「令和なのに平成も超えて昭和ですヨ!」羽衣のせいで結婚式でコンサ婆さん化するゲストドレスとは?【世直しスタイリスト霜鳥まき子さんプレゼンツ!冠婚葬祭コンサ婆さん】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.05.01

「令和なのに平成も超えて昭和ですヨ!」羽衣のせいで結婚式でコンサ婆さん化するゲストドレスとは?【世直しスタイリスト霜鳥まき子さんプレゼンツ!冠婚葬祭コンサ婆さん】

結婚式場でいまだによく見る、羽衣ショール。マナー的にはOKかもしれませんが、元号も令和となった今、おしゃれ的にはNGです! そこで、マナーを守りつつ、おしゃれに見えるゲストドレスについて、パーソナルスタイリストの霜鳥まき子さんにうかがいました。

Tags:

天女みたいなふわふわ羽衣ショールは有名フリマアプリでも売れません!?

せっかく素敵なゲストドレスを着ているのに、はおりがダサダサでは台無し。チュール素材の羽衣のようなショールは、今どき古着屋さんでも高価で買い取ってくれませんよ! 今すぐサヨナラして、ゲストドレスも「令和」に相応しい新たな装いにバージョンアップ。

はおりで悩むなら、肩が見えないゲストドレスを探すのも手

「適当なはおりものが見つからないのであれば、ジャケットを肩がけしたり、シンプルなストールを式の間だけ巻いておいてはいかがでしょうか? または、はおり要らずのデザインドレスも市販されているので、そういったものを活用してみてもよいかもしれません」(霜鳥さん)


次回は、はおり要らずの一枚サマワンピの着こなしをご紹介します!

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

あわせて読みたい
知らずに着てない? 結婚式にNGな〇〇ワンピース
コンビワンピは結婚式NGって知ってた? 意外と知らないゲストドレスのマナー

画像ALT

教えてくれたのは
世直しスタイリスト

霜鳥まき子

パーソナルスタイリスト。株式会社シモトリパーソナルスタイリングオフィス代表。青山学院大学英米文学科卒業後、日本航空国際線CAとして10年間務める。海外で経験したパーソナルショッパーという職業に感化され、ファッションを通して女性のライフスタイルに寄り添いたいと思うように。その後、パーソナルスタイリストの創始者、政近準子氏に師事。独立後は、1万人を超える女性のパーソナルスタイリングを行ってきた。品格がありながら、生き生きとした大人のスタイリングに定評がある。
シモトリパーソナルスタイリングオフィスHP

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事