いつまで平成初期に居座るつもり?ボーダーに「カーディガンのプロデューサーがけ」【ボーダーでコンサ婆さんの危機】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.02.27

いつまで平成初期に居座るつもり?ボーダーに「カーディガンのプロデューサーがけ」【ボーダーでコンサ婆さんの危機】

その昔、ボーダーカットソーにカラーカーデの肩がけが大ブームに。街行く女子たちはみんなしていましたっけ。でも、今、それをしているのは時代に取り残されたボーダーコンサ婆さんだけ! 色を差すなら「小物よりメインアイテムで」が、今どきです。

Tags:

カラーカーデの肩がけが、ボーダーを古く見せている!

今からさかのぼること7~8年前(さらにその20年前くらいも!)、モノトーンのボーダーアイテムにカラーカーデ(特にイエロー)をゆるっと巻いて色を差すスタイル(通称:プロデューサーがけ)が大流行。イケてる女子たち(当時!)は、こぞってカーデのゆる巻きをしていましたよね。みんなが大好きだったコーディネートだからこそ、今それをやると「なつかし~」と悪目立ちしてしまいます。


色を差すなら小物よりメインアイテムで!

モノトーンになりがちなボーダーコーデ。色を差すなら、いっそカラーボーダーに挑戦してみては? ママとも同士でかぶりがちなボーダーも、色ものなら一歩先行くおしゃれを楽しめます。そんなカラーボーダーの全身コーデは、また次回!


▲カットソー¥11,000(ゲストリスト<ルミノア>) パンツ¥19,000(ガリャルダガランテ 表参道店<ガリャルダガランテ ネイビー>) ピアス¥7,195(アビステ) バッグ¥59,000(goldie H.P.FRANCE<NICO GIANI>)

【問い合わせ先】
ゲストリスト 03-6869-6670
ガリャルダガランテ 表参道店 03-5766-1855
アビステ 03-3401-7124
goldie H.P.FRANCE 03-5778-2022

イラスト/村澤綾香 撮影/田中麻以 スタイリスト/角田かおる モデル/小林有里 構成/木戸恵子

【あわせて読みたい】
ボーダー×デニム…それ、コンサ婆さんも呆れちゃうくらい「フツー」です
ボーダー×デニムのフツーすぎるコンサ婆さんが赤プリーツでドラマティックに変身!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事