情報は2018年12月27日現在のものとなります。

あわせて読みたい
定番の白パンツ、更新していないと懐かしい人になっちゃうかも!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事