サマーウールが着心地抜群な"THIRD MAGAZINE"のスリットタイトスカートはすっきり動きやすい!~ワーママエディターが語るこの春欲しい理由のあるもの~ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONアイテム、何買う!?

2019.03.30

サマーウールが着心地抜群な”THIRD MAGAZINE”のスリットタイトスカートはすっきり動きやすい!~ワーママエディターが語るこの春欲しい理由のあるもの~

忙しく働くママだからこそ、お買い物に失敗しているヒマはない! だから「買う理由がちゃんとある」ものしか欲しくない!そんな目線の元、Domani編集部のリアルワーママエディター小池百々子と福本絵里香が、この春欲しいアイテムを、ママ目線も絡めながらあ~だこ~だ好き勝手に語ります!今回のアイテムはTHIRD MAGAZINEのスリットタイトスカート!

Tags:

深めの前後スリットでミディ丈のタイトスカートなのに足さばきがよく動きやすい!

忙しく働くママだからこそ、お買い物に失敗しているヒマはない! だから「買う理由がちゃんとある」ものしか欲しくない! 

そんな目線の元、Domani編集部のリアルワーママエディター小池百々子と福本絵里香が、この春欲しいアイテムを、ママ目線も絡めながらあ~だこ~だ好き勝手に語ります! 今回のアイテムは、そろそろ女っぷりのいいスタイルも取り入れていきたいと思っているワーママにぜひオススメしたい!

THIRD MAGAZINEのスリットタイト ¥29,000(THIRD MAGAZINE)

福本 タイトスカートって産休・育休中は絶対はかないアイテムだよね。

小池 はく必要性がないもん。

福本 このキリッとした黒のタイトスカートは、まさにイケママな感じがするな。

小池 わかる(笑)。最近、いろいろ隠してくれるロング丈のフレアスカートばかり着ていたけど、久しぶりにタイトはきたい。実はこれ、展示会でオーダーしたの。大人がはきやすい少し長めの丈感とか、スリット具合が絶妙で、ひと目ぼれ。

福本 タイトスカートってひざ丈だと古く見えるけど、この長めの丈は今っぽい

小池 試着したけど、想像以上に歩きやすかったよ。スカート丈が長い分、スリットが深めといってもひざ上くらいまでだから、変ないやらしさはないし。

福本 このスリットがあるから、フラットシューズを履いても脚が短く見えなそう。

小池 Tシャツやスエット合わせのときはスニーカーを履きたいし、きれいめのブラウスに、ポインテッドのフラット靴とかも合いそう。ママ的にフラットが履けないと、結局出番が少なそうだけど、これは安心。

福本 試着といえば、この”THIRD MAGAZINE”って、店舗は全サイズ試着できるショールームで、気に入ったものはオンラインで買うんだよね。

小池 パパッと気になるものを試着して、あとで自宅でゆっくり考える、忙しいママの新しい買い物スタイルだね。

スポーティなブルゾンでクールに振り切ってもサマになる!


▲それだけで女らしいタイトスカート。とことん女らしく着るより、ラフな味つけで女らしさを少し残 す、くらいが今の気分。スカート/上と同じ ブルゾン¥25,000(アルアバイル) Tシャツ¥12,000(アパルトモン 青山店〈ジェームス パース〉) 帽子¥1,990(AG バイ アクアガール) ピアス¥60,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 時計¥580,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) ブレスレット¥53,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥160,000(バリー 銀座店〈バリー〉) 靴¥33,000(エストネーション〈チェンバー〉)

もっと欲しくなる”りゆうがあります”!


フロントもバックも同じ深さまでスリットが入っていることで、長め丈でも足さばきがよく、さらに脚長効果も期待できちゃいます!

デビューしたとたん、おしゃれママやスタイリストから指名率の高い“THIRD MAGAZINE”。まず手に取ってみるなら、こんなキレのいいタイトスカートはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
▶︎流行のスポーティがほんのり香る”SLOANE”のニットポロは手入れも簡単でママにも嬉しい!

ワーママエディター

小池百々子

1歳の男の子のママ。授乳中のため、トップスはなるべく装飾のないデザインのものをチョイス。大好きなゴルフに復帰するタイミングを検討中。

ワーママ編集

福本絵里香

4歳の男の子のママ。子どもも大きくなり、そろそろファッションを楽しめるように。しかし衰えたヒール筋はなかなか戻らず、いまだもっぱらぺたんこ派。

 

●この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格です。
●この特集で使用した商品についての問い合わせ先にはこちらのページよりご確認ください。 ※この情報は2019年2月21日現在のものです。

Domani4/5月号「”この春、ワーママエディターが欲しいもの”には『りゆうがあります』。」
撮影/金谷章平(人物)、魚地武大(静物) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/林 香里(ROI) モデル/黒木なつみ、竹内友梨 構成/小池百々子、福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事