糖質コントロールなんて無理!RIZAPに疑いしかない美容ライターが2か月間チャレンジをはじめた理由って? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY女は体重よりボディラインです!!!

2019.08.08

糖質コントロールなんて無理!RIZAPに疑いしかない美容ライターが2か月間チャレンジをはじめた理由って?

ダイエットの最終手段ともいわれるRIZAPに、ファッション誌Domaniの美容ライターが潜入!果たして、コミットできるのか?

Tags:

ダイエットで知らないことはないくらい知識は豊富だけど、もうこれ以上自分では痩せられない! どうする?

「週に3日はジム。毎日食べたものは食事管理アプリに登録し、体重計に毎日乗るのは当たり前」。

こう話すのは、ダイエットについては知らないことがないのではと思うくらいさまざまな知識をもっている美容ライターA。そしてこの記事を書いている私は美容知識皆無のファッションライターB。Aにはよくダイエットの質問をするのですが私はあまりに美容に疎くって、話の意味の半分も理解できない・・・。

Aは産後、ダイエット知識を生かして、10kg減に成功したことがあるそう。たいして太ってもいないし、もうダイエットする必要なんてないのでは? 産後何年まで産後太りを引っ張ってるの?と自分でも呆れるくらい何もしていない私の方が本気で痩せなきゃいけないのに……。

でもAはいつも言っているんです。
 「ダイエットの知識はあるから、こうやったら痩せるっていうのは、頭ではわかってるの。でもさ、毎朝会社に到着したら溜まっているメールを100件さばいて、LINEとメッセンジャーでも各所から連絡が来て、電話があって来客があって、打ち合わせがあって、席に戻ったら、『これってどうすれば……』と後輩に話しかけられる。昼ご飯をゆっくり食べる時間もなくて、あーあ、今日もお昼食べられなかったなぁ〜ってなって。15時くらいになると、さすがにお腹が空いてきて、編集部に置いてあるいただき物のお菓子を摘んで……。こんなんじゃダメだよねってわかってるけど、時間に追われ、イライラしたり、頭を使ったりしていると、甘いものを食べたくなっちゃうの。夜寝るときまでずっと交感神経が優位になっているから、熟睡できなくて。顔がむくんだまま会社に行くのもな〜と思って、出勤前にジム。とにかく悪循環な生活をしているのだけど、これが自分ではどうにもできなくて。そうそう、会食も多くって。こちらが接待する側だから、自分だけお酒は飲めません、食事も食べられません、っていうのは先方に失礼じゃない?」

とはいえ、Aはまったく太っているようには見えないけれど・・・。

「いや、あと4kgは落とせると思うの。二の腕のお肉落としたいし、四角いお尻が嫌いだし、老けて見える背中も嫌。でも、40歳を過ぎると、無理なダイエットをすると、シワシワになっちゃうんだよね。ねえ、RIZAPってどう思う? やっぱ美容担当としては一回やっておくべきだと思うんだけど」

美容ライターがRIZAPに勝負を挑む!

と、いうわけで、やってきましたRIZAP。

「私さ、これまで試していないダイエットはないってくらい色々なことにチャレンジしているし、美容ライター歴も10年越え。だから、そんじょそこらのパーソナルトレーニングに行っても、話が噛み合わないのよ。こっちが当たり前に知っていることをわざわざ指摘されると、ストレスだし。たぶんRIZAPもそんな感じなんじゃないかなって不安もあるけど、やってみないとライターとして語れないし、ね。だいたい私、糖質コントロールなんて無理。低血糖で倒れたことがあるんだけど、あんなに大変な思いはもう勘弁。会食もやめない。仕事に支障をきたすなんてばかばかしいし。それでも理想の体型になれたら、RAIZAPってスゴイって認めるけどね」

カウンセリングでも、いちいちカウンセラーの方に突っ込みを入れるのを忘れなかったA。
そんなに疑うならやめればいいのに・・・という心の声を隠して聞いていたけど、はたしてどうなることやら・・・。
本当にやせるのかしら?

と、いうわけで、今後の実況中継をお楽しみに!

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事