美人力アップ!"TSURU by MARIKO OIKAWA"のマキシ丈プリーツスカートで春気分♡~ワーママエディターが語るこの春欲しい理由のあるもの~ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONアイテム、何買う!?

2019.03.27

美人力アップ!”TSURU by MARIKO OIKAWA”のマキシ丈プリーツスカートで春気分♡~ワーママエディターが語るこの春欲しい理由のあるもの~

忙しく働くママだからこそ、お買い物に失敗しているヒマはない! だから「買う理由がちゃんとある」ものしか欲しくない!そんな目線の元、Domani編集部のリアルワーママエディター小池百々子と福本絵里香が、この春欲しいアイテムを、ママ目線も絡めながらあ~だこ~だ好き勝手に語ります!今回のアイテムはTSURU by MARIKO OIKAWAのマキシ丈プリーツスカート!

Tags:

モード顔したボリューム感で脱ママ!できるプリーツスカート

忙しく働くママだからこそ、お買い物に失敗しているヒマはない! だから「買う理由がちゃんとある」ものしか欲しくない! 
そんな目線の元、Domani編集部のリアルワーママエディター小池百々子と福本絵里香が、この春欲しいアイテムを、ママ目線も絡めながらあ~だこ~だ好き勝手に語ります!
今回紹介するのは、この春ブームの予感がひしひしとキテいる、プリーツスカート! 選びが難しいアイテムですが、さてさて大人にとっては何が正解?

TSURU by MARIKO OIKAWAのマキシ丈プリーツスカート  ¥42,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

小池 ”ツル”のスカートがすっごいかわいいの、知ってた?

福本 ”ツル”ってキュートなパンプスが上手なイメージなんだけど、靴じゃなくてスカート?

小池 そう!『Alina』って名前のミモレ丈シリーズがとにかく人気らしいんだけど、この春、マキシ丈に進化したシリーズが発売されるんだよね! デザイナーが大のプリーツスカート好きらしく、それが高じて生まれたらしいよ。

福本 「好き」って最強だよね。それだけで信頼できる。でも、プリーツスカートってちょっと子どもっぽいというか、もさっとして見えるというか…。

小池 それがね、ここのは違うの!「どこまでも広がるプリーツスカートを」というのがコンセプトで、とにかくボリューミー。プリーツの山がひとつひとつ”立ってる”から、それでできる陰影が、さらにモードに仕上がる秘密なんだと思う。

福本 欲しくなってきた(笑)。

小池 生地をたっぷり使ってるから、ぶっちゃけちょっと重いの(笑)。でもその重さがまた「いいものはいてる~」って気持ちをアゲてくれるんだよね!

福本 ママだって、動きやすいとか汚れにくいとか、そういうの抜きにしてファッションを楽しみたいときもあるよね!

小池 独身の友達に会うときとか、脱ママ見え狙いたいよね。そういうシーンにうってつけのスカートじゃないかな♡

ほんのりウエスタンな味つけが爽やかに春気分をあおって♡


▲オリジナルパターンで仕立てられたスカート。着ると体を揺れ動かしたくなるような、たっぷりの生地感がドラマティック。×ブルーシャツでワントーンに仕上げ、さらにモード感をアップ。スカート/上と同じ シャツ¥33,000(マディソンブルー) バングル各¥60,000(インデアン・クラフト) ベルト¥28,000(THIRD MAGAZINE〈puntovita〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥74,000(ブッテロ トーキョー〈ブッテロ〉)

もっと欲しくなる”りゆうがあります”!


同じ形でバリエーションが多数! 長さも2パターンあるので、身長やはきたい雰囲気に合わせて選べるのがうれしいですね♡

“ママ感”出したくないなと思うおしゃれ勝負の日には、こんなドラマティックなプリーツスカートに頼ってみては? やっとやってきたタイツを脱げる季節に、思いきり楽しみたいですね!

ワーママエディター

小池百々子

1歳の男の子のママ。授乳中のため、トップスはなるべく装飾のないデザインのものをチョイス。大好きなゴルフに復帰するタイミングを検討中。

ワーママ編集

福本絵里香

4歳の男の子のママ。子どもも大きくなり、そろそろファッションを楽しめるように。しかし衰えたヒール筋はなかなか戻らず、いまだもっぱらぺたんこ派。

 

●この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格です。
●この特集で使用した商品についての問い合わせ先にはこちらのページよりご確認ください。 ※この情報は2019年2月21日現在のものです。

Domani4/5月号「”この春、ワーママエディターが欲しいもの”には『りゆうがあります』。」
撮影/金谷章平(人物)、魚地武大(静物) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/林 香里(ROI) モデル/黒木なつみ、竹内友梨 構成/小池百々子、福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事