ジャケット×タイトスカートをおしゃれに見せる秘訣【夏こそ黒!な望月芹名の着回し#ootd19】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONコーデ、どう着る!?

2019.09.03

ジャケット×タイトスカートをおしゃれに見せる秘訣【夏こそ黒!な望月芹名の着回し#ootd19】

「おしゃれに働くコツ」がたっぷり詰まったDomaniビジュアル・エディター望月芹名の#ootd。「夏になると実は黒が活躍する!」という彼女の【夏こそ黒!】な着回しコーディネートを紹介していきます。今回は、黒タイトスカートに合わせるジャケットについて。芹名の公式インスタグラム @serina_mochizuki_officialも要チェックです。

Tags:

黒タイトスカートにジャケット…通勤の鉄板コーデ、夏の終わりはどうする?

働く女性のマストアイテム。もちろん、人それぞれに異なるものではありますが、多くの人が挙げる答えに〝ジャケット〟そして〝タイトスカート〟があるのではないでしょうか。

今日はそんなふたつを組み合わせた〝ザ・お仕事スタイル〟姿の芹名をご紹介。そのうちタイトスカートは、今夏こぞって芹名が着回している黒のタイトスカート(#ootd02で詳しく解説しております!)です。とにもかくにもスーパーベーシックなタイトスカートです。単純にかっちりジャケットを合わせると発生する〝真面目すぎ〟な装いは避けたい。しかもまだ暑さが残るこの時期、きっちりと着込むことが生み出してしまう〝暑苦しさ〟も避けたい。では、黒タイトスカートにはどんなジャケットを選ぶべきなのか?芹名の選択をチェックしてみましょう。

「今日は大事な打ち合わせがあるから、気持ちを高めるためにもジャケットを羽織りたいなと思ってて。暑さもかなりやわらいできたし!」

と黒タイトスカートにプラスしていたのは、深みのあるボルドーカラーが印象的な一枚仕立てのジャケット。

「ジャケットなんだけど、とろみシャツの延長みたいな感覚で羽織れるの。カチッとしたものより、これくらい軽いタイプのほうがキメキメにならなくていいかなって。時期的にもちょうどいいよね」

軽やかだから、真面目すぎないし暑苦しくもない。それでいて、カラーでは秋を先取り。黒とボルドー、濃色同士のかけあわせですが、爽やかな白インナーがまだ少し残っている夏の気分を漂わせてくれています。

バーサンダルで抜け感のある足元を意識して

黒いタイトスカートに、こっくりとした秋カラーのとろみジャケット。かっちり感の中に程よい抜け感があり、そして女らしい…そんなコーディネートのレベルを引き上げてくれているのは、ズバリ〝靴〟。
「全身が重く見えてしまわないように、足元は軽さを出したくて」。そう話す芹名が選んだのは黒スエードのバーサンダル。

「肌見せの面積が広いから、足まわりがすっきりと見えるんだよね。それでいて黒のストラップが足全体をキュッと引き締めてくれる。その両方の効果で足をすらっと綺麗に見せてくれて優秀!」

美脚効果だって満載な一足。メタリックシルバー(見えていないけれど、サイドと裏面はブラックレザー。コンビデザインもおしゃれ!)を使ったシャープなバッグとの相性も抜群です。「バーサンダルは、秋になったら靴下合わせお洒落にはくのもいいよねぇ」と芹名は季節を超えて楽しむ計画を立てているようでした。

スカート¥16,000(リエス) ジャケット¥23,000(ジャーナル スタンダード 表参道<ジャーナル スタンダード ニュウ>) カットソー¥8,000(エストネーション) リング¥39,000(H.P.FRANCE<SERGE THORAVAL>) バッグ¥70,000(FURLA JAPAN<FURLA>) 靴¥38,000(ウィム ガゼット 丸の内店<ウィム ガゼット>)
※商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

【問い合わせ先】
H.P.FRANCE 03-5778-2022
ウィム ガゼット 丸の内店 03-6269-0121
エストネーション 0120-503-971
ジャーナル スタンダード 表参道 03-6418-7958
FURLA JAPAN 0120-951-673
リエス 03-3464-3310

撮影/中田陽子(maettico) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/甲斐美穂(ROI) モデル/望月芹名(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/旧井菜月

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事