エコでおしゃれで抱っこしやすいスゴイGジャン発見!【望月芹名の#産休復帰ootd09】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.04.19

エコでおしゃれで抱っこしやすいスゴイGジャン発見!【望月芹名の#産休復帰ootd09】

「おしゃれに働くコツ」がたっぷり詰まったDomaniビジュアル・エディター望月芹名の#ootd。昨年末に第一子を出産し、この春から少しずつ職場復帰をしている彼女が〝今、着ているコーデ〟を、仲良しエディターUがことあるごとにパパラッチしていきます! 今回お届けするのは、Gジャンのアップデート術。芹名の公式インスタグラム @serina_mochizuki_officialも要チェックです!

Tags:

Gジャンの色を、ブルー→ホワイトに更新してみたら…

春や秋…いわゆる季節の〝端境期〟に着るアウターって毎シーズンのように悩んでしまうもの。定番のトレンチコートやGジャンで上手く乗り切りたいけれど、同じような着こなしになってしまうのもつまらない。以前は今春注目の新トレンチについて語りましたが、今回はカジュアルDAYに役立つGジャンについて。「Gジャン=ブルーっていう思い込みから脱却してみることにした!」という芹名のGジャンコーデを見てみましょう。

「オーバーサイズで今っぽく、色はホワイトでクリーンに。色味が変わるとイメージが大きく変わるよね! 旬のゆるシルエットをブルーで取り入れると、どうしてもカジュアル感が強くなりすぎちゃって悩んでたんだ。Gジャンをもっと大人っぽく着られたらな…って。ホワイトは、アースカラーのグラデーションコーデにも軽くなじんでくれていい感じ♡」

そう、新しく取り入れたいのは〝NOTブルー〟な一着。グレーやブラックを選ぶという手もありますが、春ですから。コーディネートをこんな風に明るく見せてくれるホワイトこそが、今選ぶべきカラーと言えそう。ちなみに芹名が選んだのは〝SERGE de bleu〟のもの。

「Gジャンも、背抜きでゆるっと着るのが気分。やわらかい素材だから服そのものに動きが出しやすくて、背抜きもしやすいの」

〝SERGE de bleu〟のコレクションは、どのデニムも天然の花オイルに漬け込んで加工してあって着心地も肌ざわりも抜群。子どもを抱っこするのにも嬉しいポイントです。

今年の春夏も〝サークル型バッグ〟に注目です!

そして、手には昨年も大人気だった〝MAISON N.H PARIS〟のサークル型バッグ。今年も人気継続中です。「去年買おうか迷って、買いそびれてしまった…」という方、今年ぜひ再チャレンジを!(昨年手に入れた方、今年もバンバン使えますよ!)

軽快で涼やかな印象のバッグだから、大きめサイズをラフに持つのが◎。春夏のシンプルな着こなしをキャッチーに盛り上げてあげましょう!

Gジャン¥26,800(ショールーム セッション<SERGE de bleu>) タンクトップ¥18,000(カオス 丸の内<カオス>) 〝オズマ〟のスカート¥29,000・〝マースキンリッピー〟の靴¥68,000(エストネーション) イヤリング¥6,000(アビステ) ブレスレット¥123,000(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>) リング¥18,000(フラッパーズ<シンパシー オブ ソウル スタイル>) バッグ¥22,000(エリオポール代官山<メゾン エヌ エイチ パリ>)
※商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

【問い合わせ先】
アビステ 03-3401-7124
ウノアエレ ジャパン 0120-009-488
エストネーション 0120-503-971
エリオポール代官山 03-3770-6438
カオス 丸の内 03-6259-1394
ショールーム セッション 03-5464-9975
フラッパーズ 03-5456-6866

撮影/中田陽子(maettico) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/甲斐美穂(ROI) モデル/望月芹名(本誌専属) 構成/旧井菜月

あわせて読みたい
▶︎小物で差がつくジャケット×デニム!2019年春の更新ポイントは?

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事