Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

BEAUTYNO痛!アラフォーメークのおきて

2017.10.22

【あの河北裕介さん直伝!】時短美人になれる!“働くアラフォーは目元より唇!”メークのススメ・1

アイメークは気合いを入れても、リップメークは意外と無頓着・・・な人が多いアラフォー世代。実は「唇」こそ、美人度を簡単にアップさせるパーツだったとは!?人気のヘア&メークアップアーティスト・河北裕介さんが、働くアラフォーのための「唇」主役メークをレクチャー!

Tags:

メークで気合いを入れるべきは「目元ではなく唇だった」という衝撃事実!

私たちアラフォーが、20代〜30代前半だったころってずっと、アイメーク全盛期でしたよね。それゆえ、アラフォー女子は意外と「口紅はベージュ以外つけたことがない」「カジュアルなグロスオンリー」なんて人が、多いのではないでしょうか?ところが、超人気!のヘア&メークアップアーティスト・河北裕介さんによれば「アイメークはしっかりなのに、リップはグロスだけなんて変。むしろ、目元よりも唇にさえ“色”があれば、女性は簡単にきれいに見えるのに」。河北さんに習って、この秋こそ「唇」主役のメークに挑戦して、品よく、色っぽく、そして簡単に、美人見え!を目ざしませんか?

今回、メークを教えてくれたのは…

ヘア&メークアップアーティスト・河北裕介さん
著名モデルや女優からも熱烈な支持を受け、各雑誌のメーク企画でも大人気。動画サイト「HowTwo」とのコラボブラシが発売中!

河北さんが働くアラフォーに「唇」主役のメークをすすめる理由とは?

働くアラフォー女性を、品よく見せるも色っぽく見せるも、実は口紅しだい!

人気女優やモデルの「美の立役者」として名を馳せる河北裕介さん。彼がメークをした女性たちは、美しさと色っぽさが格段に上がり、かつ清潔感や品までも漂わせるのが特徴。

「肌もアイメークもシンプルに仕上げ、リップの色で印象を変えていく、というのが、僕の基本の考え方。それが女性の美しさを、最も引き立てると思っています。唇は顔の中で最も〝女〟を意識させるパーツであり、だからこそ、リップメークしだいで、品や知性を出すことも、色っぽくすることもできます。

日本女性はリップメークをおろそかにしがちで残念。口紅をきちんと塗れば、唇がふっくら大きく見え、小顔効果も発揮します。特に唇がやせてくるドマーニ世代は、ぜひその力に頼って。秋は特に、濃い色の口紅もシックでおしゃれに見えるから、トライしやすいと思います」

ちなみに河北さん、撮影スタッフの間では、メークが速いことでも有名。「リップを主役にすると、顔がパッと決まるし、肌と目元の力を抜いたほうがバランスが取れるので、結果、短時間で済む」と聞けば、働くアラフォーにとって、さらにうれしすぎ!

【ちなみに今回、モデルのメークに使用したのはこのリップ】
見た目どおりの発色、肌を美しく見せる質感、スキンケア効果、塗り心地や容器の美しさまで、贅を尽くした一本。口紅の魅力を堪能できる。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn 8  6,000円

【働くアラフォーへの河北格言】その1:口紅を塗らない女性は損してる

今年は仕事で全国を回り、たくさんの女性にお会いしているのですが、アイメークはバッチリなのにリップはガサガサな人が多くて、もったいないと感じています。実はアイシャドーは、目を開けたら大半が隠れてしまうのに。

【働くアラフォーへの河北格言】その2:口紅を替えれば一瞬で印象が変わる

そう、まぶたに比べたら、唇は常に〝見えっぱなし〟のパーツ。服と同様、口紅は自己アピールに最適なアイテム。しかもテクニックも不要。きれいな色の口紅を塗るだけで、どんな人も絶対きれいになれるんです。

【働くアラフォーへの河北格言】その3:濃い口紅を〝恥ずかしい〟と思うのは自分だけ

濃い色の口紅って派手に見えて恥ずかしい、という声もよく聞きます。でも僕から言わせれば、何も塗っていないガサガサ唇のほうが恥ずかしい!似合わないと感じるのも、ただ見慣れていないだけです。

次回から、河北流「唇」主役メークの実際のやり方を伝授!乞うご期待!

関連記事:
【あの河北裕介さん直伝!】時短美人になれる!“唇メーク”のススメ・2
【あの河北裕介さん直伝!】時短美人になれる!“唇メーク”のススメ・3
【あの河北裕介さん直伝!】時短美人になれる!“唇メーク”のススメ・4

Domani10月号「働く女性こそ、リップに頼れ!」より
本誌構成時スタッフ:撮影/吉田 崇(まきうらオフィス・人物)、池田 保(静物) ヘア&メーク/河北裕介 スタイリスト/角田かおる(人物)、高橋尚美(静物) モデル/スミス楓 構成/大塚真里


Read Moreおすすめの関連記事