美人スタイリスト亀恭子が教える!「夏のアニマル柄、おしゃれ攻略法」【おしゃれ対決!カメ恭子さんVSウサギ恭子さん】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2019.08.08

美人スタイリスト亀恭子が教える!「夏のアニマル柄、おしゃれ攻略法」【おしゃれ対決!カメ恭子さんVSウサギ恭子さん】

Domani読者から圧倒的な指示を得るスタイリスト亀 恭子さん。そのじっくり練られたファッションセンスは、昔話しに出てくる「カメとウサギ」のカメさんのよう。一方、適当にササッとコーディネートを組む人はまるでウサギさん。似た服を着ていても、ふたりのファッションにはこんなにも大きな差があるんです!

Tags:

おしゃれを吟味する「カメ恭子さん」VSパパッと決めちゃう「ウサギ恭子さん」

人気スタイリスト亀 恭子さんの私服からおしゃれのコツを探るこの企画。アイテム自体も、コーディネートもじっくり考えてコーディネートを組む亀さんは、昔話「ウサギとカメ」に出てくるカメさんみたい! 逆にあまり深く考えずいつもパパッと服装を決めてしまう人は、急ぎすぎて失敗するウサギさんのよう。このふたり、似たようなアイテムを着ていても完成したコーディネートは全然違います。その差はどこにあるのか、見ていきましょう。

今日のお題:アニマル柄スカートどう着こなす⁉

【カメ恭子さんの場合】カジュアルMIXで親しみやすく!

「アニマル柄は単体だと挑戦的だけど、カジュアルに混ぜると親しみやすくもあり、スパイスにもなる柄。このスカートはゴールド系なので特にそうかも。夏に着るアニマル柄は暑苦しく見えないことも大切ですよね。そこで今日は、さわやかなオーバーサイズの白Tを合わせて、足元は黒のコンバースにしてみました。思いっきりカジュアルにふることで、アニマル柄のもつエレガントさとのバランスを取って。小バッグを斜めがけしたり、スポーティな時計をガツンと利かせたり・・・黒小物をちりばめることで、自分らしく辛めに仕上げています」(亀さん)すっきりまとめた髪型からもキレのよさを感じますね。洋服に限らず、コーディネートに合わせてヘアメークまで変えていくカメ恭子さん、さすがです!

【ウサギ恭子さんの場合】女っぽい着こなしがなんだか古い⁉

同じアニマル柄スカートでも、とろみブラウスやコンサバ小物を合わせると、ぐっと女らしくどことなく夜っぽい雰囲気に・・・。エレガントに着こなすアニマル柄も素敵ですが、カメ恭子さんのような「今っぽい着こなし」とは程遠い印象です。

アニマル柄スカートのもつスパイシーさを生かしつつ、自分らしくカジュアルに着こなすカメ恭子さんと、エレガントなスカートを素直に女らしくきこなしたウサギ恭子さん。同じアイテムでも完成したコーディネートはまったく異なるものになりました。もちろん見習いたいのは、細部にまでこだわったカメ恭子さんのスタイル! パンチのあるアイテムも自分らしくさらりと着こなすコーディネート力、ぜひ参考にしてみてください。

イラスト/いわたまい 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事